リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

バジルの育て方【カインズ観葉植物図鑑】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

バジルの栽培に必要なもの

  • バジルの種…育てたい分だけ用意
  • ポリポット…育てたい量と同数を用意
  • 植木鉢…大きめのものを用意
  • 土…赤玉土(小粒)と腐葉土を7:3の割合で混ぜたものを用意
  • 肥料(ゆっくりと効くタイプか油かす)…植木鉢の大きさに合わせて適量
  • 追肥…油かすを月に1回、もしくは液体肥料を1週間に1回

バジルについて

バジルの育て方 バジルとは

甘くフレッシュな香りで、パスタやピザ、サラダ、ソースなどで大活躍のバジル。ドライにしても楽しめる、イタリア料理に欠かせないハーブです。バジルの花言葉は、「好意」「何という幸運」です。

バジルの育て方 栽培収穫時期

4月中旬から6月中旬に、ポリポットに種をまいて苗を育てます。バジルは光発芽性(種の発芽に光が必要なこと)の植物なので、種は土で覆わずに育てましょう。その後、日当たり、水はけのよい場所に植え付けると、ひと月後から収穫できます。

バジルの育て方 花はすぐに摘み取る

花を咲かせると、種に養分がとられ葉が固くなるので、花芽を見つけたらすぐに摘み取ります。

事前準備のポイント

バジルは種から育てる場合、発芽に20℃以上の温度が必要です。昼夜の寒暖差が激しい場合は、夜のみ室内に取り込むなどして対策しましょう。また、苗から育てる場合はポット苗を購入して、植木鉢に植え付けましょう。

バジルの育て方

バジルの育て方 日当たりの良い場所に置く

水はけのよい培養土に苗を植え付け、日当たりと風通しのよい場所に置きましょう。また、植木鉢が小さいと水の管理などに慣れが必要なため、初心者は大きめの鉢を選ぶとよいでしょう。

バジルの育て方 水をたっぷりやる

バジルは少し湿った環境を好みます。乾燥に弱いので、夏場は水やりに注意しましょう。土の表面が乾いたときに、鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷり水やりするとよいでしょう。

バジルの育て方 湿った土を好む

また、土は湿り気のある、有機質に富んだものを好みます。赤玉土(小粒)と腐葉土を7:3の割合で混ぜた土を使用しましょう。

バジルの育て方 肥料をまぜる

植え付ける際に、土にゆっくりと効くタイプの肥料か、油かすを混ぜ込んでおきます。バジルの育て方 追肥する

追肥として、春から秋まで月に1回、油かすを株元に与えるか、液体肥料を1週間に1回与えます。バジルは肥料が足りなくなると、黄色く変色して枯れ落ちてしまうので注意しましょう。

バジルの育て方について知っておきたいQ&A

Q. 気をつけておくべき害虫はいますか?

A. 植物の汁を吸って生育を阻害するアブラムシや、葉の中に潜り込み、内部を食べてしまうハモグリバエがつくことがあります。見つけたら捕殺するか、被害が大きければ茎や葉ごと切ってしまいましょう。また、手作り虫除けスプレーで予防するのも効果的です。

Q. 苗を選ぶときのポイントはありますか?

A. バジルは寒さに弱いため、気温が高くなる5月のゴールデンウィーク明け以降に買うとよいでしょう。葉っぱの色は明るい緑色で、虫が食った跡や黄色く変色していないかも確認してください。茎が太く、節同士の間隔が詰まったものを選ぶとよいでしょう。

Q. 収穫の目安はありますか?

A. 茎の高さが20~30cmほどになったら、収穫の目安です。一番上の葉を、4枚くらいまとめてハサミで切りましょう。また、葉を収穫したあとは、中心の茎の先端もハサミで切り取りましょう。ほかの芽にも養分が行きわたり、また収穫できる葉が増えます。

バジルの栽培手順を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから