リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

真鍮のお手入れの方法を解説! アクセサリーの汚れを自分でピカピカに

スタッフ

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハックは、ホームセンターのカインズ (カインズホーム) が提案する日常で使える便利な知恵をお届けします。すぐに実践できる便利なTIPSや情報が盛りだくさん。

使うほどにアンティークのような経年変化を楽しめる、真鍮。この記事では、身近なものを使って真鍮を自宅で簡単にお手入れする方法についてご紹介します。

真鍮は経年変化でサビや黒ずみが発生する

真鍮は経年変化でサビや黒ずみが発生する

真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金のことを指します。黄銅(こうどう・おうどう)とも呼ばれるほか、ブラスバンドの「Brass(ブラス)」は真鍮を意味する言葉です。

真鍮は腐食しづらく、熱によって薄く伸ばしたり広げたりできて加工しやすいという特徴から、サックスやトランペットなどの金管楽器をはじめ、インテリア用品から生活小物までまざまな用途で材料として使用されています。革製品のように使いこむほど色に深みが増すことから、指輪やネックレスといったアクセサリー素材としても人気です。

ただし、真鍮は手入れをしないまま放置しているとサビや黒ずみが発生したり、くすんでしまうという特性も。

真鍮の経年変化とは?

ピカピカな新しい硬貨とは対照的な、古い製造年月の黒ずんだ5円玉を見たことはありますか? 真鍮で最も身近なものとして、5円玉があります。真鍮は皮脂や空気に触れることで次第に酸化し、どんどん色がくすんだり淡い緑色の汚れが生じてしまうので、古い5円玉が黒ずんだように見えるのです。

淡い緑色の汚れは「緑青(ろくしょう)」という錆(さび)。汗や皮脂、ハンドクリームなどの油分などが原因で発生します。緑青は色移りしてしまうため、衣類を汚す可能性も。そのまま「味」として楽しむこともできますが、汚れ防止のためにはできるだけ取り除くことをおすすめします。

メッキと真鍮の違い

メッキは、鉄やアルミニウムなどの金属の表面にゴールドやシルバーを薄くコーティングした加工品を指します。メッキは表面処理されているため、地の金属の強度を上げたり錆や劣化を防止できてあまり手入れが要らない一方で、「メッキが剥がれる」という慣用句があるように、使っていくうちに表面のコーティングが剥がれてしまうという特徴があります。

メッキに対して、真鍮は表面に加工をしていないありのままの金属です。メッキと違って定期的にお手入れをしなければ変色してしまう恐れがありますが、素材そのものの美しさや輝きを楽しむことができるのは真鍮ならではの魅力です。

家にあるものでできる! 真鍮のお手入れの方法

家にあるものでできる! 真鍮のお手入れの方法

くすみや黒ずんでしまった真鍮は、実は自宅にあるものでお手入れができるんです。お手入れに使うアイテムによって、アンティーク感を残したり、ピカピカの光沢感を出したりと風合いを楽しめます。

【真鍮のお手入れ】お酢やクエン酸を使う

【真鍮のお手入れ】お酢を使う

お酢やクエン酸を使った方法は、浸けるだけでピカピカにできるとてもお手軽な真鍮のお手入れの方法です。お酢やクエン酸が無い場合はレモン汁でも代用可能。

お手入れに必要なもの

  • お酢またはクエン酸
  • 柔らかい布
  • 真鍮が入る容器

お手入れの手順

  1. 容器に真鍮を入れる
  2. 真鍮の全体がしっかりと浸るようにお酢またはクエン酸を入れる
  3. 約30秒間、真鍮を浸ける
  4. 真鍮を取り出し、よく水洗いし、柔らかい布でしっかりと水分を拭き取る

注意点

  • 汚れが取れない場合は、汚れ具合を見ながら浸ける時間を伸ばすか上記手順を繰り返します。ただし、お酢やクエン酸は真鍮の表面を溶かしてしまう作用があるので様子を見ながら作業してください。
  • 汚れがこびりついて取れない場合は、研磨剤の代用品として塩を入れて傷がつかないようゆっくりやさしくこすりましょう。
  • お酢やクエン酸でのお手入れではくすみや曇りも取れやすくなるため、質感にこだわりたい方は次の「重曹を使う」方法をお試しください。
  • 変色や錆の原因となるため、お酢に浸けた後は真鍮の水気をよく拭き取りましょう。

【真鍮のお手入れ】重曹を使う

【真鍮のお手入れ】重曹を使う

キッチンやお風呂、お洗濯などお掃除には必須の万能アイテムである重曹は、真鍮のお手入れにも大活躍! 化学反応を利用し、サビや黒ずみを除去します。すでにお酢を使ったお手入れの方法について触れましたが、お酢の匂いが気になる方、質感にこだわりたい方は重曹を使った真鍮のお手入れの方法をおすすめします。環境に優しい点も嬉しいポイント。

お手入れに必要なもの

  • 重曹
  • 柔らかい布(磨く用)
  • 柔らかい布(拭きあげ用)

お手入れの手順

  1. 重曹と水を2対1の割合で混ぜ合わせ、ペースト状にする
  2. 1のペーストを柔らかい布につけ、真鍮をやさしく磨く
  3. 真鍮をよく水洗いし、乾いた柔らかい布でしっかりと水分を拭き取る

注意点

  • 強く擦りすぎると傷がついてしまう可能性があるため、優しく磨きましょう。
  • 変色や錆の原因となるため、磨いた後はよく水気を拭き取りましょう。

【真鍮のお手入れ】顆粒の歯磨き粉を使う

【真鍮のお手入れ】顆粒の歯磨き粉を使う

歯磨き粉でも真鍮のお手入れができます。ただし、使えるのはゼオライトと呼ばれる、つぶつぶした感触の顆粒が入った歯磨き粉です。

お手入れに必要なもの

  • 歯磨き粉(つぶつぶ顆粒入り)
  • 柔らかい布

お手入れの手順

  1. 歯磨き粉を柔らかい布に出し、真鍮をやさしく磨く
  2. 真鍮をよく水洗いし、乾いた柔らかい布でしっかりと水分を拭き取る

注意点

  • この方法は研磨力があまり強くないため、経年変化の質感を残しながら磨くことができます。
  • 変色や錆の原因となるため、磨いた後は真鍮の水気をよく拭き取りましょう。

プロ顔負け! 本格的な真鍮のお手入れ方法

プロ顔負け! 本格的な真鍮のお手入れ方法

より本格的に真鍮をお手入れしたい方は、これからご紹介する金属専用の磨きクロスやピカール液といった専用アイテムを自宅に常備できるとよいでしょう。

磨きクロスを使う

ホームセンターなどで「磨きクロス」という名称で取り扱われている金属のお手入れに使われる専用アイテムです。艶出し効果があるので、磨くだけでピカピカと艶感が生まれます。

お手入れに必要なもの

  • 金属の磨きクロス
  • 軍手

お手入れの方法

  • 磨きクロスで、真鍮をやさしく磨く

注意点

  • クロスについた汚れは手にもつくため、手袋の着用をおすすめします。
  • マット加工を施してある製品に使うと、質感が失われてしまう可能性があるため注意が必要です。
  • マット感を残したい方は、上記の重曹や顆粒の歯磨き粉を利用したお手入れ方法がおすすめです。

ピカール液を使う

ピカール液は、主にホームセンターなどで販売されている家庭用の金属研磨剤。金属磨きの定番品として古くから親しまれており、プロも愛用する実力アイテムながら安価に入手できます。

お手入れに必要なもの

  • ピカール液
  • 軍手
  • 柔らかい布(磨く用)
  • 柔らかい布(拭きあげ用)

お手入れの手順

  1. ピカール液を柔らかい布に少量出し、真鍮をやさしく磨く
  2. もう1枚の柔らかい布でしっかりと拭きあげる

注意点

  • 初めて使用する場合、最初に目立たない場所で問題ないか確認することをおすすめします。
  • ピカール液は人体に有害なアンモニアガスを微量に発生させます。窓を開けるなど必ず換気しながら作業してください。

    真鍮の汚れを事前に予防する方法

    真鍮の汚れを事前に予防する方法

    真鍮は汚れに気付いたタイミングでこまめにお手入れすることも大切ですが、それよりも肝心なのは普段から汚れがつかないように予防すること。

    例えば、真鍮をアクセサリーとして身に着けるていると汗や皮脂が付くことは避けられませんよね。しかし、そのまま放置は厳禁です。真鍮は水や湿気にとても弱いため、使用後は柔らかい布などで優しく汗や皮脂を拭きとってから保管してください。また、長時間使用しない場合は、酸化防止のためにビニール袋などに入れて外気に触れにくくして保管しましょう。

    これらのひと手間で、その後の真鍮の状態が大きく変わってきますよ。

    正しいお手入れで真鍮を一生ものに!

    正しいお手入れ方法で真鍮を一生ものに!

    今回は真鍮のお手入れの方法についてご紹介しました。自分でお手入れする方法を知っていれば、真鍮をきれいに保つことができます。ご紹介した方法をもとに、マットな質感やピカピカした輝きなど好みの風合いに真鍮をお手入れしましょう。愛着を持って使い込むほど、真鍮の魅力はどんどん増していきますよ。正しいお手入れの方法で、真鍮を一生ものとして長く大切にしてくださいね。

    loading

    関連するキーワード

    となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

    • Facebook
    • Twitter
    • LINE
    • Instagram
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    RELATED関連する記事

    POPULAR人気の記事

    • Daily
    • Weekly

    広告掲載について

    NEWS LETTER ニュースレター

    Webライター・イラストレーター募集

    取材のご依頼や情報提供はこちらから