リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

マットレスの汚れの洗い方|お漏らしやカビも洗ってスッキリ清潔

ユーザー

となりのカインズさん 編集部

となりのカインズさん 編集部

カインズにまつわる情報を本社に怒られない範囲でおもしろおかしく発信します。ライター、DIYクリエイター、イラストレーターなどご協力いただける仲間を募集中だよ!

寝具といえば、シーツやまくらカバーなどは定期的に洗濯するという方が多いですよね。最近では掛布団や敷布団でもお洗濯できるものが販売されていたり、敷布団を洗えるコインランドリーも登場しています。

しかしベッドのマットレスとなると大きくて重いので丸洗いはできないし、こまめにお手入れしているという方は少ないのではないでしょうか。

毎日使うマットレスもきちんとお手入れして清潔に保ちたいものですね。そこでこの記事では、マットレスに溜まるさまざまな汚れに合わせた洗い方や、役立つアイテムなどをご紹介します。

いつもマットレスは清潔に! その理由は?

いつもマットレスは清潔に! その理由は?

寝具のお手入れはきちんとしていますか? 一見汚れてないからといってそのままにしていると汚れやダニ、カビなどがどんどん溜まっていっているかもしれません。

特にマットレスは大きくて洗濯機ではお洗濯もできないので、どうお手入れしていいか分からないという方も多いでしょう。

まずはマットレスに溜まってしまう汚れやその汚れによって引き起こされることについて解説します。

マットレスには汚れが溜まっている

マットレスには汚れが溜まっている

寝ている間に人はコップ約1杯分の汗をかくといわれています。その汗はマットレスに吸い込まれ、湿気をため込んでいるのです。他にもホコリや髪の毛、皮脂など様々な汚れが蓄積されているかもしれません。

マットレスを清潔に保ち、使い続けるためには定期的なお手入れが不可欠です。

マットレスを洗わず放っておくと起こること

マットレスを洗わず放っておくと起こること

ベッドのマットレスは布団のように毎日上げ下ろしして片付ける手間が省ける反面、お手入れがしにくいというデメリットもあります。面倒だからといってそのまま放っておくと、湿気やホコリ、髪の毛、皮脂などがどんどん蓄積していきます。これらはすべてダニの大好物。さらにひどくなるとカビが発生してしまうかもしれません。

ダニは刺されてかゆくなるという被害だけでなく、アレルギー性鼻炎やぜんそく、アトピー性皮膚炎など様々な症状を引き起こす原因となります。同様にカビもアレルギー性皮膚炎やぜんそく、鼻炎などの原因となり、特に高齢の方や小さい子供のような免疫力が低い方には大きな影響を与えてしまうかもしてません。

快適で健康的な睡眠のためにもマットレスはいつもキレイにしておきましょう。

種類別マットレスの基本的な洗い方

一言でマットレスといっても形状や素材などさまざまな種類があります。ご自宅で使っているものが洗えるものか、洗濯表示タグを見て確認しておきましょう。

ここではマットレスの種類別に基本的な洗い方をご説明します。

スプリングマットレスの場合

スプリングマットレスの場合

マットレス内部に金属でできたスプリングが内蔵されている「スプリングマットレス」。このタイプのマットレスはカバーのみ外して洗うことができるものもありますが、基本的に丸洗いすることはできません。

部分的な汚れの落とし方は以下の手順で行います。

  1. 洗剤を薄めた水をタオルにつけて軽く絞り、汚れた箇所をタオルで叩くようにして汚れを落とす。(汚れをタオルに吸収させるように)
  2. マットレスに汚れがなくなったら、きれいな水で洗ったタオルで付着した洗剤水をふき取る。
  3. 乾いたタオルでマットレスの水分を吸い取り、しっかり乾くまで繰り返す。

ウレタンマットレスの場合

ウレタンマットレスの場合

ウレタンフォームという弾力のあるスポンジ素材を使用した「ウレタンマットレス」。高反発や低反発といった種類があり、安価で場所をとらないため人気ですが、ウレタンの性質上洗濯やクリーニングはできません。

カバーを外して洗うことができるものもありますが、外せないものの場合はスプリングマットレスと同じ手順で汚れを落としてください。カバーが外せるものは洗濯表示に従って洗濯機などで洗ってくださいね。

ウレタンは水に弱くカビやすいので敷きっぱなしにせず立て掛けて干すことも大切。しかし日光や熱にも弱いので、陰干しするようにしましょう。

3次元スプリング構造マットレスの場合

3次元スプリング構造マットレスの場合

樹脂素材の繊維が空気を紡ぐように絡み合ってできた、弾力性のあるマットレスを「3次元スプリング構造マットレス」といいますが、通気性がよく、高反発で快適な寝心地が特徴です。

カバーだけでなく、中材が水洗いできるものもあります。カバーは洗濯表示に従って洗い、中材はシャワーで水洗いをします。水の温度や洗い方に注意が必要なものもありますので、必ず取扱説明書に従って正しく洗うようにしてください。

マットレスに溜まる5つの汚れと洗い方

マットレスに溜まる5つの汚れと洗い方

マットレスに溜まる汚れといえば、ホコリや髪の毛などのゴミがありますが、このようなゴミは粘着シートや布団掃除機などでこまめにお掃除をしましょう。

飲み物がこぼれてしまった時のように、一般的な汚れが付いてしまった場合には、中性洗剤を薄めて洗剤水を作ってシミ抜きをします。どんなシミでも汚れを放置するほど落ちにくく頑固なシミになってしまうので、汚れに気づいたらすぐに対処するのを忘れすに。

次にご紹介する5つの汚れに関しては、中性洗剤ではなく特別なお手入れが必要になります。側生地(マットレスについているカバー)を外して洗濯できる場合は洗濯表示に従って洗濯し、外せない場合には下記の手順を参考に洗ってください。

マットレスは湿気が大敵なので、シミ抜きの範囲はできるだけ最小限にして、表面だけでなく奥の方までしっかり乾かすということを覚えておきましょう!

カビの場合

カビの場合

マットレスにカビが発生してしまうと、健康被害につながる恐れがあります。黒い小さなシミのようなカビ汚れを見つけたらすぐに取り除くようにしましょう。

用意するもの

  • 消毒用エタノール
  • スプレーボトル(アルコール対応のもの)
  • タオル

手順

カビの場合の落とし方

スプレーボトルに消毒用エタノールを入れ、カビの部分に吹きかけます。そのまま1時間程度置いておき、ぬるま湯で軽く絞ったタオルを使ってトントンと叩くように汚れをふき取ります。

※こすると汚れが広がるので、必ず叩くようにして拭き取ってください。

ダニの場合

ダニの場合

カビ同様に健康被害の恐れがあるダニ。ダニそのものだけでなく、死骸やフンもアレルギーの原因になるので徹底したお手入れが大切です。

用意するもの

  • ふとん乾燥機
  • 掃除機

手順

ダニの場合の洗い方

部屋を暗くして1時間ほど放置します。すると夜行性のダニはマットレスの表面に集まってきます。

布団乾燥機を操作手順に従って起動させ、熱でダニを死滅させてから掃除機をかけてダニの死骸までしっかり吸い取りましょう。

※熱に弱いウレタンなどのマットレスの場合はふとん乾燥機が使えるか取扱説明書をよく確認してください。

お漏らしの場合

お漏らしの場合

小さいお子さんやペットがいると気になるのがおねしょ。アンモニアが含まれているため、一般的な汚れと同様に汚れだけ落としても臭いの原因が取りきれない場合もあります。衛生面や臭いのためにもなるべく早く対処するようにしましょう。

用意するもの

  • クエン酸(小さじ1)
  • 水(200ml)
  • スプレーボトル
  • タオル

手順

お漏らしの場合の洗い方

クエン酸と水をスプレーボトルに入れてしっかり混ぜ合わせておきます。お漏らしの箇所は乾いたタオルでしっかり水気を吸い取ってからクエン酸水をスプレーします。

5分程度放置したらきれいなタオルを押し当てて水気をふき取りましょう。これを何度か繰り返し、しっかりとマットレスを乾かして完了です。

血液の場合

血液の場合

鼻血や経血などでマットレスが汚れてしまったら、放置せず早めにシミ抜きをしましょう。

血液の場合、熱いお湯を使うと血液中のタンパク質が固まって汚れが落ちにくくなるので、30℃以下の水やぬるま湯を使うようにしてください。

用意するもの

  • 重曹ペースト(重曹3:水1の割合で混ぜ合わせたもの)適量
  • 水(大さじ1)
  • 歯ブラシ 又は 掃除用ブラシ
  • スポンジ
  • タオル

手順

血液の場合の洗い方

血液が付いた箇所に残った水気をしっかりと拭き取っておきます。重曹ペーストをシミ全体に塗り広げ、30分程度放置したらブラシで優しくこすります。

スポンジを水で軽く濡らしたら、シミにトントンと叩くようにあてて汚れを落としてください。乾いたタオルでしっかりと水分をふき取って、汚れが取れたらマットレスを乾かします。

※重曹ペーストはお湯を使った方が作りやすいですが、シミに塗る前に冷ましてから使用してください。

汗などのイヤな臭いの場合

汗などのイヤな臭いの場合

一晩で約コップ1杯分の汗をかいているといいますので、マットレスには汗による汚れも蓄積してしまいます。黄ばみや心当たりのないシミを見つけたら、寝汗や皮脂が原因といえるでしょう。

重曹を使うと皮脂汚れを落としたり、消臭効果も期待できます。汗による汚れはシミの原因になったり、不快な臭いの原因にもなりますので、正しいお手入れを心掛けてくださいね。

用意するもの

  • 重曹(小さじ1)
  • 水(100ml)
  • スプレーボトル
  • タオル

手順

汗などのイヤな臭いの場合の洗い方

スプレーボトルに重曹と水を入れ、良く振って溶かします。汚れや臭いが気になる場所に重曹水をスプレーし、5分程度放置してからタオルで水分をふき取ります。汚れが取れるまで繰り返し、マットレスをしっかり乾かして完了です。

マットレスを洗うときに役立つおすすめアイテム

マットレスの汚れを洗い落とすために使えるおすすめのアイテムをご紹介します。

ラグも洗える洗濯ネット

側生地を外して洗濯機で洗うときには洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。大きくて絡まりやすいので、洗濯ネットに入れておくと傷みにくく安心です。

ハンドスプレー

エタノールや重曹水、クエン酸水などを作るときに使えるスプレーボトルです。アルコールに対応しています。

クエン酸水やエタノールなどは混ぜると大変危険なので、それぞれ別のボトルを用意して使用するようにしてくださいね。

使い捨てマイクロファイバークロス 20枚入

乾拭きも水拭きもどちらでも使えるマイクロファイバークロスです。ティシュー感覚でサッと使える、使い捨てタイプになっています。

マットレスの汚れ落としや水分をふき取るときにもタオル代わりとして便利に使えますね。

山善 ダブルノズル布団乾燥機 ZFE-W800(W)

パワフルなWノズルで布団2枚を同時に乾燥させることができる乾燥機です。大きなベッドや布団も隅々まで温風が届きます。温度設定やタイマー設定もあって便利です。

自宅でマットレスを洗う場合の注意点

自宅でマットレスを洗う場合の注意点

マットレスは自宅での簡単なお手入れでキレイにすることができますが、デリケートなのでいくつか注意点があります。

ここではマットレスを洗う場合の注意点についてご説明します。

マットレスを洗う頻度

マットレスを洗う頻度

マットレスは全体を洗濯機に入れて洗うことができないので、こまめなお手入れは難しいですが、汚れを防ぐためにしてほしいことがあります。

まず、マットレスの湿気を発散するため、掛布団は毎日めくっておきましょう。晴れた日には窓を開けて空気を入れ替えて除湿することも大切です。

次に、マットレスにかぶせている敷パッドやシーツ類は直接肌に触れていて、寝汗や産汚れが付きやすいので週に1~2回程度交換し洗濯しましょう。

さらに2~3週間に一度はマットレスを壁に立てかけて底を空気に触れさせます。除湿シートを敷いている場合には天日干しをするようにしてください。

マットレスの表面に掃除機をかけるのは月1回程度必ずしてほしいもの。ほこりや髪の毛、ダニの死骸などが蓄積していますので、顔周辺や縫目部分などを特に入念に掃除機をかけるようにしましょう。

目立つ汚れには前処理を

目立つ汚れには前処理を

マットレスの側生地など、洗濯機や手洗いで洗えるものに関しては、前処理をするとよりきれいに汚れを落とすことができます。特に目立つ汚れの場合には中性洗剤を染み込ませたタオルで汚れた部分を叩くようにして軽くふき取っておきましょう。

カビ汚れや血液などの汚れの場合は前述の汚れ別の落とし方を参考に、エタノールや重曹など、汚れに合った前処理としておくのを忘れずに!

しっかり換気をする

しっかり換気をする

マットレスのお手入れをするときは、布団やシーツ、まくらなども一緒に動かすことになります。ほこりが部屋に充満してしまいますので、必ず換気しながら行うようにしましょう。

特に小さいお子さんやお年寄り、アレルギーを持っている方がいる場合には悪影響の無いように配慮しながら作業してくださいね。

マットレスには天日干しは不向き

マットレスには天日干しは不向き

多くのマットレスはウレタンやラテックスなどの化学物質が使われています。これらの素材は熱に弱く、直射日光を当てると劣化してしまうので、天日干しは避けましょう。しかしマットレスには湿気もたまりやすいので、定期的な陰干しが必要です。

室内の壁に立てかけて、窓を開けて換気をよくしておくとマットレスの陰干しができますよ。また、ふとん乾燥機もマットレスの湿気やダニ対策になり、便利です。

まめな手入れでマットレスを清潔に保ちましょう

まめな手入れでマットレスを清潔に保ちましょう

今回はマットレスの洗い方について解説しました。

大きくてお手入れが難しそうなマットレスですが、汚れや悩みに合わせて正しいお手入れをすればきれいに長く安心して使うことができます。シーツや式パッドなど洗えるものの洗濯や、マットレスの陰干しなど、普段から心がけておきたいお手入れもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

毎日使うマットレスを清潔に保ち、快適な睡眠環境を整えましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから