リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

物置のおすすめ30選!大型から小型まで選び方のコツも

スタッフ

となりのカインズさん 編集部

となりのカインズさん 編集部

カインズにまつわる情報を本社に怒られない範囲でおもしろおかしく発信します。ライター、DIYクリエイター、イラストレーターなどご協力いただける仲間を募集中だよ!

ホームセンターで物置は買えるんです

ホームセンターで物置は買えるんです

自転車やバイク、タイヤ、園芸用品、掃除道具など屋外に置いておきたいあらゆる物を収納しておける「物置」。物で散乱しがちだった庭先が物置ひとつでスッキリと片付けられるので、自宅にあると助かる収納グッズのひとつです。

そんな何かと便利な物置が、ホームセンターに行けば、実物を確認しながらその場で買うことができるってご存知でしたか?

物置には大型から小型まで幅広いサイズがそろうほか、お住まいの地域の積雪量に耐えられるものや、自転車を仕舞いやすい構造のもの、間口を広く使えるものなど、物置のタイプによってその個性はさまざま。そんな多種多様な物置の中から、今回は特に使い勝手の良い物置についての解説と、大型から小型までカインズで買える物置30選を紹介します。

いろいろあって迷う! 物置の選び方

いろいろあって迷う! 物置の選び方

最初に、物置の基本的な選び方をお伝えします。ポイントは3つです。

  1. 耐久性で選ぶ
  2. 少し大きめのサイズを選ぶ
  3. 使いやすさで選ぶ

1. 耐久性で選ぶ

物置は屋外に設置するものなので、天候に強い耐久性が必要です。主に積雪に対して、購入前に設置場所の環境に耐えられる製品かどうかを必ず確認するようにしましょう。

物置には「一般地用」「積雪地用」「豪雪地用」がある

物置は製品によって屋根の耐荷重(=耐えることができる重さ)が異なります。あくまで目安となりますが、「一般地用」「積雪地用」「豪雪地用」のそれぞれの屋根の耐荷重は以下の通りです。

  • 一般地用の物置は、約60cmの積雪まで
  • 積雪地用の物置は、約100cmの積雪まで
  • 豪雪地用の物置は、約150cmの積雪まで

60cmを超す積雪地域の場合は、「積雪地用」または「豪雪地用」の物置を選ぶようにしましょう。

寒冷地では屋根の結露対策を

寒冷地は結露が発生しやすく、これを軽減してくれる物置も。屋根部材の室内側に発泡ポリエチレンなどの断熱材を貼り付けた、結露減少型の物置がおすすめです。

2. 少し大きめのサイズを選ぶ

いざ物置を自宅に導入したら、何を収納する計画ですか? 物置に収納できるグッズには、一般的に以下のようなものが挙げられます。

  • 自転車やバイク
  • 灯油用のポリタンク、ストーブやファンヒーター
  • 水や非常食など防災グッズ
  • テントなどキャンプ用品
  • 木炭などのBBQセット
  • ホースリールやバケツなどのガーデニング用品
  • ゴルフバックやスキー板などのレジャー用品
  • 脚立やペンキなどのDIY用品
  • チャイルドシートやベビーカーなど子供用品

一度買った物置は、よっぽどのことがない限り、長きにわたって同じものを使い続けることになるでしょう。そうなれば、ライフステージが進むにつれて、収納しておきたい物や収納したい量も変化していくはず。物置は長期間使うことを念頭に、いま欲しいサイズよりも少し大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

間口や高さもチェック

間口や高さのチェックも忘れずに。小さなサイズの物置の場合、庫内に身体ごと入り込めないので、間口は大きい方が便利です。さらに、高さもあると収納効率がぐんとアップしますよ。

前後左右に10〜20cmの余裕を

設置の際には物置本体の前後左右に10〜20cmの余裕を持たせましょう。いざ設置するときになって慌てることのないよう、購入時に考慮することを忘れずに。

3. 使いやすさで選ぶ

製品ごとに使い心地もさまざま。物置に必要とされる数ある機能性の中から、代表的なポイントをまとめました。

ふさがりがちな両手を助ける扉

物置から荷物を出し入れする際、大きな荷物が多いために両手はふさがりがち。そんなときのために、荷物を降ろさずに肘で開閉できるタイプの扉になっている物置は便利です。

仮ロック機能は楽チン

鍵がかけられるタイプの物置は多く、鍵がかけられること自体は盗難対策として安心です。ただし、鍵の施錠を毎回するのは意外に手間だったりするもの。そんな人には鍵がなくてもロックできる「仮ロック」機能のある物置が便利です。

カインズで買えるおすすめ物置30選

カインズで買えるおすすめ物置30選

ここまで物置の選び方のポイントをお伝えしてきました。要点を押さえたうえで、ここからは大型から小型までカインズで買える物置30選を紹介します。

◆間口2m以上の大型物置

屋外に十分なスペースがある場合は、大きい物や、たくさんの物を収納するのに便利な大型の物置がおすすめです。

間口3mの大型物置

間口3mの大型物置。間口が広々なので荷物の出し入れはかなりスムーズです。また、開閉しやすいユニバーサル把手を採用。簡単・便利な仮ロック機能も付いています。

サイズ 309.6×214.5×194cm

間口2.6mの大型物置

サビに強いカラー鋼板を使用した、間口2.6mの大型物置。1m2あたり300kgに耐える強い床に加えて、開閉しやすいユニバーサル把手を採用。簡単・便利な仮ロック機能も付いています。

サイズ 269.6×174.5×194cm

間口2.2mの大型物置

ユニバーサル把手なので開閉しやすい間口2.2mの大型物置。サビに強いカラー鋼板を使用しているほか、簡単・便利な仮ロック機能付きです。

サイズ 229.6×174.5×194cm

◆間口2m以内の小型物置

細々とした物を収納するなら小型物置が便利です。ちょっとしたスペースに置けるコンパクトなサイズ感も嬉しいポイント。デザイン性の高い物置が多いのも、小型物置の特徴です。

間口1.8mで奥行きは浅め

間口1.8mの小型物置。奥行きは94.5cmなので比較的浅めです。簡単・便利な仮ロック機能付き。

サイズ 189.6×94.5×194cm

間口1.8mで奥行きが深い

ひとつ上でご紹介したSK8-50と同様に、間口1.8mの小型物置です。奥行きは134.5cmなので、上の物置よりもさらに大きな物やたくさんの物を収納できます。

サイズ 189.6×134.5×194cm

カインズ人気NO.1シリーズと同素材

カインズオリジナルの小型物置。カインズ人気NO.1のグラッセシリーズと同じく、サビに強く耐久性に優れたカラー鋼板を使用しています。

サイズ 108.5×53.5×160cm

間口155cmで扉カラーはシャンパンゴールド

ネジの本数が少ないので組み立てやすい、鍵付きの小型物置。選べる扉カラー6色のうち、これはシャンパンゴールドの扉です。

サイズ 155×55×100cm

間口155cmで扉カラーはダークブラウン

ネジの本数が少ないので組立てやすい、鍵付きの小型物置。選べる扉カラー6色のうち、これはダークブラウンの扉です。

サイズ 155×55×100cm

間口155cmで扉カラーはストロングブルー

ネジの本数が少ないので組立てやすい、鍵付きの小型物置。選べる扉カラー6色のうち、これはストロングブルーの扉です。

サイズ 155×55×100cm

間口155cmで高さもあるシャンパンゴールド

ひとつ前のCH-1511と比べて、高さがあるので収納力も高い小型物置です。選べる扉カラー6色のうち、これはシャンパンゴールドの扉。

サイズ 155×82×150cm

間口155cmで高さもあるダークブラウン

ひとつ前のCH-1511と比べて、高さがあるので収納力も高い小型物置です。選べる扉カラー6色のうち、これはダークブラウンの扉。

サイズ 155×82×150cm

間口155cmで高さもあるストロングブルー

ひとつ前のCH-1511と比べて、高さがあるので収納力も高い小型物置です。選べる扉カラー6色のうち、これはストロングブルーの扉。

サイズ 155×82×150cm

間口80cmで扉カラーはシャンパンゴールド

ネジの本数が少ないので組立てやすい、鍵付きの小型物置。選べる扉カラー6色のうち、これはシャンパンゴールドの扉です。

サイズ 80×50×90cm

間口80cmで扉カラーはダークブラウン

ネジの本数が少ないので組立てやすい、鍵付きの小型物置。選べる扉カラー6色のうち、これはダークブラウンの扉です。

サイズ 80×50×90cm

間口80cmで扉カラーはストロングブルー

ネジの本数が少ないので組立てやすい、鍵付きの小型物置。選べる扉カラー6色のうち、これはストロングブルーの扉です。

サイズ 80×50×90cm

長持ちさせる特殊鋼板を使用

サビに強く・耐久性がある特殊鋼板を使用した小型物置。いろんな物を屋外にすっきり収納できます。

サイズ 122.7×49.5×93.4cm

間口の狭いコンパクトなタイプ

サビに強く耐久性がある特殊鋼板を使用した小型物置。ひとつ前のCY-4Nよりも間口の狭いコンパクトなタイプです。

サイズ 82.7×49.5×93.4cm

もっと高さのあるタイプ

間口122cmの小型物置。ふたつ前のCY-4Nよりも高さのあるタイプです。

サイズ 122.7×64.5×153.4cm

天然木の小型物置

カナダ杉を使用した天然木の小型物置。脚部4か所にアジャスターが付いていて、棚板は2段階の可動式です。

サイズ 80.5×45.5×86cm

◆ハーフ棚

物置の一部に棚のないスペースが設けられているのがハーフ棚の物置です。長い物が収まりやすいので、傘やホウキ、スキー板など高さのある物を収納しておく場合に便利です。

棚板を好みの位置で調整できる

サビに強く・耐久性がある特殊鋼板を使用したハーフ棚タイプの物置です。付属の棚板を好みの位置で調整してください。

サイズ 92.7×49.5×153.4cm

イタリア生まれの樹脂製ハーフ棚

イタリア生まれの樹脂製のハーフ棚物置。柄の長いスコップやホウキ、高枝切りバサミなど、長尺のアイテムの収納におすすめです。

サイズ 96×96×203cm

カナダ杉のハーフ棚物置

カナダ杉を使用した天然木のハーフ棚物置。脚部4か所にアジャスターが付いています。

サイズ 80.5×45.5×145.5cm

◆ダストボックス

やや趣向を変えて、屋外での設置に向いているダストボックスもご紹介しておきます。細々とした物をしまう収納庫として、小型物置よりもさらにコンパクトな物置としても代用できますよ。

衝撃に強くサビにくい

有害物質を発生しない環境に配慮した紛体塗装仕上げのダストボックス。衝撃に強くサビにくいので長持ちします。

サイズ 125×59×68.5cm

奥行きや高さを狭めたタイプ

ひとつ前のCY7Nよりも奥行きや高さを狭めたタイプ。設置したい場所の広さに合わせて選びましょう。

サイズ 125×49×52cm

樹脂製だから屋外に馴染みやすい

樹脂製だから屋外に馴染みやすい収納ボックス。ベンチのように腰掛けられるのも便利です。

◆自転車置き場

「サイクルポート」とも呼ばれ、自転車を雨風から守るための自転車専用の収納スペースにも触れておきます。

自転車1台を風雨から守る

自転車やバイクの雨よけに最適な、1台用のサイクルポート。転倒防止フックとヒモ通し穴、強力なマジック固定バンド付きです。

サイズ 191×68×136cm

自転車2台を風雨から守る

自転車2台を風雨から守り、必要に応じてコンパクトに畳めるサイクルポート。UVカットと撥水加工が施されています。

サイズ 191×108.5×136cm

自転車3台を風雨から守る

自転車3台を風雨から守るサイクルポート。雨水が溜まりにくいハトメ加工なので、はじいた水は流れ落ちて雨水が溜まりにくい構造に。

サイズ 192×133×160.5cm

高耐久シートで自転車をしっかり守る

従来品に比べ約2倍の耐久性を実現した、自転車3台用のサイクルポート。シートの素材は塩化ビニールなので、テントのように自転車をしっかり雨風から守ってくれます。

サイズ 156×220×65cm

シンプルタイプのサイクルポート

ひとつ上の高耐久シートよりも安価なシンプルタイプのサイクルポート。シートの素材にはポリエチレンクロスシートを使用し、価格は高耐久シートの約半額です。

サイズ 156×220×165cm

おすすめの物置で、もっと収納上手に

おすすめの物置で、もっと収納上手に

自転車やバイク、タイヤ、園芸用品、掃除道具など屋外に置いておきたいさまざまな物を収納しておける「物置」。大型から小型まで幅広いサイズがそろうほか、お住まいの地域の積雪量に耐えられるものや、自転車を仕舞いやすい構造のもの、間口を広く使えるものなど、物置のタイプによってその特徴が異なることがわかりました。

ぜひ今回をきっかけにお気に入りの物置に出会って、室内だけでなく屋外の収納力アップにもチャレンジしてみてくださいね。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから