リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

ギョリュウバイの育て方とは?育てる場所選びや水やりのコツ、剪定の方法などについて解説【カインズ花図鑑】

ユーザー

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

ギョリュウバイについて

ギョリュウバイの育て方とは? ギョリュウバイについて

生垣などにも利用され、日本でも流通が盛んになってきたギョリュウバイは、ニュージーランドやオーストラリアが原産の常緑低木です。ニュージーランドでは国花としても親しまれており、先住民族が葉を煎じて飲んだことからティーツリーとも呼ばれています。

花は一重咲きや八重咲きの品種などがあり、2月頃からウメに似た白やピンク、赤紫の花を枝いっぱいに咲かせます。紙細工のように見える美しい花からは甘い香りを楽しむことができ、マヌカハニーの花としても知られています。

ギョリュウバイを育てる際に必要な物

  • ギョリュウバイの苗…育てたい分だけ用意
  • 植木鉢…育てたい苗の数と同数を用意
  • 花用の培養土…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 緩効性化成肥料…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 軍手
  • スコップ
  • 園芸用のハサミ

ギョリュウバイの育て方

では、実際にギョリュウバイの育て方を解説していきます。

ギョリュウバイの栽培カレンダー

ギョリュウバイの育て方とは? ギョリュウバイの栽培カレンダー

ギョリュウバイの開花期は11月~5月頃で、品種によって冬~初春に咲くものや、春に咲くタイプなどがあります。挿し木で増やすことができ、3月~4月、もしくは10月に行います。植え付けは挿し木と同じ頃か春~初夏頃の暖かい季節に行いましょう。

ギョリュウバイを育てる場所の選び方

ギョリュウバイの育て方とは? ギョリュウバイを育てる場所の選び方

ギョリュウバイは基本的には日当たりの良い戸外で育てます。高温に弱く寒さには強い性質なため、夏は半日陰の涼しい場所に置き、冬は霜に当たらない明るい場所で管理しましょう。マイナス5℃程度の気温にも耐えることができるため、庭植えとしてよく用いられています。

ただし、鉢植えとして流通している品種には寒さに弱い品種もあるため、注意が必要です。寒冷地では冬は室内の窓辺など、日当たりの良い場所に置くようにしましょう。

ギョリュウバイの水やりのコツ

ギョリュウバイの育て方とは? ギョリュウバイの水やりのコツ

ギョリュウバイの水やりは土の表面が乾いたら鉢底からあふれるくらいたっぷりと水を与えます。ただし、ギョリュウバイは乾燥にも過湿にも弱いため、土の表面が濡れていたら水は与えない方がいいでしょう。庭植えの場合は植え付け直後に水をたっぷりと与えた後は雨水で十分です。夏場の日照り続きで極端に乾燥している場合にのみ水やりをしましょう。

ギョリュウバイの剪定方法

ギョリュウバイの育て方とは? ギョリュウバイの剪定方法

ギョリュウバイは、風通しが悪いと病気や害虫の発生につながることがあります。枝が込み合うと枯れやすくなるため、枝は5月~6月頃に枝をすくように間引き剪定しましょう。また、伸びすぎた枝は花が咲き終わった後に切り取ることで樹高を低く保つことができます。

ギョリュウバイの育て方について知っておきたいQ&A

Q.ギョリュウバイを育てる際に気をつけるべき病気や害虫は?

A.ギョリュウバイは比較的丈夫な植物で、病気や害虫などの被害はほとんどありません。もし、枝葉が枯れてしまう場合は、水切れや風通しの悪さが原因となっている可能性があります。

Q.ギョリュウバイに適している土や肥料の種類は?

A.ギョリュウバイは水はけの良い酸性土壌を好みます。自作する場合は赤玉土とピートモスの配合用土がおすすめです。また、肥料をあまり必要としないため、春と秋に緩効性肥料を根元に施す程度で十分です。新芽が伸びたら液体肥料を1回~2回程施すと成長を促すことができます。

Q.ギョリュウバイの植え替えのタイミングは?

A.根詰まりを防ぐため、鉢植えのギョリュウバイは2年に1度は植え替えをするようにしましょう。植え替えは株を引き抜いた際についている古い土は全部落とさずに軽く落とす程度にし、根を少し切り詰めてから新しい土と一緒に一回り大きい鉢へ植え替えます。植え替えた後は日陰で10日間ほど養生し、生長し始めたら日向に戻しましょう。

まとめ

ギョリュウバイは暖かい地域であれば外でも越冬することができ、病害虫の被害も少ないため初心者でも簡単に育てることができます。夏は水切れと直射日光に注意し、冬は霜に当たらないように管理しましょう。寄せ植えでは開花時期が重なる1年草と組み合わせて楽しむのもおすすめです。ぜひ、ギョリュウバイの美しい花を家庭で咲かせてみてはいかがでしょうか。

ギョリュウバイの育て方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから