リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

インド料理店の総料理長が教えるスパイスカレー入門レシピ。「基本のチキンカレー」と「レンジで作るケララカレー」

クリエイター

イナダシュンスケ

イナダシュンスケ

南インド料理専門店「エリックサウス」総料理長であり、飲食店のプロデュースやメニュー開発を手がける。「南インド料理店総料理長が教える だいたい15分!本格インドカレー」(柴田書店)など既刊本も人気。

スパイスカレーは簡単に作れる

スパイスカレーが流行っている。

固形ルーを溶かして作るお家カレーとは違い、数種類のスパイスを混合し奥深い味に仕上げたカレーは、専門店でしか食べられない複雑な味わいが魅力だ。

しかし、そんなスパイスカレーも「基本さえ覚えておけば、簡単に作れる」と、南インド料理エリックサウスで総料理長を務めるイナダシュンスケさんは豪語する。

そこでイナダシュンスケさんに、自宅で誰でも簡単にできる基本レシピを実践して教えてもらいました。さらに具体的な辛いのが苦手な人用のアレンジ方法、逆にスパイスの奥深さを求める上級者用のアレンジ方法など、スパイスカレーの奥深さを堪能できるテクニックも詳しく紹介。

最後には、電子レンジで本格的なスパイスカレーを作る、とっておきのお手軽レシピも教えてもらいました。

基本のチキンカレーの作り方

チキンカレー

スパイスカレーを初めて作るなら、まず挑戦したいのがチキンカレー。

長時間煮込む必要もなく旨味がたっぷり含まれているチキンは、スパイスカレー入門に最適の食材です。だいたい30分もあれば、誰でも最初からおいしいカレーが作れるはずです。

[材料 4人前]

  • サラダオイル 30g (大さじ2)
  • 玉ねぎ 240g (大1個) みじん切り
  • にんにく 8g (2片) みじん切り
  • しょうが 8g (2片) みじん切り
  • ■コリアンダーパウダー 2g (小さじ1)
  • ■クミン パウダー 2g (小さじ1)
  • ■ターメリックパウダー 2g (小さじ1)
  • ■カイエンペッパー  1〜2g (小さじ1/2〜1) *お好みの辛さで
  • ■ガラムマサラ 4g (小さじ2)
  • 塩 8g (大さじ1/2)
  • 鶏モモ肉 皮を取って300g (小2枚分) 一口大にカット
  • トマト水煮缶 200g (1カップ)
  • 水 200cc

1.材料を切ってフライパンに入れる

材料をフライパンに入れる

材料はグラムで測るのがおすすめです。

冷たいままの鍋をデジタルスケールに置いて、そこにまずはサラダオイル、玉ねぎ、にんにく、しょうがを指定重量通りに入れていってください。多少のズレは気にする必要はありません。

(この時、最初に空の鍋の重量を測ってメモしておくと後々便利です。どう便利かは最後に分かります。)

鍋は冷たいままで大丈夫。できればテフロン加工のものが焦げ付きにくく作りやすいのでおすすめです。

2.材料を炒める

材料を炒める

鍋を中火にかけて混ぜながら炒めていきます。1分ほどでジュウジュウと音がし始めます。

3.蓋をして10分加熱する

蓋をして10分加熱する

そしたら、火を弱火にして蓋をし、10分間加熱します。

カレーと言うと鍋につきっきりで玉ねぎが「アメ色」になるまで長時間炒めなければいけないと思われている方も多いかもしれませんが、実はそれは別に必須ではありません。

蓋をして基本放置で大丈夫なのですが、焦げ付かないよう念のため途中で1、2回蓋をとって混ぜてください。

4.火を止めてスパイスを投入

火を止めてスパイスを投入

玉ねぎにしっかり火が通って柔らかくなっているのを確認したら、いったん火を止めて、スパイス5種類と塩を入れます。

(ちなみにこの時もまたデジタルスケールを使うという裏技があります。鍋が熱くなっているのでデジタルスケールに必ずコルクなどの鍋敷きを乗せて、そこで直接スパイスや塩を計量すれば洗い物も増えません。)

5.中火で炒める

中火で炒める

再び中火で鍋を火にかけ、混ぜながら炒めていきます。30秒ほどでジュウジュウ言い始め、同時にスパイスのいい香りが強まっていくはずです。更に30秒ほど炒めると、表面にうっすらとオイルがにじんできて、スパイスの香りは最高潮に達します。

6.鶏肉を入れて炒める

鶏肉を入れて炒める

鶏肉を加え、さらに炒めます。肉の表面がだいたい色がかわったらつぎの工程に移ります。

スパイスや玉ねぎを焦がさないようにだけ少し注意してください。

7.トマト缶と水を加える

トマト缶と水を加える

そこに、トマト缶と水を加えます。この時もデジタルスケールに乗せて計ると楽ちんです。

中火にかけて時々混ぜながら加熱し、全体が沸騰したら弱火にし、蓋をして15分煮込みます。

8.全体を混ぜる

全体を混ぜる

蓋を取って全体を混ぜたら完成です!

9.チキンカレーの完成!

全体を混ぜたら完成

デジタルスケールがあって、さらに最初に鍋の重量を測っておいたら、ここで「カレーが理想的なおいしさに仕上がっているかどうか」の確認ができます!

鍋敷きを敷いたスケールで重量を測ると、カレーの最終仕上がり量が分かります。このレシピなら、それが800gになっていれば理想的。それより多ければ少し煮詰めて水分を飛ばして、それより少なければ水を足してもう一度軽く沸かします。レシピの再現度、つまりカレーの完成度が更に上がるというわけです。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから