リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

自宅のお風呂に滝を作って、あったか〜い滝行で精神鍛錬!

作ってみた

地主恵亮

地主恵亮

ライター。1985年、福岡県生まれ。基本的には運だけで生きているが、取材日はだいたい雨になる。2014年より東京農業大学非常勤講師。著書に『妄想彼女』(鉄人社)、『ひとりぼっちを全力で楽しむ』(すばる舎)がある。

滝はいいよね

各地のガイドブックを開くと、滝の紹介が載っていることが多々ある。また冬の時期になると、滝行の様子がニュースで流れる気もする。確かに滝を見ると迫力を感じる。

どうもこの記事を書いている地主です!

どうも、この記事を書いている地主です!

滝を見に来ました!

滝を見に来ました!

山梨県の小菅村という場所にある滝を見に行った。滝の水は白く、水が通る場所の岩だけが黒く光っている。滝壺に手を入れると千切れそうなほど冷たく、滝行をする人の気が知れない。だって、絶対に寒い。手だけで寒いんだもん。

カッコいいよね!

カッコいいよね!

めちゃくちゃ冷たい!

めちゃくちゃ冷たい!

ただ、私も思うのだ。滝行をしたいと。精神を鍛え直したいと。

私は決して聖人ではない。甘えた考えを多々持っている。楽したいとばかり考えている。そのような考えを滝行により正すのだ。滝行には、そのような力があるのだ。

ということで、カインズに来ました!

ということで、カインズに来ました!

お風呂に滝を!

まず滝行の問題として「遠い」がある。先にも書いたように滝は山の中にあるので、私の家から遠いのだ。それは面倒だ。そして「水が冷たい」という問題もある。冷たいのは嫌なのだ。滝行の大切と思われるポイントが、すべてネックなのだ。それを解決したい。

自宅のお風呂に作ります!

自宅のお風呂に作ります!

どこかに行くのが面倒なので、自宅のお風呂に滝を作る。水は冷たいのでお湯が出るように、自宅のお風呂に作る。自宅のお風呂に滝を作ると、滝行の問題がすべて解決するのだ。盲点だった。

そのために、いろいろ買いました!

そのために、いろいろ買いました!

一番簡単なのは、シャワーをとめどなく流すことで滝のようにするというもの。ただそれでは、お湯がもったいない。そこで循環型にしたいと思う。2,000円程度のポンプを買って、湯船のお湯を滝の水として使い、それが湯船に流れ、それをまたポンプで汲み上げる仕組みだ。

作っていきます!

作っていきます!

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから