リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

「軟式globe」パークマンサーがキムタクに憧れ、農家に転身したアホ哲学

聞いてみた

パークマンサー

パークマンサー

農家・アーティスト。音楽ユニット「軟式globe」のラップ担当。2020年より富山県で農業を本格的に開始。その様子はYoutubeチャンネル「ParcTV」で随時配信中。TikTokも話題となっている。

農家になった、軟式globeパークマンサー

木村拓哉になりたかったパークマンサー

「僕、木村拓哉になりたかったんです」

そう語るのは、軟式globeのパークマンサーさん。2002年、人気バラエティ番組『学校へ行こう!』に出演し一世を風靡。globeの名曲『Love again』のメロディーにのせて掛け合う「アホだな~」「そうだよアホだよ♪」のフレーズは、当時の若者の間で大流行した。

彼は今、地元の富山県で農業を営みながら、畑から「そうだよアホだよ♪」とつぶやいている。

最後の番組出演から18年。その間は、役者として月9ドラマ出演、仕事がなくなりヒモ生活、プロポーズした恋人との別れ、そして農業との出合い…。ジェットコースターのような紆余曲折の人生を歩んできたパークマンサーさんに、転機となった過去の出来事や、現在の農業について語ってもらった。偶然と失敗に導かれるようなユニークな生き様には、先の見えない時代を楽しむヒントが詰まっている。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから