リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

菊の花を育てるには? おすすめの種類や栽培方法を解説

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

菊の花は、日本でも古くから親しまれてきました。菊にはたくさんの種類があり、自宅で育てて美しい花の姿を楽しむのも一つの方法です。

この記事では、菊の花を自分で栽培したいと考えている人に向けて、菊の花の特徴や育て方について解説します。

注意すべき病気や害虫についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

菊の花とは?

菊の花とは?

菊の花はキク科キク属の植物で、原産国は中国です。9~11月頃に、黄・オレンジ・白・赤・ピンクなどの花を咲かせます。

種類が豊富であり、最近では欧米で品種改良された菊も人気が高まっています。菊は丈夫で育てやすいため、初心者にもおすすめです。

さまざまな種類のなかから、自分の好みにあうものを選んでみてください。

菊の花の歴史

菊の花の歴史

中国を原産とする菊が日本に入ってきたのは、奈良時代です。当時は育てて楽しむための花ではなく、薬草の一つとして伝わりました。

江戸時代になると日本国内において菊の品種改良が盛んになり、さまざまな品種が生まれています。ここで生み出された菊は、古典菊と呼ばれています。

菊は日本の伝統を語るうえで欠かせない花の一つです。皇室の紋にも菊があしらわれており、日本を象徴する花として認知されています。

菊の花言葉

菊の花言葉

菊の花言葉は「高貴」や「高尚」などです。菊の花色によってそれぞれ異なる花言葉がつけられています。

たとえば、白の菊の花言葉は「真実」、ピンクの菊の花言葉は「甘い夢」、黄色の菊の花言葉は「敗れた恋」です。菊の花を選ぶときは、色ごとの花言葉の違いについても考慮するといいでしょう。

菊の花の種類

菊の花の種類

菊にはたくさんの種類があり、特徴もそれぞれ異なっています。ここでは、特におすすめしたい菊の花の種類とその特徴を紹介します。

トムピアーズ

トムピアーズは、花びらの表が赤、裏が茶色になっています。ほかにはない花色が人気を集めています。

花の大きさは15~20cm程度です。存在感があり、美しい花の姿を楽しめます。

グリーンシャムロック

グリーンシャムロックは、黄緑色の花を咲かせる菊です。花の表面はつやつやしています。

洋菊の代表格であり、市場にもよく出回っています。トムピアーズと同じく、花径は15~20cm程度です。

ゴールデンピンポン

ゴールデンピンポンは、丸くて黄色い花を咲かせます。花が球状になっており、たくさんの花びらがついている点が特徴的です。

花の大きさは5~8cm程度になります。特に耐暑性があり、夏の暑さにも耐えられます。

エポック

エポックは、ピンク色でかわいらしい品種です。花の中心部分は黄色になっており、外側に向かってピンク色になっています。

グラデーションが美しい花で、花径は12~15㎝程度になります。

プリティリオ

プリティリオは、赤紫色の深い色味が特徴的な菊です。クラシックな雰囲気が魅力的で、花の大きさは12~15cm程度になります。

季節によっても発色の具合が変わるため、違いを楽しめる点も人気の理由の一つです。

菊の花の栽培方法1:土選び

菊の花の栽培方法1:土選び

菊の花を育てるときは、土選びが重要です。基本的に、水はけのいい土を使いましょう。

鉢植えで菊の花を育てる場合は、小粒の赤玉土・腐葉土・パーライト・くん炭を3:4:2:1の割合で混ぜてください。

黒土に腐葉土を2~3割程度混ぜたものでも構いません。市販されている菊専用の培養土を使用するのも一つの方法です。

菊を地植えで育てる場合は、植え付ける場所の土をあらかじめ耕しておき、2~3割程度の腐葉土を混ぜましょう。

菊の花の栽培方法2:植え付け・植え替え

菊の花の栽培方法2:植え付け・植え替え

菊を育てるうえでは、植え付けや植え替えの方法をきちんと押さえておく必要があります。ここでは、菊の花を栽培する際の植え付けと植え替えの方法について解説します。

植え付け

秋に花が咲く秋菊を育てるなら、夏になる前に植え付けを済ませましょう。おすすめの時期は、4~6月頃です。

鉢植えで育てる場合は、苗と比べてひと回り大きい鉢を用意します。鉢に土を2/3程度入れて植えてください。

地植えで育てる場合は、日当たりがよく、水はけに優れている場所に苗を植えるのがポイントです。株と株の間隔を15~20cmほど空けて植え付けましょう。

植え替え

菊の植え替えに適しているのは、植え替えと同じ4~6月頃です。植え替えをすれば、スムーズに菊を成長させられます。

鉢植えで育てている場合は、植え替えにより根詰まりの防止が可能です。ひと回り大きい鉢を用意して植え替えましょう。

株が大きくなっているなら、株分けするのも一つの方法です。地植えで育てている場合も、ずっと同じ場所で育てていると病気や害虫のトラブルが起きやすくなります。

病気や害虫の発生を防ぐには、1~2年に1回程度の植え替えがおすすめです。

菊の花の栽培方法3:水やり

菊の花の栽培方法3:水やり

菊の花の水やりは、夏と冬でポイントが異なります。それぞれ具体的に解説します。

夏の水やり

夏は、朝と夕方の2回にわけて水やりをするのが基本です。暑い時間帯に水やりすると根を傷める恐れがあるため、涼しい時間を選んでください。

ただし、菊に水を与えすぎると、根腐れが起きるリスクが高まります。土の表面が完全に乾いたのを確認したうえで水を与えましょう。

土が乾いていたら、鉢の底から水があふれ出てくるまでしっかりと水やりをします。

冬の水やり

種類によっても異なりますが、菊にとって冬は基本的に休眠期です。育つスピードも遅くなり、水を与えても吸い上げにくくなります。

よって、冬は頻繁に水やりをする必要はありません。どちらかというと、乾燥気味にします。冬の水やりの目安は、週1回程度です。地植えであれば、冬の間は水やりをしなくても構いません。

菊の花の栽培方法4:肥料

菊の花の栽培方法4:肥料

菊の花つきをよくするためには、たくさんの肥料を与える必要があります。元肥には緩効性の化成肥料を混ぜ込んでください。

つぼみが出始める9月上旬までは化成肥料や乾燥肥料を与えましょう。頻度は月1回程度が目安です。

菊の花を成長させるには、リン酸の成分が必要となります。花が咲く時期には、リン酸やカリウムを含む液体肥料を週1回程度与えましょう。

ただし、肥料が多すぎると肥料障害が起きる可能性があるため、時期にあわせて調整しなければなりません。

菊の花の栽培方法5:剪定

菊の花の栽培方法5:剪定

菊の苗を育て、本葉が6~8枚になったら摘心します。これにより脇芽がたくさん生えるようになり、花つきがよくなります。また、枝に葉が5~6枚ついたら、芽先を摘み取ります。

これらの作業をしっかり行えば、花の数や枝ぶりを好みにあわせて調整可能です。また、花が咲き終わる秋から冬にかけての時期には、株全体を剪定しましょう。

株元から5~10cmあたりで切り戻しをします。次のシーズンも菊の花を楽しめるよう、しっかり作業してください。

菊の花の栽培方法6:増やし方

菊の花の栽培方法6:増やし方

菊の花を増やしたい場合は、5~6月頃に挿し芽をするのがおすすめです。新芽の先端部分から5~10cm程度のところで茎を切り取り、挿し芽として使用しましょう。

切り取った茎の切り口を2時間程度水につけて給水させます。切り口を斜めにすると水を吸いやすくなります。

土は雑菌が入っていない清潔なものを用意しましょう。新しいバーミキュライトや鹿沼土などを使用してください。

菊の花を育てるうえで注意したい病気・害虫

菊の花を育てるうえで注意したい病気・害虫

菊の花を育てる際は、病気や害虫にも気を付ける必要があります。菊の花に発生しやすい病気や害虫について具体的に解説します。

病気

菊の花は、カビが原因になる病気にかかりやすいです。たとえば、葉にうどんの粉がついたように白くなる「うどんこ病」や灰色の斑点がつく「灰色かび病」などが発症する場合があります。

菊の花が病気にかからないようにするには、水はけのいい環境を維持する必要があります。泥の跳ね返りを防止するために、ビニールを使ってマルチングを施すのもおすすめです。

害虫

菊の花には、ハダニやアブラムシなどの害虫がよくつきます。繁殖力が高いため、こまめにチェックして早期発見する必要があります。オルトランなどの薬剤をまき、しっかり対策しましょう。

ただし、ずっと同じ薬剤を使っていると効かなくなる可能性もあるため、被害が収まらないときはほかの薬剤を組み合わせましょう。

まとめ

菊の花にはさまざまな種類があり、どれを選ぶかによって異なる花色や咲き方を楽しめます。ポイントを押さえれば、園芸の初心者でも菊を美しく育てられます。

好みの菊を選び、きれいに咲かせられるように育てましょう。

ホームセンター売上No.1を誇る株式会社カインズでは、公式通販・オンラインショップも運営しています。

オリジナル商品を豊富に取りそろえており、園芸用品もたくさん扱っています。菊の花を栽培するために必要なものを購入する際は、ぜひ利用してみてください。

菊の花の栽培に活用できるアイテムの取り扱いも豊富! ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから