リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

カミキリムシ(テッポウムシ)の対策方法は? 予防と駆除方法を解説

スタッフ

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

木の表面に空いた小さな穴。もしかすると、カミキリムシの仕業かもしれません。

長い触角が特徴のカミキリムシは、植物に甚大な被害をもたらす厄介な害虫です。あごの力が強く、植物に穴を空けて卵を産み付けます。そして孵化した幼虫が木の中心部を食べて成長するため、木には空洞ができ枯れてしまうこともあるのです。

このページでは、そんな厄介なカミキリムシの対策方法として、予防法と駆除方法を紹介していきます。植物をカミキリムシから守り生長を守りましょう。

カミキリムシの特徴

花の上にとまるカミキリムシ

「髪を切る」ほど顎の力が強い

カミキリムシは、コウチュウ目カミキリムシ科に分類される甲虫の総称です。髪を切るほどあごの力が強いことから、カミキリムシという名前が付けられました。

また、植物に鉄砲で穴を開けたかのように侵入することから、テッポウムシとも呼ばれています。カミキリムシの幼虫をテッポウムシと呼ぶこともあります。

幼虫は樹木の中で木を食べながら成長する

カミキリムシは卵から成虫になるまでにサナギの期間を経る「完全変態」の昆虫です。産卵時期は6~10月で、樹木の中に卵を産み付け、1週間程度で孵化します。

孵化した幼虫は、半透明でクリーム色をしたいもむしで、植物の茎や木の幹の中で1~2年生活します。木の内部を食べて成長し、5~6月になると30日のサナギの時期を経て羽化し、木に大きな穴を開けて外に出ます。

成虫の寿命は2ヶ月ほど。枯れた木を食べてくれる「益虫」も

カミキリシの成虫は、長い触角と危険を察知したときに「キイキイ」と鳴く鳴き声が特徴です。体長は3 ㎜から20 ㎜と種類によって様々で、木の皮をたべる種類、植物の葉や茎を食べる種類、花の蜜を吸う種類などがいます。羽化してから2か月ほどが寿命です。

カミキリムシの中には、枯れた木を食べて分解してくれる益虫もいて、自然の循環を助ける役割も担っています。

カミキリムシの被害

木にとまるカミキリムシ

樹木の中を食べて枯らしてしまう

カミキリムシは、樹木だけではなく草花などあらゆる植物の茎や枝に侵入し、幹の中を食べて卵を産みます。また、花を食害することもあります。

穴を開けられた植物は弱ってしまい、枝や樹が枯れることもあります。庭や畑でカミキリムシの成虫を見かけた場合には、地面から50 cmくらいのところに傷や穴がないか確かめ、すでに卵を産み付けた後ではないかを確認しましょう。

幼虫は1~2年木の中にいるので空洞になる前に対策を

木の中に卵を産み付けられた植物は、幼虫が成長するまでの1~2年の間、幹の中を食べ続けられます。寄生していることに気が付かないと、対策が遅れて枯れてしまうこともあります。また、空洞ができるので、台風などの強風で木が折れてしまうこともあります。

幼虫は穴からおがくずや排泄物を外に出すので、おがくず状の排泄物が付いていないかを確認する必要があります。カミキリムシに毒はありませんが、噛む力がとても強いので、噛まれないように注意しましょう。

カミキリムシを予防する方法

ネットでカバーされた植物

カミキリムシの被害にあうと、その部分は回復しないので、被害に合わないように予防するのが1番です。

薬剤を散布する

予防するためには、カミキリムシ用の薬剤を定期的に散布する必要があります。5~11月の間に1~2回発生するので、その期間に薬剤を散布しましょう。

ネットでカバーする

成虫が植物に近寄ると、食害だけではなく、卵を産み付けられる危険性もあります。

大きな木をカバーするのは大変ですが、小さい木や草花であれば、防虫ネットや不織布を使って植物を覆うことで、成虫の侵入を物理的に防げます。成虫が特に発生しやすい5~7月に防ぐのがおすすめです。

樹勢を強くする

カミキリムシは弱った植物に寄生する傾向があるので、植物を元気に育てることが予防にも繋がります。元気な樹は幹が硬く被害を受けにくいほか、樹液が傷を守ってくれます。

樹勢を強くするためには、しっかり土づくりを行って肥料を適量施します。肥料が少なくてはいけませんが、肥料を与えすぎると根がダメージを受けて弱ってしまいます。肥料を与える時期と量に注意しましょう。

弱った枝を取り除く

成虫は弱った枝に住みついて、そこに産卵する傾向があります。弱った枝や老木を定期的に剪定することで、カミキリムシの産卵場所をなくしておきましょう。

穴がないかチェックする

カミキリムシは木に穴を掘って卵を産み付けます。地面から50 cmくらいのところに傷や穴がないか確かめましょう。

また、羽化した幼虫は穴からおがくずや排泄物を外に出すので、おがくず状の排泄物が付いていないかを確認します。

雑草はこまめに取り除く

木の周りに雑草が生えていると、雑草の中にカミキリムシが隠れてしまい、見逃す可能性があります。また、被害が出ていても雑草によって隠れてしまい、被害に気が付かず、被害が拡大してしまう可能性があります。

そうならないためにも、雑草を定期的に刈って見晴らしを良くしておきましょう。

カミキリムシの駆除

葉っぱにとまるカミキリムシ

見つけたらすぐに殺虫剤で駆除

カミキリムシは、見つけ次第すぐに駆除することが大切です。また、カミキリムシに食べられた穴を見つけたときも同様で、すぐに穴の中のカミキリムシを駆除する必要があります。

カミキリムシの駆除には、殺虫剤を使用します。穴の中にいる場合は、スプレータイプか液体の殺虫剤を使って、確実に穴の中に薬剤を入れましょう。

殺虫剤が効かないときは針金や木酢液を使う

カミキリムシの中には、殺虫剤に免疫のある種類がいます。そのため、殺虫剤を使った後も注意深く観察し、もし効いていない場合は他の方法で駆除する必要があります。

殺虫剤でも死ななかったカミキリムシは、針金を穴の中に入れて刺して駆除するか、幼虫なら掻き出してから駆除します。木酢液を浸したティッシュペーパーを穴に詰める方法も効果があります。

なお、食害されて空いてしまった穴は回復しないので、針金を入れてかき回しても問題ありません。

カミキリムシが空けた穴を修復する方法

木にとまるカミキリムシ

カミキリムシが空けた穴は、自然には回復しません。そのままにしておくと、見栄えが悪いだけではなく、再びカミキリムシの被害にあってしまう可能性もあります。

穴の補修はとても簡単で、木工用のパテやボンドで塞ぐだけでOKです。簡単にできるので、チャレンジしてみてください。

まとめ

今回は、カミキリムシの対策について紹介しました。カミキリムシは植物に穴を開け、枯らしてしまう厄介な害虫です。被害にあうとその部分は回復しないので、予防することが重要です。

予防する方法をいくつか紹介しましたが、農薬散布や防虫ネットで防ぎながら、樹勢を強くすることを心掛けましょう。住処を作らないために、不要な枝を処分したり、被害を見つけやすくするために除草したりすることも忘れないようにしましょう。

このページを参考に、カミキリムシから大切な木々を守りましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから