リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

絶滅危惧種のタガメを飼育! 繁殖のコツや幼虫の飼い方とは?

スタッフ

カインズ How to ペット編

カインズ How to ペット編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のペット関連のコンテンツを文字起こししています。

タガメは日本最大の水性昆虫であり、ゲンゴロウを凌ぐ水性昆虫界のハンターです。迫力満点の見た目やダイナミックな捕食シーンに魅了され、タガメを飼ってみたくなった方も多いのではないでしょうか。

タガメには生き餌が必要ですが、飼育が特別に難しい昆虫ではありません。繁殖難易度は中程度で、コツさえ押さえれば累代飼育は十分に可能です。

そこでこの記事では、タガメの飼育方法をわかりやすく解説します。必要な飼育道具、餌の種類、弱らせない注意点などを幅広い視点から紹介するため、タガメを飼育してみたい方はぜひ参考にしてみてください。

タガメってどんな虫?

タガメってどんな虫?

学名 Lethocerus deyrolli
分類 カメムシ目 コオイムシ科
分布 北海道~琉球諸島、ロシア極東地域、朝鮮半島、中国、台湾など
体長 4.5~6.5cm
体色 薄茶色
食性 肉食
寿命 約1年

タガメは田んぼや湿地、用水路などに生息している水生昆虫です。カメムシの仲間であり、名前の由来も「田のカメムシ」からきています。ここでは、タガメの生態を紹介します。

外見上の特徴

タガメ最大の特徴は、いかにも強力そうな前脚の先端でしょう。鋭い鎌のようになっており、鋭利なトゲ状のものも見られます。

体長は約5~6.5cmとカブトムシ級の大きさで、オスよりメスのほうががっちりとした体格をしています。体色は、多くは茶褐色ですが、灰褐色に近いものもいます。

食性 

「水中のギャング」と呼ばれる肉食ハンターであり、鎌状の前脚で小魚やカエル、昆虫などを捕えて食べます。まれではありますが、自分より大きなヘビやカメを襲うこともあるほど獰猛です。

獲物を捕えると太いストローのような口先(口吻)を突き刺し、体内にタンパク質分解酵素を含む消化液を注入、ドロドロになった体組織を吸引します。この消化液は非常に強力なもので、人間でも刺されると激痛を伴うことが多いです。人体に影響が出る恐れは低いものの、タガメに素手で触れるのはやめましょう。

ちなみに、同じく水生昆虫の王と呼ばれるゲンゴロウは、弱った、あるいは死んだ生き物を食べるスカベンジャーであり、両者では標的が異なります。

活動サイクルと寿命

一般的に、タガメは5~7月に繁殖期を迎え、特に湿度の高い6月に繁殖が活発になります。交尾後のメスは水草などに70個ほどの卵塊を産み、オスが卵と孵化直後の幼虫を献身的にお世話するのが特徴です。ちなみに、産卵可能なメスがパートナーを見つけられない場合、すでに子育てに勤しんでいるオスの卵を破壊あるいは摂食し、自分の卵塊を産みつけて世話をさせるという行動に出ることもあります。

卵は、順調にいけば10日から2週間で孵化し、幼虫たちはほどなくして単独生活を始めます。タガメの幼虫はオタマジャクシなどを捕食しながら脱皮を繰り返し、5回目の脱皮で成虫となります。

新成虫は7月から9月にかけて出現し、10月を超えて水温が下がると徐々に陸上へ移動。落ち葉の下などに潜り込んで越冬します。暖かくなると水辺へ戻り、繁殖を終えてから死亡する個体が多いです。このことから、タガメの平均寿命は約1年といわれています。

タガメは販売されていない? 採集するには  

タガメは販売されていない?採集するには

タガメは1960年代以降に徐々に姿を消し、1980年頃にはほとんど見かけなくなってしまいました。原因は大量散布された農薬による水質汚染だといわれていますが、次のような理由も大きく関係していると考えられます。

  • 耕作者の高齢化などによる乾田化
  • 都市開発による減反
  • 外灯の増加
  • 販売目的による乱獲
  • アメリカザリガニやウシガエルといった外来種の増加

このような状況から、タガメは2020年2月20日から国内希少野生動植物種の「特定第二種」に指定されており、商業目的の採集・販売が禁止されました。研究・趣味目的で飼うのは問題ないとされているため、入手するには自然採集するほかありません。

タガメを捕まえるには?

環境省の情報などを参考にし、タガメが生息している地域の水田や池をくまなく探してみましょう。タガメを見つけやすい時期は、成虫が出現する4月頃から、繁殖活動で活発になる9月頃までです。冬は落ち葉などの下に隠れているため見つけにくいでしょう。

準備するものは、タガメをすくう網と家に持ち帰るまで保管しておくプラケースです。タガメは飛行能力があるため、ふたがしっかり閉まるものを用意してください。

タガメは夜行性で、日中は岸辺の植物の茎などに捕まって休んでいることが多いです。網を使い、水草のまわりを大胆にすくってみましょう。

夜まで待てば活動的になり、水中を泳ぐタガメを発見できる可能性は高まります。ただし意外に警戒心が強く、不用意に歩くと足音に驚いて隠れてしまいます。

多くの昆虫と同じく光に集まる性質もあるため、外灯周りを探してみるのもおすすめです。

タガメを飼育するのに必要な道具

タガメを飼うために必要なもの

タガメを飼育する際は、次のものを用意しましょう

  • 飼育容器(ふた付き)
  • ろ過装置(フィルター)
  • 床材
  • 水草・ライト
  • 足場
  • 飼育水

飼育ケース(ふた付き)

タガメは水槽でもプラケースでも問題なく飼えますが、飛行して逃げていかないよう、ふたができることが条件です。容器の大きさは、タガメを飼育する数にもよりますが、1ペア(2匹)なら30cm、2ペア(4匹)なら45cmを目安にするとよいでしょう。

ろ過装置(フィルター)

頻繁に水換えしない場合は必須ではありませんが、ろ過装置があると何かと便利です。水槽とセットになっているものを使用してもよいでしょう。タガメの泳ぎの妨げとならないよう、水流は弱めにセットしておいてください。

床材

床材は必須ではありませんが、水草を植えるためや、水質保全に役立てる意味で、あったほうが飼育は楽になります。タガメを採集した場所の砂利などでも構いませんが、水の汚れ防止や水草の養分に貢献する市販の商品もあります。

水草・ライト

水草は水質改善や酸素の供給源として役立ちます。サンショウモ、マツモ、アナカリス、ホテイアオイ、カボンバなどがよく選ばれているため、複数を植えておくとよいでしょう。光合成に必要な光源は、コンパクトなLEDが便利です。

足場

タガメは水上に出て甲羅干しをする習性があります。また、水上の草の茎や杭などに産卵するため、水面より15~20cmほど突き出る足場を用意してあげましょう。

よく使われるのは、流木や園芸に使われるヘゴ木支柱、鉢底ネットを丸めたものなどです。足場が安定しない場合は、生け花用の剣山などを使うと垂直状態を保ちやすいです。

飼育水

飼育水は水道水で構いませんが、そのままではカルキによるダメージを受けてしまう恐れがあります。バケツなどに半日以上汲み置きした水道水を使用するか、水質調整剤を使用しましょう。水滴タイプの水質調整剤であれば、一瞬で塩素を中和できます。

タガメは小魚やカエル、ほかの水性昆虫などを食べているため、さまざまな生き餌を用意してあげるのが理想ですが、現実的には難しいでしょう。

したがって、メダカや金魚、ドジョウ、餌用のコオロギ(イエコ)などで代用するのが一般的です。ただし、タガメの幼虫は小魚以外に興味を示さないことが多いため、メダカや金魚、入手できるのであればオタマジャクシを与えましょう。

タガメの上手な飼い方と注意点

タガメの上手な飼い方と注意点

タガメには生き餌が必要なため、飼育の手間がかからないとはいえませんが、比較的丈夫であり、ほかの水生昆虫よりも飼いやすいといえます。しかし、実は水温の上昇には弱いなど、油断すると一気に弱ってしまう恐れもあります。

ここでは、タガメを上手に飼育する方法を注意点も踏まえて紹介します。

水温は30度以内に

タガメは低温には強い半面、高温には弱いです。特に30℃を超える夏場は要注意で、徐々に衰弱していき、最悪の場合死んでしまいます。屋外で飼育している場合は、直射日光が当たらず風通しの良い場所で飼育しましょう。

定期的に水換えする

タガメに限らず、肉食性の水生生物は水を汚しやすい傾向にあります。タガメの成虫は水質の変化に比較的強いものの、餌の食べ残しを放置するのは危険です。死んだメダカなどから出た油で水はどんどん汚れていきます。食べ残しは発見次第、速やかに取り除きましょう。

餌は基本的に週1~2回

餌やりは週に1~2回で構いませんが、時期や個体によって多少変わることはあります。餌不足になると共食いが起こるため、食べ残し具合を観察しながら調整してみてください。

ただ、繁殖を考えるのであれば、産卵を控えて食欲旺盛になるメスに応えてあげなければなりません。餌代がかさむ恐れがあるため、安価なメダカや金魚(小赤)を与えるのがおすすめです。

水深・水上空間に気を配る

水深を深くしすぎると、タガメが餌を取りにくくなるうえ、食べ残しの除去もしづらくなります。深くても20cmほどに留めましょう。

なお、甲羅干しや産卵にはある程度の水上空間を必要とするため、10cm程度の高さが必要です。これらを考慮できる飼育容器を選んでください。

混泳はさせない

タガメは同種でも喧嘩・共食いするほど獰猛です。たとえゲンゴロウであっても安全とはいえないため、繁殖を目指さない限りは単独飼育を基本としましょう。

タガメを繁殖させるには? 幼虫の飼育方法

タガメを繁殖させるには 

長くタガメを飼育していきたい方は、飼っている個体の繁殖にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ここでは、タガメをペアリングさせ、幼虫を育てる方法について紹介します。

オスとメスの見分け方

一般的にオスよりメスのほうが大きいため、体長で見分ける方法もありますが、個体差もあります。確実に雌雄を見分けるには、タガメをつかんで腹部の下方(亜生殖板)を確認してみることです。オスは尖っているのに対し、メスは欠けています。

ペアリングのコツ

普段からオスとメスを同居させるのもよいですが、狭い水槽内では喧嘩をするかもしれません。また、餌が不足していると共食いすることもあります。ペアリングの成功率を高めるなら、オスとメスの「繁殖OKのサイン」を見逃さないことです。

  • オス:日没後に腹部を水面に打ち付けている
  • メス:腹部が青緑色に変色し、抱卵で膨らんでいる

両者の準備が整っているタイミングで同居させると、多くのケースでその日の夜間に交尾・産卵します。

メスを隔離する

産卵後のメスは変わらず食欲旺盛で、オスを襲うだけでなく、自分が生んだ卵まで食べてしまうことがあります。卵を確認したら、メスは別の水槽に移しましょう。

卵の世話はオスに任せておけば問題ありませんが、万が一オスが死んでしまった場合は、飼い主さんが給水してあげてください。

孵化した幼虫にも生き餌を与える

スムーズにいけば、10日~2週間で幼虫が孵化します。約1cmの赤ちゃんといえど立派な肉食昆虫なので、オタマジャクシやメダカを与えてください。ただ、自然採集した生き餌は農薬に侵されている恐れがあるため、アクアリウム店などで購入できる生き餌が安全です。大きな餌であれば、赤ちゃんタガメが集団で襲う様子も観察できます。

餌は豊富にストックしておく

タガメの幼虫は5回の脱皮を繰り返して新成虫になります。1令から5令までの期間は40~50日と、かなりのスピードで大きくなるうえ、1回の脱皮で約45%大きくなるといわれています。成長度合いに見合った餌を過不足なく用意しましょう。

幼虫同士の共食いも起こりますが、2令くらいまでは自然の摂理に任せ、ある程度の淘汰を見守るという考えもあります。

頻繁な水換えが必要

大量の生き餌を投入する結果、多くの食べ残しが出てしまうため、水換えは毎日行いましょう。幼虫のタガメが死んでしまう理由は、多くが餌不足と水質悪化です。とはいえ、初めて繁殖にチャレンジした方の場合、10匹も生き残れば大成功だという意見もあります。全滅する事例も珍しくないため、多くの幼虫を死なせてしまってもあまり気になさらないでください。

羽化直後になると体色が緑色から茶色に変わり、最終脱皮=羽化します。体が固くなるまで30分ほどはそっと見守ってあげましょう。

さいごに:タガメは希少種だということを忘れずに!

タガメは希少種

タガメは、地域によっては絶滅している希少種です。現状、趣味での飼育は認められているものの、むやみに捕獲するのは止めましょう。また、自然採集した個体だからといって、飼育したタガメを別の場所に放つことも危険です。

絶滅を危惧されている生き物を飼う前には、その生き物についてよく知ることが大切です。地方自治体や地域の交流団体などが実施するイベントなどに参加し、保全の取り組みについて学んでみるのもよいでしょう。タガメの生息に適したビオトープ作りに力を入れている地域もあり、興味深い知見を得られるかもしれません。

※専門家・有識者のみなさま

本記事の内容については細心の注意を払っておりますが、行き届かない点、お気づきの点がある場合は、下記メールアドレスまでご連絡ください。迅速に対応させていただきます。

info_tonarinocz@cainz.co.jp

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから