リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

【クローゼット収納のコツ】3つの「ゾーン」に分けて考える簡単収納術

調べてみた

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

クローゼット収納の基本的な考え方

収納の秘訣は、必要なものが取り出しやすくなるように工夫することです。そのためにまず、必要なものと不要なものを分け、不要なものは処分しましょう。

クローゼット収納 基本

必要なものを整理できたら、クローゼットのどこに収納していくかを考えます。クローゼットを「上・中・下段」の3つのゾーンに分け、出し入れの頻度によって適切な場所に収納しましょう。

【ゾーン別】クローゼットの収納術1:中段

クローゼット収納 中段1

クローゼットを開いて最初に目に入る場所であり、物を取り出しやすい中段には、よく使うものを入れましょう。ハンガーをかけるレールもあるので、コートやジャケットなどの吊るしておきたい洋服を収納できます。長い丈のコートなどは端にかけ、中央には短い丈の物をかけておくようにすると、中央あたりにスペースができて下段に物を入れやすくなります。

クローゼット収納 中段2

畳んで収納したいワイシャツや、型崩れが気になる帽子などは、レールに吊るしておけるタイプの布製ラックを使用するときれいに保管できます。

【ゾーン別】クローゼットの収納術2:下段

クローゼット収納 下段1

下段は、だいたい腰から下くらいのスペースです。中段にかけた服が折れないように、その下のスペースを利用して、クローゼット用の引き出しや収納ラックなどを入れましょう。

クローゼット収納 下段2

引き出しには、Tシャツ・トレーナー・ジーンズなど、畳んで収納するものを入れます。

クローゼット収納 下段3

アルバム・本・ミシン・アイロンなどの重いアイテムは、下段に収納しておきます。キャスター付きのパイプラックを使うと取り出しやすくなります。

【ゾーン別】クローゼットの収納術3:上段

クローゼット収納 上段1

上段は、中段・下段に比べると取り出しにくい場所なので、普段あまり使わないものやシーズンオフのものを、軽い布製ボックスやカゴに入れて収納しましょう。

クローゼット収納 上段2

ボックスティッシュやトイレットペーパーなどの日用品のストックを入れておくのもおすすめです。

クローゼットをさらに使いやすくするためのポイント

クローゼットをより使いやすくするために知っておきたい、収納するときのポイントを紹介します。

クローゼット収納 ポイント1

1. 同じ種類のハンガーに統一する

ハンガーにはいろいろなタイプのものがありますが、なるべく同じ種類に統一しましょう。

クローゼット収納 ポイント2

吊るした服の肩の位置が揃い、選びやすくなります。

クローゼット収納 ポイント2

2. 中身がわかるようにラベルをつける

クローゼット用の引き出しに収納するときは、中身がわかるよう、印字テープやマスキングテープなどでラベルをつけましょう。

クローゼット収納 ポイント4

3.用途別にグルーピングする

アイロンと霧吹きは同じ箱に入れておくなど、用途が同じ物は一緒に入れておくと便利です。

まとめ

クローゼットの収納は、使う頻度や重さなどを考えて上・中・下段に分けましょう。また、ラベルを貼ったり用途別にまとめておいたりと、ちょっとした工夫でより使いやすくなります。クローゼットを整理するときの参考にしてください。

クローゼットの収納術を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから