リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

ニガウリの育て方【カインズ野菜図鑑】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

ニガウリの栽培に必要なもの

  • ニガウリの種…間引きを行うため、育てたい量より多めに用意
  • ビニールポット…育てたい量と同数を用意
  • 苦土石灰…1㎡あたり100g(コップ1杯くらい)
  • たい肥…1㎡あたり2kg(バケツ2杯くらい)
  • 化成肥料…1㎡あたり350g(コップ3杯半くらい)
  • ポリフィルム…畑の面積に合わせて適量
  • 支柱…畑の面積に合わせて適量
  • ネット…支柱に合わせて適量
  • ワラ…畑の面積に合わせて適量
  • ハサミ

ニガウリについて

ニガウリの育て方 ニガウリとは

ニガウリは真夏の高温でも大生に育ち、果実はビタミンCが多い健康野菜です。果実は長さ25~30cmになり、整った形をしています。沖縄の炒め物料理「ゴーヤーチャンプルー」に欠かせない野菜のため、沖縄方言である「ゴーヤー」の方が名称は一般的かもしれませんね。

ニガウリの育て方 栽培時期

種をまく時期は3〜5月頃、収穫は6月中旬〜10月頃までに行います。発芽温度は25~30℃と高いため、十分に気温が上がってきたタイミングで種をまきましょう。

事前準備のポイント

ウリ科の野菜は、連作を続けると「つる割れ病」に感染しやすくなります。キュウリやカボチャ、ズッキーニなどウリ科の野菜を同じ畑で何回も育てていないか、事前に確認しましょう。

ニガウリの育て方

ニガウリの育て方 種まき

気温が25~30℃位になったら種を3粒ほどまき、その上から土を1cmほどかぶせます。ニガウリは気温が低いと発芽しません。発芽気温を守って種をまくことをおすすめしますが、下回る場合は加温設備を用意するなど対策をしましょう。

ニガウリの育て方 間引く

ポット内の、本葉(ふた葉の後に生える葉のこと)が1枚の頃に間引きを行い、苗を1本にします。

ニガウリの育て方 肥料を入れ耕す

畑の肥料は、1㎡当たり最初に、苦土石灰100g(コップ1杯くらい)、たい肥2kg(バケツ2杯くらい)、化成肥料350g(コップ3杯くらい)を土に入れ、よく耕しておきましょう。

ニガウリの育て方 畑に移す

本葉が3~4枚になったら、畑に移して植えます。

ニガウリの育て方 ポリフィルム

畑に直接種をまく場合は、畑にポリフィルムを敷いて、土を温かくしてからまくとよいでしょう。

ニガウリの育て方 支柱を立てる

これから実る果実が傷まないように、ネットを張った支柱作りがおすすめです。苗が成長すると葉や果実で重くなるので、支柱はしっかり立てましょう。

ニガウリの育て方 わらを敷く

畑が乾燥すると、果実の生育が悪くなります。ツルがのびてきたら、ワラを敷いて畑の水分を保ちましょう。

ニガウリの育て方 ツルをつみとる

最初にのびたツル、親ヅルを5~6節目で芯を摘み取り、そのわきからのびる子ヅルを4~5本のばします。

ニガウリの育て方 つみとる

さらに子ヅルのわきから、孫ヅルが次々とのびるので、混み合わない程度に摘み取りましょう。

ニガウリの育て方 受粉する

栽培している地域や環境に虫があまりいない場合、人工受粉が必要です。受粉作業は雄花の花粉を雌花に直接こすりつけます。

ニガウリの育て方 早朝に受粉する

時間がたつと花粉の出が悪くなるので、朝早くから行います。時間としては晴れた日の朝9〜10時までには受粉しましょう。ニガウリの育て方 雌花

花の下に小さなニガウリの実がついている方が雌花です。

ニガウリの育て方 収穫時期

実が長くなる品種の場合は20~30cmくらい、短い品種の場合は10~20cmくらいになったら収穫の時期です。果実を支える柄の部分が硬いので、ハサミを使って収穫しましょう。

ニガウリ栽培のポイント

発芽温度をしっかり守り、芯の摘みとりや受粉などを行いながら育てるニガウリ栽培。実は早めに収穫し、採り残しのないようにしましょう。独特な苦味があり、夏の食欲増進にも役立つニガウリを楽しく育ててくださいね。

ニガウリの育て方について知っておきたいQ&A

Q. 病害虫対策はどうしたらいいですか?

A. ニガウリは比較的無農薬でも育てやすい野菜ですが、葉っぱの表面に白いカビが生える「うどんこ病」には注意が必要です。乾燥した時期に発生しやすいため、しっかり水やりをしましょう。また、害虫ではアブラムシ、ダニなどが発生しやすいので、早期発見と早期防除に努めましょう。

Q. 種からなかなか発芽してくれません…。何かコツはありますか?

A. ニガウリは種皮が硬く、吸水しにくい種のため、種の先端を少しカットすると発芽しやすくなります。また、40 ℃くらいのぬるま湯に3~4時間つけてからまくのも有効なため、発芽適温を守った上で試してみましょう。

Q. 採り遅れた実が黄色くなってしまいました…。食べられますか?

A. 黄色いニガウリは完熟した状態で、もちろん食べられます。緑の状態よりも苦味がなく、種のまわりの赤いゼリーはメロンのように甘い珍味です。ただし、そのまま収穫遅れが続くと果皮が裂け、株が疲れる原因にもなるため、若採りを心がけましょう。

関連商品をカインズオンラインショップで探す

【CAINZ DASH】ワイドクロス 防草アグリシート

【ケース販売】イボ支柱 10本入り 8mm×900mm×5

国産 敷きわら

ニガウリの栽培手順を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから