リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

大工が教える戸車交換のコツ。築30年の玄関引き戸を開閉スムーズに修繕DIY

クリエイター

二見 武馬

二見 武馬

首都高などのインフラから匠の家までも造る一級建築士の大工。1級土木施工管理技士、コンクリート診断士、コンクリート主任技士など建設関連の資格を多数保有。「方眼ノート×土木・建築」メソッドで多くの難問を解決!DIYerに分かりやすいように、プロのノウハウやアイディアを提案していきます。その他、フォーク・ユニック・ユンボなど特殊車両の操作。玉掛け・溶接・丸ノコなど、各種技能もお任せあれ!

玄関戸車を交換して、開閉スムーズにDIY

先日、近所の友人宅を訪問しました。

このお家は、昔ながらの日本家屋で築30年超。和室や客間もあって、大工さんの丁寧な仕事ぶりが随所に残っています。

こういう日本家屋で使われる建具には、やはり引き戸がよく馴染みますよね。ふすま・障子・押し入れ、などなど、引き戸と和室はワンセット。片引き・引き込み・引き違い、その開き方にもいろいろと種類があります。

日本家屋の玄関は引き戸

日本家屋の玄関は引き戸

玄関だって、もちろん引き戸。一間(いっけん)幅の引き違い扉です。訪問するたびに「カラカラカラ~ッ」と、心地好い音で出迎えてくれます。

「こんにちは~」(カラカラカラ~ッ)

田舎では、インターフォンなど実質機能していません。

「あ、どうぞどうぞ! ちょっと待ってもらいたいので、中にお入りくださ~い」

ご主人自ら、お出迎え。

「なるほど。そういうことならば、失礼しま~す!」(カラッ…。ガッ…。ガッ…。ガリッ)

あれっ? 閉まりが悪い…。何か引っかかるな。

「あ、その扉、閉める時はちょっと浮かせてくださ~い」

ご主人からは、すぐに閉じ方のアドバイスが飛んできました。もう日常的に<閉める際には引っかかる>ことを物語っています。

開閉のたびに引っ掛かる扉

開閉のたびに引っ掛かる扉



なるほど、なるほど。そういうことですか。それならば腕の見せ所です。ちょっと失礼しますね。

戸車がきちんと回転しているかを確認

玄関引き戸の扉を、両手で掴んで持ち上げます。

「よっこいしょ!」

レールから外したら、90度回転させて横向きに。戸車を覗いてみると、やっぱりですね…。

古い戸車は滑りが悪い

古い戸車は滑りが悪い

車輪に触れてみると、ガタガタとぐらつきます。

「ご主人、この戸車って交換した記憶、ありますか?」

「いえいえ。そんなこと、やった記憶はないな~!」

続けてご主人が正直に告白する。

「扉自体、たぶん、外し方もよく知らない…」

「そういうことならば、ちょっと見てみましょうか。手直しできるかも知れません」

こういう玄関の戸車は、高さ調整の可能なタイプが一般的。または、潤滑油をさすだけで、滑りが良くなることも多々あります。

一度も交換したことのない戸車

一度も交換したことのない戸車

いくつか試してみた結果、

「こりゃ、戸車を交換しないとダメそうですねぇ。外してみましょう」

錆びたネジには潤滑スプレー

錆びたネジには潤滑スプレー

さて、戸車の固定ネジは、錆びていることが多いので、外す際には注意が必要です。

潤滑スプレーをさしてからネジを回しましょう。いくつかは外れましたが、錆びて固まっているネジもありました。

これを外さないことには、交換もできませんので、多少強引ですが、バールで叩いて外します。

回らないネジはバールでこじる

回らないネジはバールでこじる

外してみると、やはり軸周辺が摩耗していました。

軸の摩耗で車輪がグラグラ

軸の摩耗で車輪がグラグラ

「では、これと同じものを探してみますよ!」

とり急ぎ、戸車を外して持ち帰ることにしました。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから