リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

トンボを飼うのは可能? ヤゴ・成虫別の飼い方と用意するアイテム

スタッフ

カインズ How to ペット編

カインズ How to ペット編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のペット関連のコンテンツを文字起こししています。

色鮮やかでかわいらしい赤とんぼや、大きく貫禄のあるオニヤンマなどを見て「飼ってみたい!」というお子さんは多いのではないでしょうか。子供に限らず、日本人は世界でも有数のトンボ好きといわれています。三木露風作詞・山田耕筰作曲の『赤とんぼ』は日本を代表する童謡といっても過言ではなく、国際トンボ学会の学会歌に制定されているほどです。

そこでこの記事では、トンボの飼い方を詳しく解説します。ヤゴ(幼虫)から飼ってみたい方向けに、ヤゴの捕まえ方から羽化させるまでの飼育法についてもまとめました。

トンボのように空中を自由に飛び回る昆虫を飼うのは難しいですが、ある程度飛び回れるスペースさえ確保できれば不可能ではありません。餌もペットショップや釣具店で入手できるため、諦める前に当記事で予習してみてください。

トンボトってどんな生き物?

トンボトってどんな生き物?

トンボは「トンボ亜目」に分類される昆虫で、世界には約5,500もの種類がいます。これらは「均翅亜目(きんしあもく)」「不均翅亜目(ふきんしあもく)」「ムカシトンボ亜目」の3グループに分けられます。

  • 均翅亜目

4枚の翅の形がほぼ同じで、止まる際には翅をたたむ種類が多いです。腹部は細身で、弱々しい印象も受けます。代表的な均翅亜目に「イトトンボ科」や「カワトンボ科」がいます。

  • 不均翅亜目

後ろ翅の付け根が幅広く、角ばっている種類が多いです。木や葉に止まる際も広げた翅をたたみません。また、均翅亜目に比べると腹部は太く、がっしりとした印象を受けます。代表的な均翅亜目に「オニヤンマ科」や「ヤンマ科」がいます。

  • ムカシトンボ亜目

「生きた化石」と呼ばれる珍しい種類で、日本・ヒマラヤ、中国など限られた地域にしか生息しません。翅の形状は均翅亜目に近く、腹部は不均翅亜目に似ている中間的な存在です。属するのは「ムカシトンボ科」です。

食事

トンボは肉食です。成虫は蚊やハエ、蜂、バッタ、コガネムシなどを捕まえて食べています。トンボの飛翔能力は非常に高く、ホバリング、バック、急な方向転換などのテクニックを駆使しながら獲物に近づきます。

小型の獲物であれば飛びながら、大型の獲物であれば近くの木や葉に止まって食事します。クモは多くのトンボにとって天敵ですが、アオヤンマやネアカヨシヤンマはクモを襲うこともあります。

幼虫(ヤゴ)時代も肉食であり、種類によって異なりますが、ミジンコやイトミミズ、オタマジャクシといった水中の小動物を捕らえて食べることが多いです。食欲旺盛で何でも食べる傾向があるため、同種や別種の幼虫同士で食い合うケースもあります。

寿命

多くのトンボは短命です。孵化から羽化、産卵、死までの一生が1年間の種類、1年間に2世代を繰り返す種類が大半です。特に短命なのはウスバキトンボやアメイロトンボの仲間で、成虫は1~2か月で力尽きるといわれています。

一方で、ムカシトンボのように幼虫期間だけで5~7年過ごす種類もいます。

繁殖

交尾~産卵

成熟したトンボのオスは、メスがやってきそうな水辺を縄張りとし、メスを見つけると捕まえてタンデム飛行をしながら交尾します。交尾中でも器用に素早く飛び回れるのは、トンボならではの飛翔能力といえるでしょう。

メスの産卵場所は種類によってさまざまであり、飛行中に産む種類もいれば、水面に尾をつけて産む種類もいます。また、植物の中に産み付ける種類もいます。

孵化~幼虫~成虫

卵が孵化するまでの期間も種類によってさまざまです。一般的に、卵のまま越冬する種類は孵化までの期間が長く、100日以上かかることもあります。

孵化した幼虫は水中を生活拠点とし、複数回の脱皮を経て羽化、成虫となります(さなぎにはなりません)。幼虫の皮から直立するように上半身を出すタイプ(直立型)と、上半身をのけぞるようにして出てくるタイプ(倒垂型)がいます。

成虫になったトンボは生活拠点としていた水辺を離れ、林や草原などで暮らします。繁殖期が近づくとまた戻ってきますが、自分が生まれた地に帰ってくるとは限りません。さまざまな場所を旅しながら、最適だと思った場所で次の命をつむぎます。

どのトンボを飼う? 身近にいる主なトンボの種類

どのトンボを飼う? 日本にいる主なトンボの種類

トンボを飼うには成虫を捕まえなければなりません。昔に比べると数は減ったものの、緑豊かな地域や水田近くにはたくさんのトンボが飛んでいます。ここでは、身近で見かけやすいトンボを7種類紹介します。

アキアカネ

アキアカネ

「赤とんぼ」の相性で親しまれている、全長約4cmの赤いとんぼです。赤くなるのは平地に降りてくる秋頃であり、はじめはオレンジ色をしています。日本全土に分布し、農作物に付く害虫を食べる「益虫」として愛されていますが、個体数は激減傾向にあるといわれています。

アキアカネの仲間に「ナツアカネ」「ミヤマアカネ」「コノシメトンボ」もいます。

オニヤンマ

オニヤンマ

日本に生息する最大級のトンボで、全長10cmを超える個体もいます。黒い体に黄色の横縞が入っているのが特徴。グリーンの大きな眼も印象的です。

オニヤンマは非常に獰猛なハンターで、スズメバチを襲って食べることもあります。顎の力は非常に強く、人間が噛まれると怪我をする恐れもあるほどです。夏空の王者とも呼べる存在でしょう。

ギンヤンマ

ギンヤンマ

オニヤンマと並ぶトンボ界の王者であり、子供たちの人気者。全長は約7cmとオニヤンマには敵いませんが、非常に風格のあるトンボです。

体色は頭・胸部が緑、腹部は黄・黒です。また、腹部第3節の下部が銀白色をしており、これがギンヤンマの名称の由来だといわれています。メスの腹部はオスに比べると茶色っぽいのも特徴の一つです。

ウスバキトンボ

ウスバキトンボ

ウスバキトンボはお盆あたりによく見られることから、「盆とんぼ」「精霊とんぼ」などと呼ばれています。体長は約5cm、体色は黄~朱に近いオレンジのためアキアカネと混同されがちですが、完全に別種です。

ウスバキトンボは熱帯・温帯出身であり、海を超えて日本をはじめとする世界中へ飛んできます。しかし日本の冬には耐えられず、せっかく産んだ卵を含めて全滅する運命にあります。にもかかわらず、翌年には新たなウスバキトンボがやってきます。

シオカラトンボ

シオカラトンボ

シオカラトンボは市街地の水辺にも現れるポピュラーなトンボです。体長は約5cm、体色は黒と青みを帯びたグレーで構成されており、オスの腹部には塩を連想させる白い粉のような模様が見られます。メスの腹部は黄色っぽいため、見分けはつきやすいでしょう。

シオカラトンボの仲間に「オオシオカラトンボ」「シオヤトンボ」などがいます。

イトトンボ

イトトンボ

イトトンボは、名称通り細長い糸のような体をしています。均翅亜目の一種であり、4枚の翅をたたむようにして止まる姿が特徴的です。

湿地や田んぼなど水かさの少ないところを好み、水面近くをゆっくり飛んでいることが多いです。主なイトトンボに「アジアイトトンボ」「ホソミオツネントンボ」「ムスジイトトンボ」「モートンイトトンボ」などがいます。

ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボは、メスは茶色ですが、オスは頭部から足先まで真っ赤な体色をしています。体長は5cm程度で、アキアカネと違い初めから赤い正真正銘の「赤とんぼ」なのにもかかわらず、なぜか「赤とんぼ」と呼ぶことはありません。

オスの性格は非常に攻撃的です。縄張り意識も強く、ライバルたちを追い払っている姿を見かけることもあります。ちなみに、ショウジョウとは中国の想像上の生き物である「猩猩」という赤い猿から付けられたといわれています。

トンボの捕まえ方と捕獲道具

トンボの捕まえ方や捕獲アイテム

飼いたい種類が決まっていれば、そのトンボが好む場所へ向かいましょう。身近にいるトンボなら何でもよい場合、平地から山地の川沿いや湖畔、水田の付近を探してみてください。トンボは人間の目に付きやすい場所に姿を現すため、見つけること自体はそう苦労しないでしょう。

素手で捕まえられる?

トンボは素手でも捕獲できます。どこかに止まり翅を休めていたら、ゆっくりと蛇行しながら近づくのがコツです。一直線に進むと驚異を与えやすく、逃げられてしまう可能性が高まります。

手が届く範囲まで近づけたら、

  • 両手をお椀型にして一気に包み込む
  • 親指と人差し指で翅を挟む

上記のどちらかの方法で捕獲できます。まずは両手で包み込み、手の中のトンボが落ち着いたら翅をつまむやり方もあります。

なお、トンボが手を噛むことがあるため、安全を期すなら軍手や手袋の着用をおすすめします。

虫取り網で捕まえるコツ

網があれば飛んでいるトンボも捕まえられます。飛行中のトンボの横からさっと網を被せましょう。止まっているトンボに対しての距離の詰め方は、素手で紹介した方法と同じです。

網から出す際は、せっかく網の中に入ったトンボが逃げないよう注意しましょう。

ブリの作り方と使い方

ブリとはトンボ釣りそのもの、あるいはトンボ釣りに使う自作アイテムのことを指します。主にギンヤンマなど大型のトンボを捕まえる方法として、京阪神を中心に広まったといわれています。

作り方は簡単。豆粒大の小石を紙や布で包んだものを2つ用意し、それらを1mほどの糸で結べば完成です。

これをトンボの正面から頭上を飛び越すように投げると、小石を虫(餌)だと勘違いしてブリを追います。結果、石の重みで回る糸に絡まって動けなくなり墜落します。ブリを外す際はゆっくり、体がちぎれないように丁寧に外してあげてください。

トンボを飼うにはどんなものが必要?

トンボを飼うにはどんなものが必要?

ここではトンボの成虫を飼育する際に必要なものを紹介します。ただしトンボは飼育が難しく、慣れていないとすぐに死なせてしまう恐れがあります。ある程度観察したら自然に帰してあげるにも一つの選択肢です。

飼育スペース

トンボのように飛翔する昆虫を飼育ケースで飼うのは難しいといえます。できるだけ自由に動き回れるよう、庭木や鉢木にネットを被せた中で放し飼いにするのがよいでしょう。

室内にトンボ専用のスペースを設け、蚊帳や古いカーテンなどで覆う手もあります。また、複数のダンボールを組み合わせて特大の飼育ケースを自作する方もいます。

どうしても飼育ケースしか用意できない場合は、できるだけ大きいものを用意してあげましょう。ただし、1日に1回は飼育ケースから出し、自由に飛び回らせてあげてください。

止まり木・小枝

トンボが体を休められるよう、足場となる止まり木を置いてあげましょう。飼育ケースの大きさに合わせて選んでください。自然にあるものを利用しても構いませんが、歓迎しない菌や寄生虫がいるケースがあるため要注意です。

トンボにはハエ、ガ、チョウなど生きている昆虫を与えるのが一番です。生き餌を捕獲するのが難しい場合は、爬虫類の餌用に販売されているコオロギや釣りに使うミルワーム、サバ虫などを購入するとよいでしょう。

なお、子供に「生き物を飼う大変さ」を理解してもらうために、餌集めを担ってもらうという手もあります。

水田や学校のプールに現れることからもわかるように、トンボにとって水は重要です。飼育スペース(ケース)内にも水がないと困るため、水場を作ってあげましょう。

スペースさえ許せば小型のビオトープ(いろいろな生物が暮らす場所)を作るのが理想ですが、難しい場合はトレーなどに水を入れておくだけでも構いません。飼育ケースの場合、霧吹きをかけてあげるのもよいでしょう。

トンボの上手な飼い方と注意点

トンボの上手な飼い方と注意点

ここでは、トンボの上手な飼い方と注意点を併せて解説します。たとえ短期間でもペットとして接するのですから、できるだけ快適な環境を用意してあげましょう。

新鮮な水を常備する

トンボにとって水場は生命線です。飼育下では限られた水場しかないため、常に新鮮な水を用意してあげましょう。特に真夏日はすぐに水が痛むため、適度な交換が必要です。

直射日光は避ける

トンボの種類にもよりますが、基本的に直射日光は避けたほうが無難です。飼育ケースの置き場所には注意しましょう。

餌はたっぷり与える

トンボはスマートな見た目とは裏腹にかなりの大食いです。例えばサバ虫であれば、1日に3~5個食べることもあります。餓死させないよう、生き餌はたっぷり与えてください。

どうしても虫が苦手な方や、捕まえるのが難しいという方は、ひき肉など細かく柔らかい肉でも代用可能です。口の前に持っていき、生きているかのように震わせると食べてくれることがあります。ただ、やはり生き餌に比べると食いつきはよくありません。

ヤゴを捕まえて成虫に育てるには?

ヤゴを捕まえて成虫に育てるには?

成虫ではなく、「ヤゴ」と呼ばれる幼虫を捕まえて羽化するまで育ててみたい方もいるでしょう。幼虫は水生昆虫であり、成虫とは飼い方・育て方がまったく異なります。ここでは、ヤゴを羽化させるまでの流れを解説します。

ちなみに、「ヤゴ」とは「ヤンマの子」の略称・通称であり、正しい呼び名ではありませんが、ここでは親しみを込めて「ヤゴ」と表記します。

ヤゴを捕まえて持ち帰る

ヤゴは公園の池や水田、小川、学校のプールなどの水辺にいます。種類によっている場所が異なりますが、育てやすいのは小川や田んぼにいる、アキアカネなどのヤゴです。流れのある川にいるヤンマなどのヤゴは少々難しいといえます。

タモなどで直接すくいますが、目を凝らしても見つからない場合は、水草や砂の中なども探してみましょう。足でかきまぜると出てくることがあります。捕まえたら、水と水草を入れたバケツなどに入れて持ち帰りましょう。

ヤゴの飼育環境を整える

水槽を用意し、底砂の砂利と足場や隠れ家となる水草、小石、木の棒などを入れてあげましょう。砂利は4~5cmあれば十分です。

飼育水は水道水で構いませんが、カルキ抜きは必要です。水道水を1日汲み置きしてから使うか、カルキ抜きを使用しましょう。また、水温は高すぎても低すぎてもいけません。約25℃を目安に調整してください。飼育ケースが小さな場合は、ろ過装置もあったほうが安全です。

ヤゴの餌も生きた昆虫

餌は成虫と変わらず、生きた昆虫や魚を食べています。ミミズ、ミジンコ、ヒメダカ、オタマジャクシ、アカムシなどを与えてください。餌の量は多すぎず、少なすぎずと調整が難しいため、毎日のお世話のなかで適量を覚えましょう。複数匹を飼う場合、餌が少ないと共食いを始めるため要注意です。

食べかすは水を汚す原因となるため、網などを使って取り除いてください。

餌を食べなくなったら羽化間近

ヤゴの食欲が減退し、翅部分が盛り上がってきたら羽化が近いと考えられます。羽化は水辺から上がって行うため、水面から10cm程度出るような棒を立ててあげるとよいでしょう。飼育ケースの天井が低い場合は、水量を少なくしてやるのもコツです。

通常、羽化は夜間に行われます。羽化が終わり、翅が伸びて乾いていたら逃してあげましょう。

目の前で「指ぐるぐる」はNG? トンボの飼い方Q&A

目の前で「指ぐるぐる」はNG? トンボの飼い方Q&A

トンボを飼うにあたり、もう少し気になる疑問や不安をQ&A形式でお答えします。

Q.トンボの前で指をぐるぐる回すと頭が取れると聞きましたが、事実でしょうか?

A.学術的に「そうである」とはいい切れない状態です。ただ、そのような経験をした方がいるのは確かなので、飼っているトンボの目の前で指をぐるぐる回すのは控えたほうがよいかもしれません。

ちなみに、指の円運動に釣られてトンボが目を回すかどうかも定かではありません。指を目で追うのは確かであり、油断する個体もいるにはいるでしょうが、捕まえ方の一つとして「効果がある」とまではいえないでしょう。

Q.庭にいるトンボが逆立ちしているのですが、何をしているのでしょうか?

A.真夏によく見られる光景ですね。お尻を持ち上げて止まっているトンボは、紫外線対策をしていると考えられます。逆立ちのような体勢になることで、太陽の光を浴びる面積を減らしているのでしょう。

ずっと観察していると、時間帯によってお尻の高さを変えたり、風向きによって体の向きを変えたりしている様子を観察できます。このように、トンボのなかには暑さが苦手な種類がいるため、飼育ケースの置き場所にはご注意ください。

Q.トンボは決して早く飛べないのに、どうして狩りがうまいのでしょうか?

A.トンボは丸くて大きな複眼を持っているため視野が広く、動体視力も優れています。視力は人間の基準でいえば0.01程度ですが、動体視力は10倍以上あります。加えて、ホバリングやバック、宙返りといった高い飛翔能力も生かしています。

庭やベランダにトンボを呼び寄せるのもおすすめ!

成虫のトンボは飼うのが難しい昆虫です。相応のスペースや豊富な餌を確保できない場合、数日観察したら逃してあげてはいかがでしょうか。

元気なトンボとたくさん触れ合いたい場合、トンボのほうから自宅に来てもらう方法もあります。庭やベランダに、簡易的なミニビオトープ(いろいろな生物が暮らす場所)を作ることです。

まず用意するものは、プランターや水鉢などの容器と黒土、川砂、小石など。土や砂を入れ、水を入れたらアシやガマなどの水草を植えます。ボウフラ対策、汚れ対策としてヒメダカ、タニシを数匹入れるとよいでしょう。小さな生態系を作ることが目的なので、餌を与える必要はありません。

トンボが発見してくれれば、自宅のミニビオトープを縄張りとし、居付いてくれるかもしれません。立地によってはトンボが来てくれないかもしれませんが、試してみる価値は十分あります。ミニビオトープに使う素材はセット販売していることもあるので、興味があればぜひお試しください。

※専門家・有識者のみなさま

本記事の内容については細心の注意を払っておりますが、行き届かない点、お気づきの点がある場合は、下記メールアドレスまでご連絡ください。迅速に対応させていただきます。

info_tonarinocz@cainz.co.jp

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから