リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

植物が感染するさび病とは? 発生する原因や対策方法を詳しく解説

スタッフ

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

大切に育てた野菜や草花の葉が、なんだかサビたようなオレンジ色の斑点ができてしまった……!

それはもしかしたら「さび病」かもしれません。

さび病はさまざまな植物に発生しやすい病気で、拡大を防ぐためにも早期に適切な対応が必要です。

この記事ではさび病の基礎知識や対策、予防方法などについて解説します。

さび病とはどんな病気?

さび病とはどんな病気?

さび病とは、主に葉の表面にやや隆起した楕円形の病斑ができる病気です。その表皮が敗れるとオレンジの鉄サビのような粉末(胞子)が飛び散るようになります。飛び散った胞子によって周囲の植物にも二次感染が起こるため、注意が必要です。

病斑の色は白色、黒色、褐色、橙色など植物によって異なります。さび病が進行すると生育が阻害され、葉や茎などの形がゆがんだり、葉がねじれた状態になり、枯れてしまうこともあります。

「葉や茎にサビのような病斑ができた」「病斑が粉っぽい」という症状を確認したら、さび病を疑いましょう。

さび病の原因は「糸状菌」

さび病はカビの一種である糸状菌(しじょうきん)が原因で発症する病気です。

この糸状菌には多くの種類があり、植物によって感染する菌が決まっています。これらの菌は同じ植物にだけ寄生する「同種寄生菌」と2種類の植物を行き来しながら寄生する「異種寄生菌」に分けられ、空気や水によって媒介される病害です。

人体への感染は? 食用にしても大丈夫?

さび病は人体には感染しません。そのため、発症初期の葉や実であれば食用にしても問題ありませんが、病状が進行すると抗菌目的のファイトアレキシンという有害な物質が生成されるため、食用はは避けてください。

春や秋はさび病が発生しやすい季節

さび病は気温が9~18℃で発生し、24℃以上では増殖しません。そのため、真夏を除く4~11月に発生しやすくなります。低温で雨が多い時期に被害が目立つので、春や秋の雨が続く時期には特に注意が必要です。

さび病が発生しやすい植物

さび病は草花や野菜などさまざまな植物に感染する病気です。さび病が発症しやすい植物をご紹介します。

花木・草花類

さび病のバラ

  • バラ
  • アジサイ
  • キク
  • ツツジ
  • ユリ
  • ナデシコ
  • カーネーション
  • ベゴニア
  • アガベ
  • ヘクソカズラ
  • ミント など

異種寄生菌が寄生する組み合わせ

  • アジサイとスズタケ
  • ベゴニアとコアカソ
  • 芝とヘクソカズラ など

野菜類

さび病のネギ

  • カブ
  • 大根
  • 落花生
  • いんげん豆
  • 枝豆
  • しそ
  • ネギ
  • 玉ねぎ
  • ニラ
  • ニンニク
  • 小松菜
  • 水菜
  • とうもろこし
  • 小麦  など

異種寄生菌が寄生する組み合わせ

  • とうもろこしとカタバミ
  • 小麦とアキカラマツ など

果樹類

さび病のコーヒー

  • ぶどう
  • ビワ
  • 無花果
  • コーヒー など

異種寄生菌が寄生する組み合わせ

  • ぶどうとアワブキ
  • 梨とビャクシン など

さび病に感染させないための予防方法

さび病は栽培環境の管理で感染を未然に防いだり、農薬の散布で病原菌の侵入を防ぐことで防除できます。

育てた植物がさび病に感染しないために効果的な予防方法について解説します。

植え付け前に周囲をキレイに除草する

除草作業

さび病の病原菌は生きた植物上で越冬や越夏します。周囲にあった雑草が感染し、胞子が飛んできて野菜や草花などに伝染してしまう恐れもあるので、植え付け前に周囲を除草しておきましょう。

元気な株が育つような栽培環境を整える

畝

さび病は湿度が高くなると胞子が作られやすくなります。水はけのよい栽培環境をつくることが大切。

畝をつくったり、腐植土やバーミキュライトなどを投入して土壌改良をするのも効果的です。

肥料は適切なタイミングと量を守って

肥料

窒素過多になると株が軟弱になり、病原菌に感染しやすくなります。バランスの良い肥料を適切なタイミングと量を守って与えましょう。

間引きや剪定で風通しを良くする

間引き

風通しが良くなるように、間引きや剪定をするようにしましょう。古い葉や傷んだ葉は摘み取っておくことも大切です。

異種寄生菌が寄生する組み合わせの混植を避ける

トウモロコシ畑

とうもろこしとカタバミのように、異種寄生菌が寄生する組み合わせを近くで栽培すると感染が広がりやすくなってしまいます。混植しないように気を付けてくださいね。

発症した葉を発見したら速やかに処分する

被害部分を摘み取る

もしさび病の感染してしまった葉を見つけたとしても、速やかに被害箇所を処分することで感染を広げずに済むかもしれません。

胞子が飛び散らないように気を付けて、栽培場所から離れた場所で処分するようにしてください。

農薬を使用して予防する

定期的に農薬を散布することでさび病の予防効果を高めることができます。複数の農薬をローテションして使用することで薬剤への耐性が付きにくくなるのでおすすめです。

農薬を使用する際は、使用する植物に対応しているか事前に確認してから使用しましょう。

さび病に感染してしまった時の対処法

しっかり予防をしていても、さび病の感染が避けられない場合もあります。もしさび病の被害が発生してしまったら、どのように対処すればよいのかを解説します。

何よりも早期に対応することで二次感染を防ぐことにつながりますので、見つけたらすぐに他行動するようにしてくださいね。

ただちに被害部分を除去する

さび病のバラの葉

さび病の病斑を見つけたり、胞子が散ってしまっているのを見つけたら、ただちに被害部分を除去してください。

除去した部分は、胞子が飛び散らないようにビニール袋などに入れて持ち出し、離れた場所で焼却などをして処理しましょう。

周囲の葉にも感染しているところがないかよく確認してみてください。

薬剤で治療する

発生初期のうちに薬剤を撒くのも治療になります。

さび病に効果がある薬剤はさまざまありますが、対象となる植物とその薬剤の使用条件が合っていることを確認してから使用しましょう。

さび病は早期発見で拡大を防げる!

さび病のトウモロコシ

さび病の病原菌は生きた植物にだけ感染します。胞子を飛び散らせないように対処したり、事前に予防することも可能です。

もし感染してしまっても、早期に対処することで治療することもできますので、よく観察し、感染を広げないようにしましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから