リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

結露を防止してカビを防ぐ!おすすめグッズ8選と結露の対処法

スタッフ

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハックは、ホームセンターのカインズ (カインズホーム) が提案する日常で使える便利な知恵をお届けします。すぐに実践できる便利なTIPSや情報が盛りだくさん。

冬になると窓ガラスをビショビショに濡らす「結露」。普段忙しいからといって放置していませんか?

結露をそのままにすると、カーテンも湿ってきて、部屋の空気もなんだかじめっとしてきます。気づいた頃には、カーテンや窓のサッシにカビが生えている…ということも。合わせてダニが繁殖したり、サッシから建物へ腐食が進んだり、衛生的にもよくありません。

そんな事態を防ぐために、この記事では結露を防止する方法をご紹介します。結露対策に便利なグッズも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

結露が発生する原因とは

結露が発生する原因とは

そもそも結露は、部屋の中の暖かい空気が冷やされ、空気中の水蒸気量が最大量(飽和水蒸気量)を超えてしまうことで発生します。飽和水蒸気量からあふれた水蒸気が液化して、窓ガラスの表面に水となって現れます。

冬に結露が発生しやすくなるのは、屋外の気温に合わせて、窓ガラスの温度が低くなりやすいから。室内の窓ガラスの表面温度が、室内の温かい空気の露点温度を下回ったとき、結露が発生します。朝方に結露が出やすいのは、日中よりも屋外の気温が低いことが影響しています。

結露が発生しやすい場所

窓ガラスの他にも、次のような場所にも発生します。

  • 玄関ドア
  • 家具の裏
  • クローゼット・押入れ
  • 部屋の隅 など

暖房が伝わりにくく、温度差が生まれやすい場所に発生しやすいです。

結露を放置するとどうなる?

結露を放置してしまうと、大切な家族や家屋に悪影響を与えてしまうことに。

結露を放置するとカビやダニが発生します。カビやダニは、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎、小児ぜんそくなどの症状や疾患の原因と言われています。

カビは結露の水分がホコリや汚れに付着したものや、家屋の建材に使われた接着剤などを栄養分として繁殖。カビが増えると、カビを食べるダニも増殖していき、衛生的に良くない状況になってしまうんです。

同時に家屋の建材がサビたり腐食することで、もろくなったり耐久性の低下にもつながります。腐食がすすむと、近くに置いてある家具や床材、壁紙にもカビやシミが発生し、見た目も悪くなってしまいます。

【結露防止におすすめ】グッズ8選

ここからは結露防止に役立つグッズを紹介していきます。結露で悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

①結露吸水断熱パネル ベージュ 3枚入り

結露をすばやく吸水・乾燥させるパネルです。結露が流れ落ちる窓の下のほうに取り付けることで、サッシに結露が溜まったり、カーテンを濡らしたりするのを防ぎます。

また、断熱効果もあるため電気代を節約したい方にもおすすめです。

凸凹ガラスにも取り付けられ、吸水量は1枚あたり約200g(3枚で約600g)。カラーも6種類あるので部屋の雰囲気に合わせて選べます。

サイズ:薄さ3mm×幅300mm×高さ250mm

②結露吸水断熱パネル ビッグ ダック 3枚

①の吸水パネルのビッグサイズバージョンです。吸水量も1枚あたり300g(3枚で約900g)にアップしています。より吸水効果を高めたい方はこちらを選びましょう。

サイズ:薄さ3mm×幅300mm×高さ375mm

③すりガラス結露断熱パネル フラワー

すりガラスに使える吸水パネルで、のり残りがしにくい特殊粘着加工がされています。吸水量は約580ml。保温効果もあるため、暖房代を節約したい方にもおすすめです。

サイズ:幅900mm×高さ250mm

④すりガラス用 結露吸水テープ スカンジナビア

パネルではなくテープタイプのため、窓の大きさに合わせてカットして使うことができます。③と同じくのり残りがしにくい加工がされているため、はがしたときに跡を残したくない方におすすめです。

サイズ:幅1800mm×高さ120mm

⑤強力結露吸水テープ 幅30mm×長さ 4m ホワイト

こちらもテープタイプで、好きなサイズにカットして使います。吸水量は1mあたり約130g。カラーは3色から選べ、サッシの色やカーテン、カーペットと合わせるのもおすすめです。

⑥水で貼れる 窓ガラス結露防止シート 90×180cm

水で窓全面に貼るタイプの結露防止シートです。水で貼るため、はがした跡がつきにくくなっています。パネルやテープよりさらに吸水効果を高めたい方や、外からののぞき防止として防犯対策したい方にもおすすめです。

⑦結露・水だれ防止スプレー 400ML

窓ガラスに吹きかけ、布などで均一に塗ることで結露や水だれを防止できるスプレーです。水ぶきにも強く、約30日間効果が持続します。すりガラスや模様がついたガラス、樹脂ガラスなどには使用できないため、あらかじめ確認してから使うようにしましょう。

⑧ベルソス ミニ除湿機 ホワイト VS-513

とくに結露がひどいところには、除湿機を設置するのがおすすめです。こちらの商品は小型で場所をとらないので、複数箇所設置できます。

タンクは大容量の900ml。タンクが満水になると電源ボタンが点滅し、自動で停止するので安心して使えます。また消費電力も27Wと低く、省エネ効果も期待できます。

結露を事前に防止する3つの対策

結露を事前に防止する3つの対策

グッズと合わせて次の対策も行うと、より結露防止の効果を高めることができます。

  1. 室内の換気を徹底する
  2. 温度や湿度が上がりすぎないように調整する
  3. 家具の配置を見直し空気の通り道をつくる

それぞれ見ていきましょう。

1.室内の換気を徹底する

結露防止にかかせないのが「換気」です。室内に湿気がこもらないように、徹底的に換気するようにしましょう。

1回10分程度を目安に、窓を2ヶ所開け、空気の通り道を作って換気します。なるべく室温を下げたくないときは、暖房器具の近くの窓を開けると入ってくる冷気も暖められ、室温が下がるのを防げます。換気扇があれば、常に点けておくのがおすすめです。

他にも、サーキュレーターで空気を循環させるのもおすすめ。窓に向けてサーキュレーターを置くと、窓のまわりで留まっている空気を循環させることができ、結露防止に役立ちます。合わせて天井に溜まっている暖かい空気も部屋全体に行き渡り、暖房効率もアップ。電気代節約にもつながります。

2.温度や湿度が上がりすぎないように調整する

屋外と室内の温度の差を小さくするために、無理のない範囲で暖房温度を少し下げるのも効果的です。ダウンベストやカーディガンなどの上着を1枚羽織り、温度を下げてみましょう。湿度は40〜60%程度を目安に、上がり過ぎないように除湿機などを使って調整します。

また、暖房の使い方にも一工夫すると、結露防止につながります。というのも、ガスファンヒーターや石油ストーブなどの暖房器具は、稼働時に大量の水蒸気を発生させます。その分加湿効果があり、長時間つけていると結露が発生しやすくなってしまうんです。乾燥が気にならない程度に、電気ストーブやエアコン、パネルヒーターを使うのがおすすめです。

また、窓際に暖房器具を設置すると窓のまわりも暖まり、窓表面の温度も上げることができ、結露の発生を防止できます。

3.家具の配置を見直し空気の通り道をつくる

家具の配置を見直し、壁と家具や家具同士に空間を作り、空気の通り道を作ります。とくに観葉植物などの植物類は、常に水蒸気を出しているため、窓際に置くのを控えるようにしましょう。

部屋の中にものが多い場合、整理したり処分するなど、空気がしっかり循環できる環境を整えてみてください。

結露が発生したときの対処法

結露が発生したときの対処法

結露防止グッズを使ったり対策しても結露が発生してしまったら、早めに対処してカビの発生を防ぎましょう。

  1. 窓の下にタオルや新聞紙を敷く
  2. ガラスワイパーなどを使って水滴をタオルに集める
  3. サッシやゴムパッキンについた水滴も拭き取る
  4. 仕上げに窓全体を乾拭きする
  5. 結露防止パネルやテープなどが劣化していたら交換する

結露の水滴を集めるときは、ガラスワイパーなどスクイージーを使うのがおすすめです。ガラスだけでなく、サッシやゴムパッキンなど窓全体の水分を拭き取るようにしましょう。

また、結露防止パネルやテープが劣化していないかも確認します。もし劣化していたり使用期間が過ぎていたら、新しいものに交換しましょう。試用期間を過ぎるとはがし跡がついたり、吸水性能が低くなり返ってカビの発生を進めてしまう場合も。いつから使い始めたか、メモしておいて忘れないようにしておきましょう。

まとめ:結露防止グッズや対策をしてカビの発生を防ぐ

まとめ:結露防止グッズや対策をしてカビの発生を防ぐ

いかがでしょうか。ここまで結露が発生する原因や、結露防止に役立つグッズ・対策などを紹介してきました。

結露を放置すると、カビやダニの発生につながり、家族や家屋に悪影響を与えてしまいます。アトピーやアレルギーの原因になったり家屋の腐食にもつながるため、早めの対策が大切です。結露防止グッズを使いつつ、対策もしっかり行って結露の発生を防ぎましょう。

もしそれでも発生してしまったら、こまめに結露を拭き取って対処していきます。結露防止グッズの試用期間や、劣化していないかどうかも合わせて確認してください。

この記事が、ご自宅の結露防止の参考になれば幸いです。また、私たちカインズでは結露防止グッズを多数取り扱っています。オンラインでも購入できるため、興味がある方はぜひのぞいてみてください。

▶カインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから