リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

マンデビラの育て方とは?肥料を与えるコツや日常のお手入れ方法、育てる際の注意点などについて解説【カインズ花図鑑】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

マンデビラについて

マンデビラの育て方 マンデビラについて

マンデビラは常緑のつる性植物で、夏から秋にかけて大きな5弁の花を咲かせます。最近は八重咲の品種も広がり、花の色も赤・ピンク・白などさまざまです。原産地は中央アメリカ~南アメリカで、エキゾチックな見た目から花言葉は「情熱」「危険な恋」とつけられています。

マンデビラを育てる際に必要な物

  • マンデビラの種もしくは苗…育てたい分だけ用意
  • 植木鉢…育てたい苗の数と同数を用意
  • 花用の培養土…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 緩効性肥料、液体肥料…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 支柱用の棒、ネットなど
  • 軍手
  • スコップ
  • 園芸用のハサミ

マンデビラの育て方

では、実際にマンデビラの育て方を解説していきます。

マンデビラのフラワーカレンダー

マンデビラの育て方 フラワーカレンダー

マンデビラの花が咲く時期は5月~10月頃で、真夏でも花を咲かせます。植え付けや植え替えは4月上旬~6月にかけて行い、開花期間は肥料を与えます。暑さには強いですが、寒さには弱い性質があります。

マンデビラを育てる場所の選び方とお手入れ方法

マンデビラの育て方 育てる場所

マンデビラは、日当たりの良い場所を好む性質があります。少なくても半日以上日が当たらないと開花しないため、なるべく日の当たる場所で育てるようにしましょう。

マンデビラの育て方 育てる場所2

マンデビラは乾燥にはとても強いですが、その分過湿には弱いという性質があります。水を与えすぎると根腐れを起こすことがあるため、注意が必要です。地植えする場合は水はけの良い土であれば雨が続いても問題ありませんが、少し高い位置に植え付けをすれば根腐れを防ぐことができるでしょう。気温が下がる冬の間は鉢植えを室内に移動させ、窓辺の日当たりの良い場所に置くのがおすすめです。

マンデビラへの肥料の与え方

マンデビラの育て方 肥料

マンデビラの生育期は春先から秋頃です。その間は肥料切れにならないように肥料を与えます。特に花が咲く時期は緩効性肥料を与えるようにし、液体肥料を月に2~3回、水やりの代わりに与えるといいでしょう。葉に黒い斑点が出てきたら肥料が不足している可能性があります。マンデビラに与える肥料を選ぶときは、窒素分が多いタイプがおすすめです。

マンデビラを育てる際の注意点

マンデビラの育て方 日常のお手入れ

マンデビラはつる性の植物なため、摘心しないと一本の茎が伸びてあっという間に丈が高くなります。新芽が出たらハサミで摘み取るようにし、そこから脇芽を出すようにするといいでしょう。摘心を繰り返していけば枝数が増えて花数も多くなります。伸びすぎたつるは支柱に誘引するか、切り取るようにしましょう。

マンデビラの育て方について知っておきたいQ&A

Q.マンデビラを育てる際に気をつけるべき病気や害虫について教えてください

A.病気は特にありませんが、新芽にアブラムシがついたり、ハダニ、ヨトウムシ、コナジラミなどが付くことがあります。見つけ次第駆除するようにし、花が咲く時期は薬剤を散布するようにしましょう。

Q.マンデビラの植え替えのタイミングやコツは?

A.マンデビラは生育が旺盛で、根っこが張ってくる性質があります。そのため、根詰まりを防ぐために植え替えを1年に1回の頻度で行うようにしましょう。4月~5月の10℃以上の気温のときに行うのがおすすめで、古い土を軽く落として新しい土を足してあげます。根が鉢の中に回った後でつるが生育する性質があるため、すぐにつるが出てこなくても心配ありません。ただし、大きすぎる鉢は過湿による立ち枯れに注意が必要です。

Q.マンデビラの種を採取することはできますか?

A.マンデビラは種からではなく苗から育てるのが一般的ですが、育てた苗から花を咲かせれば種を採取することができます。マンデビラの種はタンポポのような綿毛のついた小さな種なので、ピートモスに植え付けをします。ただし、種から育てることは難しいのが現状で、苗か挿し木で増やすのが一般的です。

まとめ

長い期間花を楽しむことができ、赤、白、ピンク、黄色などの鮮やかな花を咲かせるマンデビラは、鉢植えとして気軽に育てることができます。水やりは過湿にならないように注意し、花を咲かせるために置き肥などで肥料を定期的に与えるのが管理のポイントです。家庭でぜひ育ててみてはいかがでしょうか。

マンデビラの育て方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから