リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

初心者にもできるコスモスの育て方・栽培方法【解説動画付き】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

コスモスについて

コスモスの育て方 コスモスについて

秋の代表的な花として知られるコスモスは、日本では古くから親しまれていますが、実は原産国はメキシコです。ピンクだけでなく白・赤・黄・黒の花などがあり、ピンク色のコスモスの花言葉は「乙女の純潔」、赤色のコスモスの花言葉は「乙女の愛憎」など、色によって花言葉が異なります。全国に名所があるほど人気のコスモスですが、家庭でも簡単に育てることができます。

コスモスの栽培に必要なもの

ガーデニングのコスモス

  • コスモスの苗、もしくは種…育てたい分だけ用意
  • 植木鉢…育てたい苗の数と同数を用意
  • 花用の培養土…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 緩効性肥料、液体肥料…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 支柱、紐
  • 軍手
  • スコップ
  • 園芸用のハサミ

事前準備のポイント

鉢植えのコスモス

コスモスは風通しの良い日向でよく育ちます。成長具合を見ながら緩効性肥料や液体肥料を施し、水はけの良い土で管理します。草丈が高くなるため支柱と紐を用意し、細い茎が倒れないようにすることがポイントです。

コスモスの栽培時期について

コスモスの育て方 フラワーカレンダー

秋に咲く品種は10~11月の開花に向けて6~7月に種をまきます。早生品種は4月頃に種をまくと6月頃から咲き始めます。種は早めにまくとその分開花時期が早まり、草丈も伸びます。花を楽しみたい時期を決めてから種まきをするといいでしょう。

コスモスの栽培方法・育て方

コスモスの鉢植え

では、実際にコスモスの育て方を解説していきます。

コスモスの水やりのコツ

コスモスの育て方 水やり

コスモスはメキシコの高原地帯が原産なため、乾燥を好む植物です。あまり水を必要としないため、雨水が当たる場所であれば水やりは必要ないでしょう。ただし、鉢植えの場合は土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えるようにし、夏の猛暑が続いた場合も極度の乾燥を防ぐために涼しい時間帯に水やりをしましょう。

コスモスへの肥料の与え方

コスモスの育て方 肥料

コスモスは丈夫で生命力が強い植物なため、肥料をあまり必要としません。元肥として緩効性肥料を少量施し、成長の具合を見ながら追肥として緩効性肥料や液体肥料を施すといいでしょう。ただし、窒素が多いと花付きが悪くなることがあるため、リン酸やカリを含む緩効性肥料を選ぶようにしましょう。

コスモスの栽培方法・育て方のポイント

コスモスの育て方 支柱

コスモスは成長すると草丈が高くなります。茎が細くて倒れやすいため、育てる際には支柱を用意する必要があります。草丈が50cm以上になったら支柱を立てるようにし、風が強い地域では早い時期から支柱を立てて置きましょう。支柱はコスモスの周りを囲むようにして立てるか、もしくは株の傍に立てて紐などで結びます。

コスモスの育て方 お手入れ

コスモスの花は咲き終わったら摘んでおくと次の花が咲きやすくなります。放っておくと種を作るための栄養になるため、花ごと手で摘み取りましょう。また、気温が低くなって霜が降りるようになったら、夜間は室内に入れると花が長持ちします。耐寒性が弱い植物なため、低温に注意しましょう。

コスモスの栽培方法・育て方の注意点Q&A

コスモスの鉢植え

Q.コスモスを地植えする場合、どんな場所が適していますか?

A.コスモスを地植えする場合は、日当たりが良く、風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。また、植える場所の土にあらかじめ石灰を混ぜて寝かせておくとよく育ちます。

Q.コスモスの種まきの方法やポイントは?

A.コスモスは品種によって種をまく時期が異なります。種まきをしてから約3か月後には開花するため、開花させたい時期などを考えて種をまくタイミングを決めましょう。夏咲きは3~4月、秋咲きは6~7月に種をまくのがおすすめです。背丈を高くしたい場合は早めに植えれば成長してどんどん高くなります。20cm間隔で3~4粒ずつまき、薄く土をかぶせるようにして種をまきましょう。

Q.コスモスの背丈を低くしたい場合はどうしたらいいですか?

A.コスモスは先端部分に花を咲かせる性質を持っているため、摘芯や切り戻しを行うと背丈を低くすることができます。また、わざと茎を倒すことでわき芽が発生します。わき芽を伸ばせば低い位置で花を咲かせることができるため、成長具合を見ながら支柱を立てると見た目が良くなります。

コスモスの育て方・栽培方法の解説動画

細い茎と薄い花びらが特徴の可愛らしいコスモスは、早咲きから遅咲きまで、比較的長い期間花を楽しむことができます。草丈が高くなるため支柱が必要になりますが、水やりや肥料も少なくて済むため、簡単に育てることが可能です。自宅でぜひコスモスを育ててみてはいかがでしょうか。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから