リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

電気ケトルの白い汚れは水垢!掃除方法とおすすめグッズを紹介

スタッフ

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハックは、ホームセンターのカインズ (カインズホーム) が提案する日常で使える便利な知恵をお届けします。すぐに実践できる便利なTIPSや情報が盛りだくさん。

必要な量のお湯をサッと簡単に沸かしたいときに便利な電気ケトル。お茶やコーヒーを飲みたいとき、カップラーメンを食べたいときなど、頻繁に使っている方も多いと思います。

そんな電気ケトルですが基本的には水しか入れないため、他の調理家電と比べて洗う機会が少ないのが現状です。そのため、使っていくうちにケトルの内側にカビのような白い汚れがこびりついてしまい、気になっている方も多いのではないでしょうか。

実はこの白い汚れがでてきたら掃除のサイン。この記事では電気ケトルの掃除方法や、掃除に便利なグッズを紹介していきます。ぜひ参考に電気ケトルの掃除を行いましょう。

また、汚れがなく一見キレイに見えても、目に見えない汚れが溜まっているかもしれません。これまで1度も掃除したことがない場合も、この際にキレイに洗って気持ちよくお湯を沸かせるようにしましょう。

電気ケトルの白い汚れ:実はカビではなく水垢

電気ケトルの白い汚れ:実はカビではなく水垢

まずは、このケトルの内側についた白い汚れについて説明していきます。

カビのようにも見えますが、実は「水垢」。水分中のカルシウムやマグネシウム、ミネラルなどが蒸発・結晶化して固まることで容器にこびりつき、カビのように見えてしまうんです。実際にこの汚れを触ってみると、カリカリと粉っぽい感触がしてカビではないことがわかります。

ケトルは毎回100度近くまで温めて沸騰させており、カビが生息できる環境ではないので安心してください。

水垢を放置するとどうなる?

元々水分中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが結晶化したただけなので、基本的には放置しても人体への悪影響はありません。ただ水垢を溜めていると見た目も悪く、水を温める際に熱が伝わりにくくなってしまうことも。定期的に水垢が溜まっていないかチェックして、早めに掃除してキレイにしてあげるのがおすすめです。

また、残ったお湯をケトルに入れたままにすると、水垢が溜まりやすくなったり臭いがしてきたり、雑菌が繁殖する原因にもなってしまいます。なるべく残ったお湯はすぐ捨てて、再度沸かす際は新しい水を入れるようにしましょう。

【2,3度使ったら】電気ケトルの普段の掃除方法

【2,3度使ったら】電気ケトルの普段の掃除方法

ここからは、電気ケトルの掃除に必要なグッズと掃除の流れを紹介していきます。まずは水垢防止にも役立つ、普段から行いたい掃除方法を説明していくので、ぜひ参考にしてください。

必要なグッズ

  • ふきんなどの柔らかい布(2枚)
  • 重曹

必要なグッズはふきんと重曹の2つだけ。ふきんはケトルの外側を拭く用と、内側を拭く用の2枚用意してください。重曹は外側を磨く際に使用します。粉末タイプやスプレータイプなどさまざま種類がありますが、どちらでも使いやすいほうを用意してください。肌が弱い方はゴム手袋をして掃除するようにしましょう。

掃除の流れ

  1. ケトルの中の水をすべて捨てる。
  2. 中を水でよくすすぎ、柔らかいふきんでしっかり水滴を拭き取る。
  3. 重曹を水で溶かす(粉タイプの場合)
  4. ケトルの外側を柔らかい布で拭く本体を拭く。手垢など特に汚れているところは重曹を使って拭いていく。
  5. 注ぎ口カバーがある場合、注ぎ口カバーも拭く。

なるべくなら毎回使った後に行いたいですが、最低でも2,3度ごとにキレイに掃除するようにしましょう。

<注意ポイント>

  • ケトルの内側はスポンジでゴシゴシ擦らないこと。
  • 電源プレートやコンセント絶対に水につけないこと。

ケトルの内側のステンレス部分をスポンジでゴシゴシ洗ってしまうと、傷がついてしまうため柔らかい布でやさしく拭き取るようにしましょう。また、故障の原因にもなるため、電源プレートやコンセントは水につけないように注意して掃除を行ってください。

【1ヶ月に1度】汚れが目立ってきたときの掃除方法

【1ヶ月に1度】汚れが目立ってきたときの掃除方法

普段からよく水でゆすいだり、水滴を拭き取ったりしていても、繰り返し使っていると内側の白い汚れが気になってしまうと思います。ここからは水垢が目立ってきたときの掃除方法を紹介していきます。

必要なグッズ

  • ふきんなどの柔らかい布(2枚)
  • 重曹
  • クエン酸

上で紹介したグッズにプラスでクエン酸を用意するだけ。今回はお湯に溶かして水垢を落としていくので、粉末タイプのクエン酸がおすすめです。

クエン酸の代用品:お酢

水回りのお掃除に便利なクエン酸ですが、手元にないこともあると思います。そんなときは「お酢」を代用品として使うことができます。お酢はクエン酸と同じ酸性のため、アルカリ性である水垢を中和する働きがあるんです。

ただお酢を使うと、クエン酸とは違い、お酢特有の酸っぱいツンとした臭いが残ってしまうことも。お酢を使うときはよく水ですすぐようにしましょう。

掃除の流れ

■クエン酸を使う場合

  1. ケトルに水を満水まで入れる。
  2. そこにクエン酸を加えて沸騰させる。入れる量はクエン酸の使用方法を確認する。大体1〜1.2Lで3〜4杯ほど。
  3. 沸騰させたら2時間ほど放置する。
  4. 水でよくすすぎ、水滴をふきんで拭き取る。
  5. 注ぎ口カバーがある場合、注ぎ口カバーも拭く。
  6. ケトルの外側は水で溶かした重曹を使ってキレイに拭き取る。

■お酢を使う場合

  1. ケトルにコップ1杯分(大体150〜200mlほど)のお酢を入れる。
  2. 水を満水まで入れる。
  3. あとはクエン酸のときと同じように、沸騰させて2時間ほど放置させる。
  4. 臭いが気になる場合、よく水ですすぐか何度かお湯を沸かして臭いをとる。

水垢はどんどん溜まっていくため、中々掃除する機会がない場合でも、1ヶ月に1度はクエン酸やお酢を使って掃除するのがおすすめです。

電気ケトルの掃除で便利なおすすめグッズ

ここではケトルを掃除する際にあると便利なおすすめグッズを紹介していきます。

注ぎ口洗い 3本セット MA-007

ケトルの注ぎ口を掃除するのに便利なブラシです。長くケトルを使っていると、注ぎ口に水垢だけでなくホコリも溜まっていることも。ケトルだけでなくヤカンやポット、急須などの掃除にも便利なので、よりキレイに掃除したい方はぜひ持っておいて損はないアイテムです。

象印 ポットクエン酸 CD-KB03J

30g×4包入り。あらかじめ個包装されているので、測る手間がなくサッと使うことができます。クエン酸100%なので安心して使用できます。

小林 電気ケトル洗浄中 45g

45g×3包入り。こちらも個包装されているので、手軽にケトル内部の掃除ができます。

電気ケトルに関するQ&A

電気ケトルに関するQ&A

ここからは電気ケトルに関する疑問にお答えしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

Q:電気ケトルでミネラルウォーターを沸かしても大丈夫?

A:問題ありませんが、水垢がつきやすくなります。

電気ケトルでミネラルウオーターやアルカリイオン水などを沸かしても問題ありませんが、水道水に比べてミネラル成分豊富なため、水垢がつきやすくなります。とくに硬度の高いミネラルウォーターなど、水垢がつくだけでなく白い小さな浮遊物が浮くこともあります。ミネラルウォーターをよく沸かす場合は、クエン酸で掃除する頻度を増やすようにしましょう。

Q:電気ケトルを買い替える目安は?

A:次のような症状がある場合、買い替えを検討してください。

  • 電源プレートやコンセントが損傷している。
  • お湯を沸かしている際に、プレートや電源が異常に熱くなる。
  • コンセントを挿したままコードを動かすと、電源がついたりつかなかったりする。
  • 本体が異常に熱い・焦げ臭い。
  • 本体から中の水が漏れる。
  • その他、異常や故障、不具合がある。

購入して間もなかったり、保証期間内の場合は、メーカーに問い合わせて修理を依頼してみましょう。買い換える際はこちらの記事を参考にしてみてください。

電気ケトルのおすすめ7選! 電気ポットとの違いや選び方も合わせて解説!

まとめ:1ヶ月に1度はクエン酸でケトルの水垢掃除を

まとめ:1ヶ月に1度はクエン酸でケトルの水垢掃除を

いかがでしょうか。ここまで電気ケトルの気になる白い汚れについてや掃除方法、おすすめグッズなどを紹介しました。ケトルの水垢は基本的には人体に悪影響はありませんが、見た目も悪く熱の伝わりも弱くなってしまうため、定期的に掃除するようにしましょう。水滴を拭き取ったり、クエン酸を入れてお湯を沸かすだけだったりと、手軽にできるのでぜひ挑戦してみてください。

また、カインズでも電気ケトルの掃除に便利なグッズを多数取り扱っています。オンラインでも販売していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

▶カインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから