リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

草花に寄生する害虫アザミウマとは?発生する原因や対処法、予防策などについて解説

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

アザミウマが発生したと思われる場合とは?

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマが発生したと思われる場合とは?

育てている植物の葉がかすり状になったり、花びらに傷がついたりしてしまった場合、アザミウマという害虫が発生した可能性があります。

アザミウマが発生した場合の対処法とは?

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマが発生した場合の対処法とは?1

アザミウマは青色や黄色に集まる習性があるので、発生した場合は青色や黄色の粘着板などで集め、駆除しましょう。

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマが発生した場合の対処法とは?2

アザミウマは繁殖するスピードが早いため、薬の使用も検討する必要があります。長期間にわたって効果が続く浸透移行性剤が駆除に適しています。薬剤を使う場合は、使用条件をラベルなどで必ず確認してください。

アザミウマの生態について

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマの生態について1

アザミウマは体長が1〜2mmくらいの細長い小さな虫で、スリップスとも呼ばれます。

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマの生態について2

花が被害を受けることが多いため、花の害虫とされていますが、花以外にも葉・茎・果実などに被害を及ぼします。

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマの生態について3

成虫が葉に産みつけた卵が小さなウジ虫状の幼虫に孵化します。幼虫は葉を食べて成長します。成熟した幼虫は葉から落ちて土の中でさなぎになり、やがて成虫になって地上に出てきます。

アザミウマによる被害について

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマによる被害について1

アザミウマは汁を吸う管を持っていないので、植物をかじりながら汁を吸います。花の場合は花びらの色がかすり状に抜けたり、シミが現れたりして、正常に咲かないこともあります。

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマによる被害について2

新芽は新しい葉が正常に育たず変形してしまい、果実は表の皮がかさぶた状になったり、白く膨れたりします。一部の種類のアザミウマは、さまざまな病気のウイルスを植物に運び込みます。中でもナス科・ウリ科・ほうれん草などは被害が大きくなりやすいので、注意しましょう。

アザミウマの発生する原因とは?

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマの発生する原因とは?1

チッ素成分が多い肥料を与えすぎると、アザミウマが好きなアミノ酸を必要以上に作り出して、発生を促してしまいます。

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマの発生する原因とは?2

周辺に雑草が多いことも、発生しやすい原因のひとつです。

アザミウマの発生しやすい環境とは?

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマの発生しやすい環境とは?1

アザミウマは、4〜10月頃の高温で雨が少なく、乾燥した状態のときに多発します。

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマの発生しやすい環境とは?2

アザミウマの天敵であるテントウムシ、ヒメハナカメムシ、カブリダニが少ない場所も、発生しやすい環境となります。

アザミウマを予防するための対策とは?

草花に寄生する害虫アザミウマとは?アザミウマを予防するための対策とは?

アザミウマによる被害を予防するためには、苗を購入する際、アザミウマがいないことを確認するようにします。植物の周りに生えている雑草は、定期的に抜き、花がらや被害を受けた部分などはこまめに摘み取り、処分することが必要です。網目が1mm以下の防虫ネットでトンネル状に覆ったり、アルミの蒸着シートを植物の周りに敷いたりして、飛んでくる成虫を防ぐのも効果的です。薬剤は害のない、虫を殺さないものを使うことで、アザミウマの天敵を増やすことができます。新芽の中に卵を産みつけられていないか、毎日こまめに新葉をチェックすることも予防対策になります。

アザミウマについて知っておきたいQ&A

Q.アザミウマを駆除するときの注意点は?

A.アザミウマに有効な薬剤は、発生した種類や地域によって異なるので注意が必要です。また、殺虫剤によってはアザミウマの天敵を減らしてしまうこともあるので、この点にも十分注意して予防しましょう。

Q.アザミウマの種類にはどのようなものがありますか?

A.アザミウマの種類は多く、中でも以下の5種類は農作物に重大な被害を及ぼします。

  • ミカンキイロアザミウマ(ナス科、キク科、マメ科など)
  • ヒラズハナアザミウマ(ナス科、イチゴなど)
  • チャノキイロアザミウマ(ナス科、果樹、茶など)
  • ミナミキイロアザミウマ(ナス科、ウリ科など)
  • ネギアザミウマ(ナス科、キク科、マメ科、ネギ類など)

Q.アザミウマが発生しやすい植物は?

A.アザミウマは上記のように、ナス科やキク科、マメ科、ウリ科などの植物に発生しやすい害虫です。

まとめ

アザミウマは花に発生しやすいとされますが、植物の葉・茎・果実にも被害が及びます。早めの発見を心がけ、見つけたらすぐに対処して大事な植物を守りましょう。

アザミウマの対処法や予防策について動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから