リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

アベリアの育て方|剪定の仕方や肥料の施し方などを紹介します

スタッフ

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

19世紀にイタリアで開発されたスイカズラ科の園芸品種、アベリア。大気汚染や刈り込みへの耐性が強く、道路の植栽や公共施設の生け垣などでよく目にする植物です。初心者でも育てやすいため、最近では庭木や鉢植えとしても人気を集めています。

今回は、人気のアベリアの品種を紹介するとともに、育て方の基本、挿し木の方法、剪定のコツなどを解説します。

アベリアはどんな植物?

アベリアは、シナツクバネウツギとユニフローラの交配種です。別名を「ハネツクバネウツギ」といいます。花が散った後の萼(がく)がプロペラのような形をしていて、羽根つきの羽根に似ていることに由来しています。

樹高は約1~1.5m。気候によっては一部落葉する半常緑低木です。耐寒性も耐暑性も強く、ほとんどの品種が-10℃くらいまで耐えられます。

初夏から秋口にかけて長い期間花を楽しめるうえ、花が散った後に残るプロペラ状に広がった赤茶色の萼も美しく、特徴的です。花は、淡いピンク色や白色の漏斗(ろうと)型をした1.5~2cmほどの小ぶりな花が、うつむき加減に枝先にまとまってついています。

アベリアの品種・種類

アベリアの品種・種類

アベリアには、基本種のフランシスメイソンをはじめ、多くの園芸品種があります。

アベリア・コンフェッティ

明るい緑色の葉の縁に、白色の斑が入った品種です。花は薄いピンク色で、新芽や枝が全体的に赤みがかっているのが特徴です。

アベリア・ラッキーロット

斑入りの品種です。濃い緑色の葉の縁に、クリーム色の斑が入っています。アベリアの中でも特に耐寒性が強い品種で、-15℃くらいまで耐えられます。

アベリア・ホープレイズ

明るい黄緑色の葉が黄色い斑で縁取られ、軽やかな印象を与える品種です。高めの花壇から枝を垂らすように植えると、明るく庭を彩ってくれます。

アベリア・カレイドスコープ

季節によって葉の色が変化する品種です。春は、アベリア・ホープレイズのように黄緑色の葉に黄色い斑が入った色ですが、夏には濃い緑色の葉に金色がかった斑の入った色みへと変化します。秋から冬にかけては、葉全体が橙色から赤色へと紅葉します。

聖火(アベリア・ホワイトスターダスト)

樹高が1mほどと小ぶりで、上にまっすぐ枝を伸ばす品種です。聖火の特徴は、花が散った後の咢の華やかさ。白い小さな花が散った後、プロペラ状に5裂に分かれたピンク色の咢が残ります。これが松明のように見えることから、「聖火」と名付けられました。

アベリアの栽培のはじめ方

アベリアの栽培のはじめ方

アベリアは「苗」から育てるのが一般的

アベリアは種子を作らない交配種なので、苗から育てるのが一般的です。

アベリアの苗を選ぶ際は、株元からしっかり葉がついていて、葉にツヤのあるものを選びましょう。うどんこ病などにかかっていないか、葉の裏までチェックしておくと安心です。

植え付けの時期は、4月か9月下旬~10月頃が最適です。もっとも、真夏と真冬を避けさえすればたいていスムーズに根を張り、丈夫に育ちます。

挿し木で増やすのもおすすめ

生命力旺盛なアベリアは、初心者でも挿し木で簡単に増やせます。挿し木に適した時期は、梅雨時期から秋口まで。その年に発芽して伸びた枝を切り取り、挿し穂にします。

まず、挿し穂の切り口を斜めにカットし、水に浸して吸水させます。その後、切り口に発根促進剤を軽く塗り、赤玉土や挿し木用土を入れた鉢に植え付けます。植え付けたら、たっぷり水をやりましょう。

発根して新芽が出てきたタイミングで、定植用の鉢ないし土に植え替えましょう。

「鉢植え」と「地植え」のどちらでも育てられる

アベリアは、鉢植えと地植えのどちらでも育てられます。ただ、生育が旺盛な植物なので、鉢植えの場合は大きめの鉢を選び、根詰まりに注意しましょう。

鉢植えの手順

  1. 苗木の根鉢の土を1/3ほど落とす
  2. 土を入れた鉢に植え付ける
  3. 鉢の底から水がしみ出すくらいたっぷり水を与える

鉢に植える付ける際は、土の表面が鉢の縁から3cmほど下にくるように植え付け、ウォータースペースを確保しましょう。なお、植え付けの際に元肥を施しておくと生育が促されますが、必須ではありません。

鉢植えの手順

  1. 根鉢の2倍の大きさの穴を掘る
  2. 掘り出した庭土に腐葉土と堆肥を混ぜ合わせ、穴の半分くらいまで入れる
  3. 苗木の根鉢をほぐして穴に入れる
  4. 株元と地面の高さが同じになるよう調整しながら植え付ける
  5. たっぷり水をやる

最後の水やりは、地中10cmくらいまで水がしみ込むイメージで行うとよいでしょう。

アベリアを育てる環境

アベリアを育てる環境

アベリアが好む日当たり・温度

アベリアは、耐寒性も耐暑性も強い非常に丈夫な植物で、日本の気候帯であればどこでも問題なく育てられます。とはいえ、日陰よりも日当たりを好む植物なので、花つきを良くするには日当たりの良い場所で栽培しましょう。葉のツヤも良くなります。

生け垣としてもよく利用されますが、冬の乾燥した冷たい風にさらされ続けると葉が傷んでしまいます。風通しを確保しつつも、冬場は冷風に注意が必要です。

アベリアの水やり

地植えであれば、基本的に水やりは不要です。もっとも、雨の少ない真夏の猛暑日などは水枯れを起こすこともあります。そんなときは、気温が比較的低めの早朝や夕方に水やりするとよいでしょう。

鉢植えであれば、土の表面が乾いているタイミングで、鉢の底から染み出すくらいたっぷりの水を与えます。

アベリアの土と肥料

アベリアの土と肥料

アベリアを育てる土

アベリアは、水はけのよい土であればどこでもよく育ちますが、地植えする場合には庭土に腐葉土と堆肥を混ぜておくと生育が促進されます。

鉢植えであれば、市販の園芸用の用土で問題ありません。自前で配合する場合は、赤玉土(細粒):鹿沼土(細粒):腐葉土を5:2:3の割合で配合するとよいでしょう。

アベリアに与える肥料

アベリアは、ほとんど肥料を必要としない丈夫な植物です。生育が悪い場合は、9月中旬頃と休眠期である2~3月頃に緩効性化学肥料を施しましょう。

アベリアの栽培におすすめの土・肥料

アベリアの手入れ

アベリアの手入れ

アベリアの剪定

アベリアは、刈り込みを怠ると奔放に枝を伸ばして荒れ放題になってしまいます。2~3月の間に思い切って刈り込み、年間を通してこまめに剪定することをオススメします。ただし、開花中に強く刈り込むと花数が減ってしまいます。多く開花させたい場合は、開花中の剪定は控えましょう。

アベリアを生け垣として利用する場合は、整った形に強く刈り込みます。一方、ナチュラルなスタイルの庭を目指すなら、のびやかに育つ枝ぶりを生かして、混みあった枝を付け根から切って整理する程度に留めておきましょう。

アベリアの植え替え

アベリアは生育旺盛な植物であるため、鉢植えで栽培する際は定期的な植え替えが必須です。根が土の表面や鉢の底からはみ出してきたり、水やりの際の水はけ・水もちが悪くなったりしたら、根詰まりのサインです。大きめの鉢に植え替えましょう。

地植えしたアベリアを別の場所に植え替える場合は、苗を植え付けるのと同じ手順で行ってください。植え替えに最適な時期は、開花前後の4月又は10月頃がベストです。

アベリアの病気・害虫

アベリアは病害虫に強く、特別な防除も必要ありません。ただし、風通しが悪いとアザミウマ、アブラムシ、カイガラムシ、ハダニといった害虫が発生してしまいます。

また、湿度が高いと葉の表面に白いカビが生えるうどんこ病にもかかりやすくなります。定期的に剪定をして、不要な枝を間引きましょう。

アベリアにおすすめの殺虫剤・薬剤

まとめ

道端でよく目にする身近な植物、アベリア。剪定や鉢の植え替えは必要ですが、非常に丈夫で、日常的には全くといっていいほど手のかからない植物です。

ユニークな園芸品種も多く、初心者でも気軽に育てられます。ぜひ家庭でも気軽に栽培してみてください。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから