リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

朝顔の育て方|種まきの時期・摘心方法など上手に育てるポイントをわかりやすく解説

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

朝顔は夏を代表する花のひとつで、子供の頃に育てたことがあるという人もいらっしゃるでしょう。さまざまな植物があるなか、朝顔は育てやすいことから、ガーデニング初心者にもおすすめです。

この記事では、朝顔を育てたいという人に向けて、朝顔の概要や種類、育てる際のポイント、注意点などについて解説しています。朝顔を育てる際にぜひ役立ててください。

朝顔の基本情報・魅力

朝顔の基本情報・魅力

朝顔の栽培を始める前に、概要や特徴を把握しておくと、見栄えのよい朝顔を栽培できます。まずは、基本情報から確認していきましょう。

基本情報

朝顔とは、ヒルガオ科サツマイモ属の植物で、和名は「アサガオ」、英名は「Morning glory」です。夏の風物詩のひとつでもあり、古くから日本人に親しまれています。

原産地は、熱帯地域や亜熱帯地域です。開花時期は7~9月頃で、花色の種類は赤や青、紫、ピンク、白、複色などのようにバリエーションがあります。

夏に育てる植物として不動の人気

朝顔は、日本原産の植物ではなく、奈良時代に中国から持ち込まれました。当時は、下剤のための薬草として栽培されていたといわれています。江戸時代になると、朝顔は観賞用として一大ブームを巻き起こしました。

現在も、夏に育てる植物として不動の人気を誇ります。黄色や黒以外の花色ならほとんどそろっていることからも、人気の高さがうかがえます。どの品種でも育てやすいことも朝顔の魅力です。

バラエティに富む朝顔の品種

バラエティに富む朝顔の品種

朝顔は、「日本朝顔」と「西洋朝顔」の2つに分類できます。ここでは、それぞれの代表的な品種と特徴を紹介します。

日本朝顔

日本朝顔の代表的な品種として、夜に白い花を咲かせる「夜顔」や、夕方に開花する「夕顔」、色鮮やかなピンクの花を咲かせる「昼顔」などもあります。

また、江戸時代にブームとなった「変化朝顔」は、ユニークな形状の花や葉をつけることから、個性的な朝顔を育てたい人におすすめの品種です。1日中花が咲く「琉球朝顔」は、青から紫に変わる花色を楽しめます。

西洋朝顔

西洋朝顔は、一般的な朝顔の品種に比べて開花時期が遅く、真夏に花が咲きません。代表的な品種は、青色の花を咲かせる「ヘブンリーブルー」や、白一色の花が咲く「パーリーゲート」、赤色の花を咲かせる「スカーレットオハラ」などです。

また、絞り模様が入った「フライングソーサー」などもあります。西洋朝顔は、葉がよく茂りつるが長く伸びるため、グリーンカーテンにもおすすめです。

朝顔の花言葉

朝顔の花言葉

花言葉の「愛情」や「固い絆」は、支柱につるを巻きつけて成長する様子が、強い結びつきをイメージさせることに由来しています。一方、「はかない恋」は、朝顔の花が咲く時間の短さと恋愛を重ねていることから生まれた花言葉です。

栽培スケジュール

栽培スケジュール

一般的に流通している一年草の朝顔の育て方について解説します。朝顔の種まきに適している時期は、5月中旬~下旬頃です。

種をまき、順調に育てば1~2カ月後には美しい花を咲かせます。朝顔の種の発芽率は高いため、初心者でも種から栽培できます。花が咲くところを早く見たいという人は、種よりも育てやすい苗を選びましょう。

育てる前の準備

育てる前の準備

朝顔を栽培するためには、あらかじめ必要なものを用意しておく必要があります。ここでは、準備するものと栽培場所について解説します。

準備するもの

朝顔の栽培に必要なものは、以下のとおりです。

  • 朝顔の種もしくは苗
  • 支柱
  • ネット
  • 鉢(鉢植えの場合)
  • 園芸用の培養土

朝顔は、鉢植えと地植えのどちらでも育てられるため、好みの栽培方法を選びましょう。グリーンカーテンを作りたいという人は、朝顔を2~3株植えられる6号以上の鉢植えがおすすめです。

園芸用の培養土には肥料が混ざっているため、元肥のための肥料を用意する必要はありません。

日当たりと風通しのよい場所を選ぶ

朝顔は、日当たりや風通しがよい場所での栽培に向いている植物です。ただし、直射日光や西日は苦手なため、日中以降は日陰に移動させる必要があります。庭で日陰になる場所がない場合は、移動がしやすい鉢植えをおすすめします。

また、日中以降は暗闇に置くことで、花つきがよくなります。暗い場所へ置いたり、布をかけたりして光が入らない環境を作るなどの工夫も必要です。

朝顔の育て方1.種まきをする

朝顔の育て方1.種まきをする

朝顔の種は硬く、そのまま土にまいても発芽しない可能性があります。発芽させるための方法と種まきの方法を紹介します。

発芽しやすくするために芽切りが必要

芽切りとは、表皮が硬い種の表面をやすりがけする作業のことです。芽切りの方法は、まず「へそ」と呼ばれる部分を探し、へその裏をやすりがけして表皮を削っていきます。

種の白い部分が見えるまで、へその裏を軽くこすり続けましょう。全体を削る必要はなく、一部分だけが白くなれば芽切り完了です。市販の種のなかには、芽切りされているものもあります。

種をまく方法

朝顔の種をまく手順は、以下のとおりです。

1.種を芽切りする
2.一晩、種を水に漬けておく
3.土に1.5cm程度の穴をあける
4.種は芽切りした、へその裏を上にして穴に入れる
5.土をかぶせる

土が乾燥すると発芽しづらくなるため、表土が乾いてきたら水をたっぷり与えます。発芽するまでは、水やりを忘れないように注意しましょう。

朝顔の育て方2.水と肥料をあげる

朝顔の育て方2.水と肥料をあげる

朝顔の日々のお手入れについて解説します。そのなかでも、基本となる水と肥料の与え方から確認していきましょう。

水やりは朝晩多めに与える

気温が高くなる日中に水を与えると、水温が上がって根腐れを起こしやすくなります。そのため、水やりのタイミングは朝や晩がおすすめです。

春や秋は1日1度の水やりで十分ですが、夏場は土が乾燥しやすいため朝晩にたっぷりの水を与えましょう。

肥料は月2〜3回あげる

肥料は月に2~3回与えると、朝顔が大きく育ちます。ただし、花がつき始める7月中旬以降は、肥料を与えないようにしてください。

また、チッソが多く含まれている肥料は、花つきを悪くするため、肥料の成分を確認したうえで与えましょう。

朝顔の育て方3.植えつける

朝顔の育て方3.植えつける

苗から育てる場合やポットで苗まで育てた場合は、本葉が出始める5月下旬~6月下旬頃を目安に植えつけします。

本葉とは、発芽して最初に出てくる子葉の次に出る葉のことです。植えつけ後につるが伸び始めるため、植えつけのタイミングで支柱やネットを取りつけます。

ただし、種を地面に直接まいた場合は、植えつけの必要がありません。また、植えつけする際は、根を傷つけないように丁寧に扱いましょう。

朝顔の育て方4.つるが伸びてきたら支柱を立てる

朝顔の育て方4.つるが伸びてきたら支柱を立てる

朝顔は、つるを伸ばして自らを支えるものに巻き付いて生長する植物です。支えられるものがそばにない場合は、地をはうようにして横に広がって伸びてしまいます。

朝顔を縦に延ばしたい場合は、支柱が必要です。つるが伸び始めたら支柱を立て、つるを巻きつけます。うまく巻きつかない場合は、ひもを使って支柱とつるを結びましょう。

朝顔の育て方5.本葉が10枚で摘心する

朝顔の育て方5.本葉が10枚で摘心する

摘心(てきしん)とは、朝顔にボリュームを持たせたい場合におすすめの手入れ方法です。摘心によって、葉や花を効率的に増やせます。具体的な方法は、本葉が8~10枚に増えたタイミングで、つるの先端にある芽を切るだけです。

摘心後は切断したつるの下にある、わき芽の生長を見守りましょう。ただし、花の数を増やさなくてもよい場合は、摘心は不要です。

朝顔の育て方6.花が咲いたら手入れを欠かさない

朝顔の育て方6.花が咲いたら手入れを欠かさない

ここでは、朝顔の花が咲いた後の手入れ方法について解説します。咲き終わった花がらは、放置せずにこまめに摘みとりましょう。

花がらを摘みとっておくと、咲いている花に十分な養分が行き渡り、長く花を楽しめるようになります。ただし、種を収穫したい場合は、花がらは摘みとらずにそのまま放置しておきましょう。

朝顔の育て方7.種を収穫する

朝顔の育て方7.種を収穫する

ここでは、朝顔の種を収穫するために大切なポイントについて、以下で解説します。

収穫できるタイミングの見分け方

朝顔の種は、咲き終わった花がらの中につきます。しかし、種は花がらに覆われているため、中身を確認できません。そのため、花がらのすぐ下に生えている葉のガクを観察します。ガクに水分がなくなって茶色に変色し、反り返れば収穫のタイミングです。

花がらから種が飛び出すこともあるため、確実に種を回収したい場合は種がこぼれ落ちないように袋を被せておきましょう。

保存方法

朝顔の種を長期間保存したい場合はしっかりと乾燥させ、適切な方法で保存する必要があります。種の保存方法は以下のとおりです。

1.種を湿気の少ない場所に1~2カ月程度置いて乾燥させる
2.茶封筒に乾燥剤や防虫効果がある乾燥トウガラシを一緒に入れる
3.密閉容器やジッパー付きの密閉袋などに入れ、冷暗所で保管する

冷蔵庫の野菜室で保管すれば、数年間保存できます。

朝顔の病害虫

朝顔の病害虫

朝顔は、成長段階で害虫が発生したり病気を発症したりする場合があります。特徴と対策について、以下で解説します。

害虫

朝顔につきやすい害虫は、ホコリダニやハダニです。これらのダニは乾燥に強いため、乾燥しやすい時期に葉に寄生します。ダニの発生を防ぐためには、葉の裏側を洗い流すように水をかけましょう。

病気

朝顔の栽培時に気をつけたい病気は、カビが原因の「斑点性の病気」や、うどん粉をまぶしたように葉が白くなる「うどん粉病」、アブラムシが媒介となり感染する「モザイク病」です。

斑点性の病気とうどん粉病は薬剤で対処できますが、モザイク病は治療の手段がありません。そのため、感染を広げないために、発症した株を処分するなどの予防線をはる必要があります。

花が咲かないときの対処法

花が咲かないときの対処法

朝顔の品種が西洋朝顔の場合、一般的な朝顔に比べて開花時期が遅く、9月頃になってから咲き始めます。西洋朝顔以外で花が咲かない場合は、暗闇に置く時間が短い、もしくは、生育期に肥料を与えすぎて葉の生長に養分が使われてしまった可能性があります。

対策として、夜は暗い場所に移動し、生育期は花つきをよくするリン酸が含まれている肥料を適切な量と頻度で与えましょう。

まとめ

朝顔は発芽率が高く、ガーデニング初心者でも育てやすい植物です。そのため、苗だけでなく種からも栽培できます。とはいえ、朝顔の花を咲かせるには、肥料の与え方や摘心などの日々のお手入れが欠かせません。

園芸用の培養土や追肥用の肥料などの必要なアイテムを用意してから、朝顔の栽培を始めましょう。

株式会社カインズの「公式通販・オンラインショップ」は、ホームセンター売り上げがNo.1で、オリジナル商品の取り扱いも豊富です。朝顔の栽培に必要なものもそろっているため、ぜひご利用ください。

朝顔の種や育てるグッズの取り扱いも豊富!ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから