リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

【動画で解説】ボンドで接着するだけ。DIY初心者でも簡単にベンチを作る方法

クリエイター

川瀬悠大

川瀬悠大

自分の山で開拓&秘密基地DIYしてる25歳。今は「軽トラキャンピングカー」の2号機を製作している。山奥で自作移動販売車のイベントも計画中。

ボンドで2×4材を接着するだけでベンチを作る

ビスは使わずに、ボンドと木材だけで作りました。

木材が重なる部分を互い違いに組むことで、見た目の良さだけでなく、強度が上がる一石二鳥のベンチです。

木材を重ねるだけなのでDIY初心者でも簡単に作れるのでおすすめです。

ビスを使わないベンチのDIYに必要なもの

必要なもの

  • 2×4材 14本(長さ182cm、幅8.9cm、厚み3.8cm)
  • キシラデコール水性 ウォルナット
  • 木工用ボンド

以上です。材料はこれだけで作れます。

ビスを使わないベンチのサイズ

  • 幅は100cm
  • 奥行きが38cm(3.8cm×10列)
  • 座る高さ41cm
  • 背もたれの高さ91cm

二人で座れるサイズにしました。

奥行きは、背もたれありの場合は10列ぐらいがちょうど良いですね。無い場合は7列ほどでも十分です。

座る高さも41cmに設計しましたが、もう少し高くても良いかもしれません。

ビスを使わないベンチの作り方

ビスを使わないベンチ

木材をカットして、重ねながらボンドで固定するだけのシンプルなやり方です。
自由度も高いので、自分でサイズを変えたりも可能です。

木材をカットする

木材をカットする

  • 脚部分...41cmが6本、32cmが10本
  • 座る部分...100cmが5本、82cmが5本(座る箇所)
  • 背もたれ...130cmが5本、柱に91cmが4本

互い違いに重ねてベンチを作るのですが、2×4材の幅は9cmとして計算しています。実際は8.9cmです。

1本182cmで売られているので、背もたれの高さを91cmにしたり、なるべく無駄が出ないように設計しました。場所によっては、182cm前後の場合もあります。

丸のこでカット

丸のこでカットしていきます。カインズで購入した時にカットもできます。

自分がしたい幅や高さに合わせて設計しましょう。

ボンドで固定する

ボンドで固定する

ボンドはたっぷりと使います。直角を出したいので、重なる部分には角材を置いてます。

ボンドを塗る

木材の重なる部分をずらしながら、全ての箇所にボンドを塗り、固定していきます。

クランプなどで圧着

この時クランプがあると、より圧着され強度が出ます。

重いものを乗せたりするだけでも大丈夫です。コンクリートブロックなどを乗せて圧着しました。

3段ずつ固定

木材を乗せるとき、スリスリするのもポイントです。

これをやることで、ボンドが全面につくので強度が増します。

強度のことを考えると、1段ずつしっかり圧着してやった方がいいのですが、待つのが大変なので3段ずつ固定しました。最終的にずれてなければ大丈夫です。

地面につく箇所がずれると、ガタガタしてしまうので、気をつけます。

ずれていないか確認

このように角材を当てながら、ずれていないか確認します。

多少のずれは、味

多少のずれもありますが、味ですよ、味(笑)!

背もたれ無しの場合は、これだけで完成です。

作り方はシンプルですが、重厚感もありオススメです。

背もたれ部分を作る

一気に全部やると10列ぐらいになり大変なので、背もたれ部分と分けてやりました。

2本ずつ板が上にはみ出るように設計

背もたれを作るために、2本ずつ板が上にはみ出るように設計しました。

このはみ出ている板の間に、板を5本入れます。

もちろんここもビスを使わず、ボンドだけです。

少しずらしながら固定

見た目も良くなるので、少しずらしながら固定します。

重なる部分や板の間にもボンドをたっぷりと。

ガタガタせず、バランスよし

おおおおお! 背もたれ無しもかっこいい!!!

ガタガタする事もなく、バランスも問題ありません。

もし、ガタガタする場合は、丸のこなどで脚部分をカットして調整しましょう。

カットしてると、どんどん小さくなるので、ボンドをつけるときにずらさないのがポイントですね。

塗装する

キシラデコール

今回は外でも使う可能性があるので、耐久性の高い「キシラデコール」にします。
しかも、キシラデコールは水性なので使いやすいです。

古材の雰囲気も出したかったので、色は「ウォルナット」にしました。

ハケで塗っていく

ハケで塗っていきます。

木材の隙間も染み込むように多めに塗ります。

ウォルナットはやっぱり良い色ですね。

雰囲気のあるウォルナット

ビスを使わないベンチが完成

ビスを使わないベンチが完成

ボンドもすぐくっついたので、1日で完成しました。

ビスを使わないので、電動ドライバーも必要ありません。木材とボンドだけあれば、工具が無くても作れます。

背もたれを無しにしたら、もっと簡単に作れるので初めてのDIYにもオススメです。

ボンドも重なる部分が大きければしっかりと強度が出ます。

これが3cmの角材だと、ボンドの接地面が減り強度が落ちますが、2×4材なら十分です。

「ダメージ加工をしたらもっと味が出るな〜」「背もたれだけじゃなく、肘置きをつけてもいいな〜」など、ご自分のアレンジで作ってみてください。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから