リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

カタツムリを飼ってみたい! 簡単な飼い方と注意点をまとめて解説

スタッフ

カインズ How to ペット編

カインズ How to ペット編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のペット関連のコンテンツを文字起こししています。

ナルトのような渦巻き模様の殻がトレードマークのカタツムリ。「デンデンムシ」「デデムシ」「マイマイ」といった呼び名もあり、見た目のかわいらしさから子供たちに人気です。「飼ってみたい!」というお子さんもいるのではないでしょうか。

しかし、カタツムリは森林伐採や気候変動などで減少傾向にあり、自然豊かな地域でないと見つけるのが難しくなりました。カタツムリを取り扱っているペットショップもありますが、数が多いとはいえません。

カタツムリはどうすれば入手できるのか? 飼育するのに何が必要か? どれくらい生きるのか?など、この記事ではカタツムリの飼い方全般をわかりやすく解説します。カタツムリがもたらす意外な注意点もあるため、カタツムリを飼いたい方はぜひ参考にしてみてください。

カタツムリってどんな生き物?

カタツムリってどんな生き物?

カタツムリは童謠にも登場する身近な生き物ですが、その生態を知る人はあまりいません。カタツムリとはどのような生物なのか、ナメクジとの違いはどこにあるのか、カタツムリを飼う前にその生態を知っておきましょう。

カタツムリは貝の仲間

カタツムリは陸に生息する貝の仲間です。タニシやウミウシといった腹足類の一種ですが、肺呼吸ができるため、陸に上がって生活ができます。

見ての通り移動能力が低く、特定の地域に孤立したグループがいくつもでき、それぞれが別種に進化していった歴史があります。結果、国内だけでも約800種類ものカタツムリが確認されています。

ちなみに、カタツムリというのはあくまで通称で、漢字では「蝸牛(かぎゅう)」、学術名ではマイマイと呼びます。カタツムリとそうでない陸貝とを区別する厳密な定義はありません。

ナメクジとの違いは殻の有無だけ

カタツムリをカタツムリたらしめているのは背中の殻です。5~6層のらせん模様を持ち、突然変異した一部の種類を除いてほとんどが右巻きです。

殻は体内で分泌した炭酸カルシウムでできており、中には心臓や肺、腸、生殖器などの内蔵が入っています。ヤドカリのように外部から調達するものではないため、はがすと死んでしまいます。

一方、ナメクジに殻はありませんが、生物としてはほとんどカタツムリと同じです。共通の祖先を持ち、進化の過程で殻を不要とした種がナメクジになりました。ナメクジは殻を捨てることで身軽さを手に入れたのです。ただし、人間からは「不快害虫」として見なされ、忌み嫌われる運命をたどることになります。

カタツムリは何でも食べる?

カタツムリは広食性を持ち、好き嫌いなく何でも食べる傾向があります。植物であれば葉や茎だけでなく、花びら、落ち葉まで食べることもあるほどです。また、野生のキノコにはカタツムリやナメクジの食痕が確認されています。

殻を維持するにはカルシウムが必要なため、コンクリートや石のほか、死んだカタツムリの殻を食べることもあるといわれています。

雌雄同体で寿命は3~5年?

カタツムリは春から梅雨にかけて産卵シーズンを迎えるのが一般的です。雌雄同体なので単独繁殖も可能ですが、確実に受精するために別の個体と交尾します。

一度に30~40の卵を産みますが、無事に孵化できても鳥に食べられてしまうことも多いです。ただ、フンとなって排出された後に生き延びるカタツムリもいることがわかっています。

カタツムリにとって過ごしやすいのは春先や秋頃で、夏の猛暑や冬の厳寒時は休眠します。小型種であれば1~3年ほどで寿命を迎えますが、大型種であれば5年以上生きるといわれています。

カタツムリの種類と入手方法

カタツムリの種類と入手方法

カタツムリは雑木林や森林公園といった、自然豊かな場所に行けば出会える可能性が高いです。木の葉の裏側、落ち葉や枝の上などをよく見てみましょう。

ただし、真夏と真冬は休眠しているので空振りに終わる可能性が大です。おすすめは梅雨時または9~10月の台風シーズン。特に小雨が降る午前中に活発になる傾向があります。

飼いやすいカタツムリの種類は?

カタツムリは国内だけでも約800種が生息しており、実に多種多様です。ただ、どのカタツムリでも基本的な飼い方や飼育難易度は変わらないため、発見できたものを捕まえるとよいでしょう。

用意するものは虫かごと手袋くらいで十分です。後述しますが、カタツムリには寄生虫がいることがあるので、素手で触るのは控えましょう。

下記は、数いるカタツムリのなかでもほんの一部です。広域種もいますが、特定の地域で繁殖を遂げてきた「ご当地マイマイ」と呼ばれるカタツムリもいます。

ニッポンマイマイ

  • 分類:ナンバンマイマイ科
  • 大きさ:中型
  • 生息地:本州全般

日本で最初に学名が付けられたカタツムリで、本州に広く分布する中型の品種です。殻は山形に尖っており、黄褐色から濃褐色をしているのが特徴。山林など自然豊かな場所で見られ、基本的には樹上で生活しています。

エゾマイマイ

  • 分類:オナジマイマイ科
  • 大きさ:中~大型
  • 生息地:主に北海道

北海道に分布しており、サッポロマイマイと共にご当地を代表するカタツムリです。殻の色や模様が個体によって異なるため見分け方が難しいですが、その分個性豊かな姿を楽しめるという魅力があります。

ミスジマイマイ

  • 分類:オナジマイマイ科
  • 大きさ:中型
  • 生息地:主に関東地方

関東地方に広く生息しているカタツムリ。ただ、新潟県で発見された報道もあり、今後は分布を広げる可能性もあります。特徴は殻に入っている褐色の筋で、ほとんどが3本ですが、個体によっては1本や2本のものもいます。殻の色にも個体差が見られ、バラエティ豊かです。

ヒダリマキマイマイ

  • 分類:オナジマイマイ科
  • 大きさ:中~大型
  • 生息地:本州全般

名称の通り殻の渦が左巻きのカタツムリです。本州にかけて広く分布していますが、主に雑木林や草原で暮らしており、枯れ葉やキノコなどを食べています。右巻きのカタツムリとは殻の模様だけでなく、臓器の位置も左右反対なので、繁殖させるなら同じヒダリマキマイマイを同居させる必要があります。

クチベニマイマイ

  • 分類:オナジマイマイ科
  • 大きさ:中型
  • 生息地:主に関西地方

口紅色に染まった殻口がトレードマークのカタツムリです。近畿地方や中部地方ではおなじみの品種といえ、山地や平地の樹上で見かけること多い種です。

コハクオナジマイマイ

  • 分類:オナジマイマイ科
  • 大きさ:小型
  • 生息地:主に九州~中国地方西部

殻が平たく角張っているのが特徴のカタツムリで、色は薄い黄色や白色です。発見時は九州地方の新種でしたが、現在は関西や関東でも確認されており、人間の活動に伴って移動した「国内外来種」だとみられています。

オキナワウスカワマイマイ

  • 分類:オナジマイマイ科
  • 大きさ:中型
  • 生息地:沖縄県

ウスカワマイマイの一種で、沖縄県ではもっとも身近といえる一般的なカタツムリです。畑地から海岸林まで幅広い場所に住み、民家の庭にいることもあります。

カタツムリはペットショップで入手できる?

カタツムリを捕まえなれない場合は、ペットショップで入手することも可能です。残念ながら需要が多いとはいえないため取扱店は限られますが、ネットショップのほか、対面販売のお店もあります。

価格は数百円~1,000円程度と安価ですが、海外産の珍しい品種は値が張るケースが多いです。ただ、カタツムリに限らず海外の生き物は条約等の規制があり、それらを正規にクリアしているお店は限定されます。

カタツムリを飼うために必要なもの

カタツムリを飼うために必要なもの

カタツムリを手に入れたら、快適に生活できる環境を用意してあげましょう。必要なものは次の通りです。

  • 飼育ケース
  • 落ち葉や木の枝、水苔など
  • 霧吹き
  • エサ

飼育ケース 

短期間の飼育であれば、ペットボトルを半分に切ったものや丸い瓶などで構いません。カタツムリをよく観察できるよう、透明のケースがおすすめです。呼吸できるよう、蓋には空気穴を開けてください。目の荒いガーゼを蓋代わりにする方法もあります(輪ゴムなどで止めます)。

長期にわたって飼育する場合は、大きめの水槽や虫かごを用意することをおすすめします。カタツムリが十分に動き回れるスペースを確保でき、石やミズゴケといった装飾品も配置しやすくなります。

土はカタツムリを見つけた場所の土を採取してもよいですが、有害な細菌やそれを媒介する虫が紛れ込んでいる恐れもあります。安全を重視し、昆虫用に販売されている腐葉土をおすすめします。園芸用の土を使う場合は、殺虫剤や化学肥料が使われていない商品を選びましょう。

落ち葉や木の枝、水苔など

できるだけ自然界に近づける意味で、土の上に装飾品を足してやります。落ち葉や木の葉、枝、小石などを入れるとよいでしょう。カタツムリが登ったり降りたり、また隠れたりでき、居心地が良くなります。ミズゴケも入れると飼育ケース内の保湿を保てます。

なお、あまりに大きな石を入れると、石に登ったカタツムリが落ちる恐れがあります。落下の衝撃で殻が傷つくと命に関わるため、おすすめしません。

霧吹き

霧吹きは飼育ケース内の湿気を保つための必需品です。大量の水を直接浴びせたり、水たまりができるほど入れたりするとカタツムリが溺れる恐れがあるため止めましょう。

エサ

カタツムリは食べ物にこだわりがなく、野菜や果物であれば何でも喜んで(?)食べます。ペットのカタツムリに与える定番のエサはニンジンやキュウリ、キャベツ、白菜などです。個体によって好き嫌いがあり、生肉や生卵を食べるカタツムリもいます。ペットの好みを把握するために、いろいろと与えてみるのもよいでしょう。

なお、カタツムリといえば紫陽花ですが、紫陽花の葉には青酸配糖体という毒素があるため、カタツムリは食べません。食べるわけでもないのになぜ紫陽花の上にいるのかは、「単に活動時期と開花時期が重なるため」「強い雨から身を隠すため」といわれています。

カタツムリの上手な飼い方と注意点

カタツムリを飼育するためのアイテムがそろっても、適切な飼い方をしないと死なせてしまいます。ここでは、カタツムリの上手な育て方と、それに伴う注意点を解説します。

霧吹きは最低でも2日に1回。水温には注意

カタツムリは乾燥が大の苦手です。飼育ケース内の水苔や落ち葉が乾く前に霧吹きで水を吹きかけましょう。

ときにはカタツムリに直接吹きかけてあげます。ただし、水が冷たすぎたり熱すぎたりすると体に毒なので、水温には要注意です。

何らかの事情で霧吹きできない日が続く場合は、ケース内に濡れた布やスポンジ、氷などを置く手もあります。

殻の栄養になるカルシウムも与える

エサは基本的に毎日与えます。もし食べ残しがあっても、翌日は新しい新鮮なものを与えてください。

カタツムリの殻を形成するために、カルシウムを含むメニューも入れましょう。卵の殻や貝殻などが最適です。カタツムリの歯は意外と頑丈なので問題なく食べられます。予算に余裕があればカルシウムサプリメント(濃度20%以上)もおすすめです。

与えてはいけないエサを知っておく

カタツムリに与えると命取りの危険性がある食べ物もあります。代表的なのは塩分が強い食べ物で、体内の水分を奪うため避けたほうが無難です。

また、米やパスタといったでんぷん質の食べ物は消化不良の原因になりやすいといわれています。

飼育ケースはスポンジで水洗い。台所で作業しないよう注意

カタツムリはきれい好きなので、飼育ケース内は清潔に保ってあげましょう。掃除の頻度は月に1度程度でも問題ありませんが、汚れが目立つのであれば都度きれいにします。とはいえ、こまめに掃除しすぎるとカタツムリにとってストレスになる恐れがあるため、ほどほどで構いません。

掃除する際のポイントは次の通りです。

  • カタツムリをゆっくり、優しく持ち上げ、別の箱などに避難させる
  • 古い土は捨て、新しいものに交換。木の枝も朽ちていたら新しいものに
  • エサの食べ残しも捨てる
  • 飼育ケースは水洗い。ぬめりはスポンジでしっかり落とす

飼育ケース内に寄生虫がいる可能性もあるため、掃除を台所でするのは止しましょう。食中毒の原因になるかもしれません。もちろん、外で行う場合も、掃除後は周囲をきれいに洗い流してください。

夏眠・冬眠したときの対処法

カタツムリは真夏や真冬など急激な温度変化に弱く、身を守るために休眠することがあります。特に冬は、早ければ11月頃から殻の入口に膜を張り、こもって出てこなくなります。

休眠したカタツムリにできるお世話は、霧吹きをかけて乾燥を防ぐことくらいです。飼育ケースを温度変化が少ない場所に移動させるのもよいでしょう(真夏であれば直射日光が当たらない場所が好ましいです)。掃除は必要ありません。

なお、カタツムリに限らず、冬眠する生き物はそのまま目覚めず死亡するケースもあります。休眠前に十分な栄養が摂れていない場合や、飼育ケース内の生活環境が適切でない場合に起こる確率が高いです。

心配な方は、飼育ケースを20℃前後に保てる室内に配置し、休眠する必要がないように管理しましょう。

寄生虫に厳重注意。触った後は手洗い必須

カタツムリには、「ロイコクロリディウム」と「広東住血線虫」という寄生虫がいる可能性があります。

ロイコクロリディウム

世界中に広く生息している吸虫の仲間です。最終宿主である鳥類にたどり着くために、カタツムリを中間宿主とします。ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリは、鳥類に発見されやすいよう触覚を派手に動かすようコントロールされます。

通常、人間に寄生するサイクルはたどりませんが、カタツムリを食材とする国・地域もあることから、人間に寄生した例もあります。寄生すると髄膜炎を発症させる恐れがあるといわれています。

広東住血線虫

ネズミなどに寄生する線虫で、カタツムリではアフリカマイマイなど陸産・淡水産の巻貝から多く検出されています。何らかの接触で口や皮膚から体内に入ると頭痛。めまい、発熱、吐き気などが起こり、髄膜炎を引き起こします。琉球新報によれば、沖縄県で全国初となる死亡例が2000年に確認されました。

カタツムリを触った後は必ず入念に手洗いしましょう。特に小さなお子さんと一緒に飼う場合は、好奇心でむやみやたらに触らないよう注意しなければなりません(カタツムリにとってもストレスになります)。

もっと知りたい! カタツムリの飼い方Q&A

カタツムリを飼うにあたっての素朴な疑問をQ&A形式でお答えします。赤ちゃんカタツムリから育てる場合についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

Q.知らない間に産卵したようなのですが……

A.複数匹を同じ飼育ケース内で飼っていると交尾し、土中に産卵することがあります。もし卵を見つけたら優しく取り除き、別の飼育ケース(タッパーなどでOKです)に移しましょう。そのままでは親カタツムリに踏まれたり、場合によっては食べられたりする恐れがあるためです。

避難させた卵は乾燥に気をつけて保管しましょう。室温・湿度が適性であれば約1か月で孵化します。

赤ちゃんカタツムリは成体よりもさらに乾燥に弱いため、1日2回程度は霧吹きで水をかけてあげてください。エサは野菜くずなどで構いませんが、葉物などやわらかいもののほうが食べやすいでしょう。徐々に卵の殻も与え、殻の成長を促します。順調にいけば3か月ほどで親カタツムリと同等の大きさになります。

Q.左巻きのカタツムリを飼ってみたいです

A.飼いやすいカタツムリの種類は?で紹介したヒダリマキマイマイなど、一部のカタツムリは殻の模様が左巻きです。お住まいの地域で見かけないのであれば、生息する場所まで足を運ぶほかありません。なお、ヒダリマキマイマイは自然度の高い場所で目撃された例が多いです。

余談ですが、左巻きのカタツムリは「右巻きのカタツムリを好んで食べるヘビ」から逃れるために突然変異したという研究結果があります。

Q.カタツムリに塩をかけるとナメクジのように死ぬのでしょうか?

A.死にます。カタツムリとナメクジは同類の生き物なので、「浸透圧」により体が縮み、脱水症状で死亡します。遊び半分でかけると大切なペットを失うことになるので、絶対にしないでくださいね。

カタツムリやナメクジの体内で起こる現象を簡単に解説すると、彼らの体は半透膜(はんとうまく)と呼ばれる薄い膜で覆われています。半透膜は水を通しやすく、放っておくとすぐに乾燥するため、カタツムリやナメクジは体内から粘液を分泌することで身を守っています。

この半透膜に塩をかけると、塩が体液に溶けて濃い食塩水ができ、半透膜の外側と内側の濃度を同じに濃さにしようとする働きが置きます。これが浸透圧です。結果、半透膜を通して水分が出ていってしまうという理屈です。

まとめ

カタツムリは市街地で見かける機会は減りましたが、自然豊かな場所に行けば十分出会えます。もし見つけられなければ、カタツムリを扱うペットショップで購入するのも一手です。

カタツムリの飼い方に特段難しい点はなく、飼育アイテムやエサも特別なものはいりません。ただし、与えてはいけないエサがあったり、寄生虫を持っていたりと、注意しなければならない点もあります。

のっそり移動する様子や、にゅるっと触覚を出す仕草がかわいいと人気のカタツムリ。ペットの飼育が初めてでも飼いやすい生き物なので、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから