リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

オタマジャクシの上手な飼い方は?エサや飼育水からカエルになるまでの注意点

スタッフ

カインズ How to ペット編

カインズ How to ペット編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のペット関連のコンテンツを文字起こししています。

池や水田といった身近な淡水域ですいすいと泳いでいるオタマジャクシ。ご存知の通りカエルの幼生であり、頭が大きくて四肢がなく、尾が長い独特のフォルムをしているのが特徴です。

春先から初夏にかけて群生しており、捕まえること自体は簡単ですが、「ペットとして飼う」となれば話は別です。ほかの魚と比べて難易度は高くないものの、下手をすると一瞬で全滅してしまうことも。

そこで今回は、オタマジャクシの上手な飼い方を詳しく解説します。

オタマジャクシは「変態する」ことを意識して飼おう

おたまじゃくしは「変態する」ことを意識して飼おう

子供と大人で見た目が異なる生き物はたくさんいますが、なかでもおたまじゃくは特別な存在といえるかもしれません。

幼生の頃は外見も中身も魚類そのものなのに、やがて脚が生え、尾がなくなり、エラ呼吸から肺呼吸(一部は皮膚呼吸)に変わって上陸します。食生活も劇的に変わり、それまでは草食よりの雑食だったものがほぼ肉食になります。

このように、オタマジャクシは「変態する」ことを念頭に入れて飼う必要があります。成長する過程で別の生き物となっていき、生活様式がガラリと変わるのですから、成体になった後のことも考えた飼育環境を用意してあげましょう。

なお、オタマジャクシとカエルとでは飼育難易度がまったく異なります。エサ一つをとっても用意するのが大変なので、「オタマジャクシだけを飼ってみたかった」方は、成長したカエルを自然に帰してあげましょう。オタマジャクシを捕まえた場所で放してあげるのがおすすめです。

オタマジャクシを採取する方法

おたまじゃくしを採取する方法

ペットショップで購入する手もありますが、身近な淡水域に行けば簡単に捕まえられます。ここでは、オタマジャクシを採取する方法を紹介します。

いつ・どこにいる?

カエルの繁殖期は種類によって異なります。たとえば、農村部でも都市部でも見かけるアマガエルの産卵時期は5~6月頃です。一方、ヒキガエルは2~3月頃だといわれています。以上から、オタマジャクシは春先から初夏にかけて見かけることが多いでしょう。

産卵場所は、水田や池、湖、流れが緩い河川の浅場といった身近な淡水域がほとんどです。緑豊かな場所まで足を運べば発見できる確率が上がりますが、近所の池や川で見つけることも十分可能です。

用意する道具

必要なもの・あったほうが便利ものは次の通りです。

  • すくうもの
  • 入れるもの
  • 長靴または濡れてもOKな靴

水ごとすくえるものなら、コップでも柄杓でも何でも構いません。採取後は自宅まで持ち帰る必要があるので、丈夫で水がこぼれにくい容器がよいでしょう。透明で中身が見えるプラケースがおすすめです。

池や川などに入って捕獲する場合は、濡れても大丈夫な靴も用意しましょう。サンダルでも結構ですが、水底の小石などで足を怪我する恐れもあるので、長靴のほうが安心です。

オタマジャクシの捕まえ方

オタマジャクシは直で触ると死んでしまうほどデリケートなので、必ず周囲の水と一緒にすくってあげましょう。慣れていれば手ですくっても構いませんが、コップなどを利用したほうが安全です。

また、持ち帰る際は水温の上昇に注意する必要があります。特に車のトランクに入れて運ぶ場合は冷房が行き届かないばかりか、温度が急上昇するため要注意です。

オタマジャクシを飼うのに用意するもの

おたまじゃくしを飼うのに用意するもの

オタマジャクシの飼育に必要なもの、あったほうがよいものは次の通りです。

  • 水槽
  • 飼育水
  • エサ
  • 砂利や水草など
  • エアーポンプ

できるだけ死なせず育ててあげるために、飼育道具について一つひとつ解説します。

水槽・飼育ケース

ある程度の水量が入る容器なら何でも構いません。バケツでも大丈夫ですし、金魚鉢でも大丈夫です。

しかし、オタマジャクシは変態します。足が生え、飼育容器の側面などを登れるようになると脱走する恐れが出てきます。したがって、後々のことを考えるならフタ付きの容器のほうがおすすめです。

飼育水

飼育に使う水は、可能であれば採取した場所の水を使います。水換えごとに汲みにいくのが難しい場合は、水道水でも問題ありません。

ただし、水道水には塩素が入っているため、カルキ抜きをしてあげましょう。バケツやペットボトルなどに汲んだ水を日当たりの良い場所に2日ほど置いてやると、塩素が抜けます。急ぎの場合は沸騰させた水でも構いません。10分ほど沸騰させた後、十分に冷ましてから使用しましょう。

そのような手間をかけたくない方は、塩素を中和する薬剤の使用をおすすめします。入れるだけで水によく溶け、自作するよりも確実にカルキ抜きができます。

エサ

オタマジャクシは草食よりの雑食で、基本的には何でも食べてくれます。エサとしてよく与えられるのは茹でたホウレンソウやナッパ、カツオブシ、ニボシなどです。米やパンなども喜んで(?)食べます。

ただし、これらは飼育容器内の水を汚す原因になるのがネックです。オタマジャクシは多少、水が汚れているくらいで弱りはしませんが、掃除の手間が増えてしまうため、飼育水を汚しにくい人工飼料も用意しておくと便利です。

砂利や水草など

水の下に砂利や水草、コケ付きの石といった、自然の環境に近いものを入れてやるとなお良いです。特に水草は、オタマジャクシがつかまって休める場所になるほか、エサにもなります。

エアーポンプ

エアーポンプは基本的には必要ありません。エアーポンプを入れたがために水流が生まれ、オタマジャクシが弱ってしまったという例もあります。しかし、飼育容器があまりに小さい場合は酸素不足になることもあるため、水流に注意して使う分にはよいでしょう。エアーポンプの代わりにタブレット酸素やO2ストーン(酸素を出す石)を使う方もいます。

注意! オタマジャクシの飼育でやってはいけないこと

注意! オタマジャクシの飼育でやってはいけないポイント

ヤゴやゲンゴロウといった天敵がいない水槽でも、ちょっとしたミスでオタマジャクシを死なせてしまう恐れがあります。無事カエルに育ってもらうために、次に紹介する注意点を守って育ててあげましょう。

水位を深くしない

自由に泳ぎ回れるように水をたっぷり入れる方がいますが、オタマジャクシの飼育ではNGです。オタマジャクシは上下運動が得意ではなく、水位が深いと疲れてしまいます。水深は浅めに、大体オタマジャクシの体長の2倍(約5cm)にするのがセオリーです。

とはいえ、きっかり計測する必要はありません。田んぼの水深のように浅めであれば大丈夫です。

水温は25℃前後が一般的

飼育に最適な水温は種類によって異なり、たとえばリュウキュウカジカガエルのオタマジャクシは30~40℃の温泉地で生息していた例が報告されています。しかし一般的には、春から初夏にかけての水温、25℃前後が飼育適温です。

春や初夏といっても蒸し暑い日もあるため、水槽や飼育ケースを直射日光が当たる場所に置くのは危険です。

頻繁に水替えしない

オタマジャクシは水質が多少悪くなっても気にせず(?)生活してくれるので、頻繁な水換えは必要ありません。毎日のように水換えをすると逆にストレスを感じてしまう恐れもあります。

したがって、水は3~4日に1回程度で十分です。動物性のエサを与えていると水が汚れやすくなるため、明らかに濁ってきた場合は2~3日で換えてあげてもよいでしょう。

頻度よりも注意すべき点は水換えの量です。一度に総入れ替えすると驚いてしまう(生活環境が急変する)ので、半分程度だけ交換しましょう。もちろん、水道水を使うならカルキ抜きが必要です。

エサはバランス良く、頻度も守って与える

水質の汚れを気にするなら人工飼料がおすすめですが、それだけでは元気なカエルに育ってくれないかもしれません。雑食だからこそ、いろんなものをバランス良く食べさせてあげるのが理想です。

ただし、エサのやり過ぎには注意しましょう。食べ残しがあるとエサが腐り、水質が急速に悪化して水換えの手間が増えます。

過密状態で飼わない

狭い水槽や飼育ケースに大量のオタマジャクシを入れると、共食いが発生しやすくなります。また、過密状態で飼うと風船病(お腹が風船のように膨れ上がる)になりやすいという声も耳にします。

定員オーバーにならない目安は、幅60cm四方の水槽なら20匹程度です。ただし、成長して手狭になることを逆算すると5~6匹程度が理想でしょう。

素手で触らない

オタマジャクシを触ってみたくなる好奇心旺盛なお子さんもいますが、オタマジャクシの皮膚が傷つく恐れがあるため、素手で触ったり突付いたりするのはNGです。どうしても近くで観察したい場合は、両手で水と一緒にそうっとすくいあげて眺めましょう。

オタマジャクシに脚が生えてきたら

おたまじゃくしに脚が生えてきたら

順調に成長すると後ろ脚が生え、やがて前脚も伸び、カエルらしい姿に変態していきます。もはやオタマジャクシとは呼べないため、飼育の仕方も変えてあげなければいけません。ここでは、オタマジャクシの成長に合わせた飼い方を紹介します。

約1か月半~3か月で変態する

一般的に、オタマジャクシは早ければ1か月半、遅くても3か月ほどで変態が起こります。最初は尾に近いほうの脚から生え、しばらくすると顔近くの皮膚から前脚が伸びてきます。

この辺りから肺呼吸をする準備もし始めますが、尾がある間は陸に上がれません。4本の脚が生えそろい、尾も短くなったら立派な成体として上陸します。

陸地を作ってあげる

陸上に上がれるようになったら、石や砂などで足場を作ってあげる必要があります。というのも、すでにエラ呼吸から肺呼吸に変態しているため、水場しかないと生活しにくいのです。アマガエルなど、あまり水中に入らない種類だと溺れてしまう恐れもあります。

足場と水場の比率は半々程度にするとよいでしょう。歩いて上陸しやすいよう、石や砂を組み合わせてなだらかな坂を作ってあげるのがポイントです。

カエルは肉食

カエルは肉食であり、基本的には生きエサを食べます。自然界ではハエやミミズ、コオロギなどを食べているので、飼い主はそれらを捕まえてくるか、ペットショップやホームセンターなどで購入しましょう。生きた昆虫が苦手な方は、乾燥コオロギを与える手もあります。

人工餌も食べないことはありませんが、与え方に工夫が必要だったり、個体や種類によって好みがあったりと、少々手を焼くかもしれません。

飼育が難しければ元いた場所に戻す

カエルとオタマジャクシとでは飼育難易度が異なります。下手に飼って元気に育てられないくらいなら、オタマジャクシを採取した場所で逃してあげるほうがよいでしょう。無事に生き延びれば、翌年には同じ「ふるさと」に戻って産卵するかもしれません。

混泳させてもOK? オタマジャクシの飼い方Q&A

混泳させてもOK? オタマジャクシの飼い方Q&A

 

ここでは、オタマジャクシを飼うにあたってのちょっとした疑問にお答えします。すでに飼っている方も、これから飼おうと考えている方もぜひ参考にしてください。

Q.金魚やメダカなどと一緒に飼っても大丈夫?

A.問題はありませんが、推奨はしません。理由は大きく二つで、一つは捕食です。体格差がある段階では他の魚に食べられてしまう恐れがあります。

もう一つは変態です。オタマジャクシは魚類(のような生き物)から両生類に変化するうえ、成長スピードが早いため、他の魚と同じ環境下で飼うのが難しいといえます。

なお、種類の違うオタマジャクシの混泳もおすすめしません。理由は金魚やメダカと同じで、種類によって体格も成長スピードも異なるからです。

Q.飼っているオタマジャクシの種類が分かりません。

A.見分け方には工夫がいりますが、採取した場所、サイズ、特徴から見分けることは可能です。たとえば、次のような違いがあります。

  • ヒキガエル

在来種のヒキガエルのうち、アズマヒキガエルは東日本、ニホンヒキガエルは西日本に多く生息しています。オタマジャクシは全身真っ黒なのが特徴で、大きくても3cm程度です。

  • ニホンアマガエル

体長は5cmほどで、背中に黒い斑点が一つあります。両目が左右に離れているのも特徴のひとつです。

  • トノサマガエル

体長はアマガエルのオタマジャクシよりやや大きめの7cmほど。目から口先までの距離が長く、背面に線のような筋が見られます。水槽の下から覗くと、お腹が白いという特徴も確認できます。

  • ウシガエル

国内最大級のウシガエル(特定外来生物)は、オタマジャクシの姿でも大きく、最大で15cmに達する個体もいます。やや緑色を帯びた褐色をしており、白い点のようなものが見られるのも特徴です。

飼いやすいオタマジャクシの種類はどれでしょうか?

オタマジャクシの間は、どの種類も飼い方に大きな差異はありません。採取しやすい場所にいるオタマジャクシを飼うのはいかがでしょうか。

カエルになってからも飼い続けたい場合、育てやすいのはアマガエルやヒキガエルといわれています。アマガエルは大人になっても指先くらいの大きさなので、与える生き餌も小さな虫で済みます。ヒキガエルは大きな個体ゆえに丈夫で、動作は鈍くあまりは跳ねないため扱いやすいのが特徴です。

じっくり観察して楽しもう

じっくり観察して楽しもう

オタマジャクシは比較的手間がかからない生き物です。変態するため成長の過程を確認しやすく、お子さんの知育にもぴったりのペットといえるでしょう。

ただし、カエルになると飼い方の難易度がぐんと上がります。繰り返しになりますが、上手に育ててあげられる自信がない場合は、元いた場所で放してあげましょう。きっと、故郷で元気に育ってくれるはずです。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから