リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

キッチン扉を簡単リメイク! モールディングを使ったDIYで欧風テイストに大変身!

ユーザー

ドリルビット前山

ドリルビット前山

築55年の古民家を、ほぼカインズ商品でリフォームする「カインズハウス」を建設中。

モールディングを使って、キッチンをおしゃれにしたい

今回は、友人がキッチンをDIYでリメイクしたいというので、手伝ってきました。

友人の家のキッチンは、ごくごく普通のシステムキッチンです。この味気ないキッチンを、モールディングを取り付けて塗装し、取っ手も交換して、アップデートしてきました!

作業前のキッチン

作業前のキッチンがこちら。

果たしてこのシンプルなキッチン、どれだけ変身するのでしょうか!?

モールディングとは?

キレイに着色!

モールディングとは、建築物や家具などに施す、凹凸のある装飾材のことです。あえて平面ではなく凹凸にすることで、光と影の陰影がつき、立体感のあるデザインを楽しむことができます。

海外の映画やドラマを見ると、建築物や家具の多くがモールディングされていますよね。今回は平面のキッチン扉をモールディングすることで、洋風のキッチンにアップデートすることを狙ってみました!

カインズでもモールディング材の取り扱いは沢山あります。

キッチン扉をリメイクする材料の紹介

今回のリメイクに必要な材料と工具を紹介します。

【材料】
・MDF材 12mm厚
・中性洗剤
・ラッカー薄め液
・ペーパー240番
・耐水ペーパー400番
・自動車用プラサフ
・ラッカースプレー
・隠し釘
・取手

【工具】
・電動ドリル
・ホルソー

モールディングDIYのやり方

今回は、トリマーで加工したような装飾的なモールディングではなく、直線的なモールディングを採用したかったので、MDF材から切り出して使うことにしました。

MDF材とは、木材のチップを加工してボード型にした平板です。軽量で強度があり、加工しやすいのが特徴。また、表面がツルツルで木目が目立たないので、ベタ塗りに適しています。そして何よりも素晴らしいのが「安い」ことです。

カインズで12mm厚のMDF材を購入し、カットサービスを利用して、幅45mmのモールディング材を必要分、切り出してもらいました。毎回言ってますが、これが本当に便利です!

材料がそろったので、早速作業をはじめていきましょう!

まずは、キッチン扉と取手を取り外します。電動ドライバーがあるとすぐに済みますよ。

キッチン扉と取手を取り外す

取り外したネジをなくさないように、保管しましょう。

ネジはなくさないよう保管を!

外した扉を中性洗剤で洗浄します。扉に付いた汚れを落とすことでキレイに塗装できます。

外した扉を中性洗剤で洗浄

友人宅のお風呂場で、ゴシゴシ洗います

水で洗い流したら、乾いたタオルでしっかりと拭き取りましょう。

水で洗い流す

次は事前にカットしたMDF材を扉に取り付けます。

ここで、ボンミス発生! タッカーで打ち付けてしまいました(笑)

タッカーのホッチキスの跡が目立ってしまい、パテ埋めして隠す余計な作業が…皆さんは隠し釘を使ってくださいね!

MDF材を扉に取り付ける

モールディングを取り付けた、塗装前の扉がこちら!

塗装前の扉

これで、四辺を囲む凹凸ができました。この状態で塗装することで、陰影が生まれ、ハイセンスな欧風デザインになる訳です。

ここから塗装工程に入ります!

まずは、ミスをリカバリー(泣)。タッカーを打ち付けた跡をパテで埋めます。パテが乾燥したら240番のペーパーで研磨しました。

ミスをリカバリーして塗装工程へ

研磨し終えたら、ラッカー薄め液などを使用して、ゴミや油分を取り除きます。

ラッカー薄め液などを使用

そして、ラッカースプレーで塗装! と言いたいところですが、ここでコツがあります。

MDF材は、水分を非常に吸収しやすいという性質があります。そのために、塗料を吸い込みやすく、ムラができやすいのでキレイに着色しません。そこで下地剤を使用してMDF材に皮膜層を作り、吸水性を抑えて塗装する必要があります。

この皮膜層をつくる下地材として、よくサンディングシーラーを使用しますが、何度も重ね塗りして研磨しなければならないので大変! ということで今回は、こちらを使用しました。

自動車用のプラサフ

ジャジャーン! 自動車用のプラサフ!

これが意外とイケる! と聞いたので試してみたいと思います!

10分以上の間隔を開けて2度塗り

10分以上の間隔を開けて2度塗りします。乾燥したら、耐水ペーパー400番で軽く研磨。

この時、モールディング部分だけでなく塗装面、全てを研磨します。これで、細かな凹凸を作って塗料の密着性を高めます!

ラッカースプレー

いよいよ、ラッカースプレーで色付けです。今回はミルキーホワイト! 果たして、キレイに着色できるのか!?

キレイに着色!

キレイに着色できました〜!

時短で簡単にMDF材の塗装を済ませたい方は、自動車用のプラサフオススメですよ!

最後に取っ手も真鍮に交換! 付属のネジが4mm幅だったので、5mmの穴をホルソーで空けて取り付けました!

タオルが掛けられる取手を採用

ひとつだけ、タオルが掛けられるように20cm幅の取手を採用

ビフォー

ビフォー

アフター

アフター

廻り縁のモールディングがアクセントになっていますね。

色味もグレーっぽいホワイトから、ベージュっぽいホワイトに変更して、優しい印象になりました!

モールディングDIYについてまとめ

大まかな工程は、MDF材を打ち付けて塗るという簡単な作業のDIYでしたが、キッチン扉が合計13枚あったので一日がかりの作業でした。

途中、タッカーで打ち付けてしまう失敗もありましたが回り道を楽しむのもDIYの醍醐味です(笑)

かかった材料費は一万円程度で、キッチンの印象を変えることができました。

MDF材の下塗りに自動車用のプラサフを使う裏技。時間短縮にもなりますし、スプレー塗装で簡単なので皆さんも是非お試しあれ!

キッチン扉のDIYでカインズで用意できる材料

MDF材 12mm厚
・中性洗剤
ラッカー薄め液
ペーパー240番
耐水ペーパー400番
自動車用プラサフ
ラッカースプレー
隠し釘

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから