リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

花の球根をプランターに植え付ける方法

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

庭やベランダで花を育てる

庭やベランダなどに設置できるプランターを使って、秋に植える花の球根を植え付けてみましょう。ダイヤモンドリリーやサフランは10月から11月、チューリップやフリージアは翌年の春に花を咲かせます。

プランターで花を育てるのに必要な道具

必要な道具

プランターに底石を入れる

置くスペースに合わせて、好みのプランターを選びましょう。プランターを選んだら、プランターの底の穴部分に鉢底ネットを置き、穴をふさいでおきます。そこに鉢底石を、プランターの深さの1/5~1/4くらいまで投入します。投入したら表面を平らにしておきましょう。

プランターに底石を入れる

鉢底石になる石は、市販のものでなくてもかまいませんが、水はけのよいものを選びましょう。水はけが悪いと、根腐れの原因にもなるので注意しましょう。

水はけのよい石を選ぶ

プランターに園芸用培養土を入れる

園芸用培養土をプランターいっぱいに入れます。このとき、全体に同じくらいの厚みで培養土の地層ができるようにします。

培養土を入れる

市販の園芸用培養土には、初期生育のための元肥が配合されているので、そのまま球根を植え付けるのに最適です。花の成長に適しているのは弱酸性から中性の土ですが、日本の多くの土壌は酸性なので、酸性度が強い場合は石灰などを混ぜて酸性度を弱めます。アルカリ性になってしまった場合には、手を加えていない土を混ぜて中和させるようにしましょう。土作りについては、コチラを参照してください。

市販の園芸用培養土

すべてのプランターに土を投入したら、表面を平らにしておきます。全体を移植コテの先端で突いて少し空気を含ませると、水はけがよくなり、球根が呼吸しやすくなります。

表面を平らにする

植え付ける花の球根を選ぶ

あらかじめ植え付ける球根の種類を決めておきます。今回は6つのプランターに、7種の球根を植え付けます。

サフラン、ダイヤモンドリリー、アネモネ、フリージア、チューリップ(ローズビューティ)、チューリップ(ピンクダイヤモンド)、チューリップ(黄色小町)の球根です。

サフラン、ダイヤモンドリリー、アネモネ、フリージア、チューリップ(ローズビューティ)、チューリップ(ピンクダイヤモンド)チューリップ(黄色小町)の球根

それぞれの花の球根の特性を知りましょう。

サフランの球根の特性

植え付け時期は7月から9月で、開花期は10月から11月頃。草丈は約10cmになります。6号鉢なら5球、65cmプランターなら15球ほどを植え付けるのが最適で、とがったほうが上になるように植え付けます。植え付けの深さは表面から約5cmが目安で、根を張る場所を確保するためやや浅植えにします。
サフラン

ダイヤモンドリリーの球根の特性

植え付け時期は8月から10月で、開花期は10月から11月。草丈は約30cm~50cmになります。4号鉢なら1球、65cmプランターなら3球ほどを植え付けるのが最適で、とがったほうが上になるように植え付けます。植え付けの深さは、表面から球根の先が出るように植え付けます。
ダイヤモンドリリー

アネモネの球根の特性

植え付け時期は9月から12月で、開花期は翌年3月上旬から5月中旬頃。草丈は約15cm~20cmになります。5号鉢なら5球、65cmプランターなら20球ほどを植え付けるのが最適で、とがったほうを上にして植えます。植え付けの深さは表面から約2~3cmが目安で、根を張る場所を確保するためやや浅植えにします。
アネモネ

フリージアの球根の特性

植え付け時期は9月から12月で、開花期は翌年4月中旬から5月中旬頃。草丈は約20cm~60cmになります。7号鉢なら10球、65cmプランターなら20球ほどを植え付けるのが最適で、とがったほうが上になるように植え付けます。植え付けの深さは、表面から約4~5cmが目安です。
フリージア

チューリップ(ローズビューティ)の球根の特性

植え付け時期は9月から12月で、開花期は翌年4月中旬から下旬頃。草丈は約40cm~50cmになります。7号鉢なら8球、65cmプランターなら20球ほどを植え付けるのが最適で、とがったほうが上になるように植え付けます。植え付けの深さは表面から約5cmが目安で、根を張る場所を確保するためやや浅植えにします。
チューリップ(ローズビューティ)

チューリップ(ピンクダイヤモンド)の球根の特性

植え付け時期は9月から12月で、開花期は翌年4月中旬から下旬頃。草丈は約30cm~50cmになります。7号鉢なら8球、65cmプランターなら20球ほどを植え付けるのが最適で、とがったほうが上になるように植え付けます。植え付けの深さは表面から約5cmが目安で、根を張る場所を確保するためやや浅植えにします。
チューリップ(ピンクダイヤモンド)

チューリップ(黄色小町)の球根の特性

植え付け時期は9月から12月で、開花期は翌年4月中旬から下旬頃。草丈は約40cm〜50cmになり、6号鉢なら6球、65cmプランターなら20球ほどを植え付けるのが最適で、とがったほうが上になるように植え付けます。植え付けの深さは表面から約5cmが目安で、根を張る場所を確保するためやや浅植えにします。
チューリップ(黄色小町)

球根を植え付ける

球根をプランターに植えていきます。球根を植え付ける数は、それぞれの花の項目を参照してください。

球根をプランターに植えていきます

プランターの形状に適した配置で球根を植え付けましょう。丸型プランターには円形、角型プランターには直線2列に植え付けるとボリュームのある鉢になります。球根が隠れるくらいの浅植えにするのは、根が十分下に伸びるようにさせるためです。

プランターの形状に適した球根の配置で植え付ける

球根のとがったほうが上になるように、向きに注意して植え付けます。また、葉が出る方向をそろえて植えると、開花したときの方向を揃えられます。

球根のとがったほうが上になるように

向きに注意して植え付ける

土を球根にかぶせる

上から土をかぶせます。一部の球根は、球根の先端が土の上にでるようにします。

上から土をかぶせる

上からかける土はあまり多くせず、そっとかけるくらいで十分です。

そっとかける

花の球根の植え付け完成

最後に全体に水やりをして完成です。

水やり

水やり完成

花の球根の植え付けの手順を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから