リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

猫よけ対策完全版!効果絶大グッズで庭を荒らす猫と戦ってみた

ユーザー

主夫イッチー

主夫イッチー

料理と裁縫が得意な兼業主夫。趣味は食の追求、お酒、筋トレ、おうちBBQ。家事全般の腕前はそこいらの主婦に負けません!!

猫よけ対策の戦い~幕開け~

くつろぐ猫

猫は無条件にかわいい生き物である。だからこそ、こんな日が来るとは思わなかった。

そう、全身全霊で猫と戦わなければいけない日が来るなんて...。

この記事では、一人の男が人生をかけて猫(の糞尿)と戦った貴重な記録を赤裸々に綴りたいと思う。庭を、家族を守るため、絶対に負けられない戦いがそこにはあった。

※お食事中の方はご注意ください。

庭での猫の糞尿被害が深刻化

子供の砂遊び場所

我が家には花壇を作り直そうとして、一旦土を全部入れ替えた場所がある。いつの間にか子どもの砂遊び場所と化し、涼しくなったら花壇作りを本格的にやろうと思ってそのまま放置していた。

そんなある日、事件は起きた。

猫のうんち

とある一か所に、ハエが大量にたかっている。嫌な予感しかしない。そして、その嫌な予感は的中したのである。

モザイクをかけているが、これが一体何なのかはもう皆さんもお分かりだろう。

庭に発見した猫

「は~、スッキリした」と言わんばかりにこちらを見つめてきた

近頃庭を横切る猫の姿を度々見かけ、「可愛いなぁ」と微笑ましく眺めていた矢先の出来事であった。猫からすると「にこにこ傍観しててアホだなコイツ」と心の底で嘲笑っていたに違いない。

ちなみにこの猫とのにらめっこは2分以上続いた。なぜ動じないんだ。敵意がまったく読めない。

この後、3日連続で猫は我が家へ用を足しに訪れた。このまま花壇をトイレスポットにされては困る。

この日をきっかけに、私は猫と徹底的に戦うことに決めた

猫よけ対策の基本事項

猫対策の基本情報

猫が好む場所を作らない

猫が好む場所の条件は、下記の通りである。

  • 人の往来が少なく静かで安心できる
  • 柔らかい土や砂の地面・芝生等がある
  • エサが簡単に獲れる

徹底的に猫よけ対策をするのであれば、猫にとって居心地の良い場所を自宅から排除することは必須。かつ、居心地が悪いと感じる場所にすれば良い。

各対策への反応は個体によって異なる

猫の嫌いな臭い、音、歩きづらい環境、猫よけ対策にも色々なアプローチ方法がある。しかし、それを受け取る猫にも個体差があって、特定の手段だけだとあまり反応しない猫もいる。

猫よけ対策に慣れてしまう場合もある

方法によっては効果が長続きしなかったり、同じことばかりやっていると猫が慣れてしまって反応しなくなる場合も。

反復が重要

猫が学習して「この場所は居心地悪いな」と記憶するまで、手を替え品を替え反復継続することが大切。

注意:猫は愛護動物

虐待にあたるようなことは絶対にしてはいけない。法律で罰せらる。

猫よけ対策グッズ

カインズで手に入れたアイテム

上記の基本情報をふまえ、カインズで手に入りそうなすべての猫よけ対策グッズを調達した。効果絶大といわれるアイテムを片っ端から買い漁ったのだ。

  • 竹酢液
  • 木酢液
  • 粒状タイプネコ専用忌避剤
  • 猫よけシート
  • ハーブ

猫には少しだけ申し訳ないと思いつつ、彼らが嫌がる環境を早速作っていきたいと思う。

効果絶大グッズ(1):竹酢液・木酢液

竹酢液と木酢液

竹酢液木酢液、これらをそれぞれ水で希釈して作った液体を散布しておくとその臭いを猫が嫌がるらしい。

竹炭・木炭を焼く過程において出る煙を冷やして採取できる液体で、とってもスモーキーな香りがする。

唐辛子やレモンバームの葉を一緒に入れるとより効果的

唐辛子やレモンバームの葉を一緒に入れるとより効果的とのこと。

そこで早速家に大量にあった唐辛子を入れてみた。唐辛子を加えて作るこの液体は猫だけではなく、害虫避けや土壌活性化にもなるらしく一石二鳥である。

別途カインズでかったスプレーボトルに入れてみた

別途カインズでかったスプレーボトルに入れてみた。原液を水で4~8倍に薄めて使うといいとのこと。匂いがきつい場合は10倍位まで適当に薄めてOK。

うんち発見場所の土壌周辺に満遍なく散布を行い、しばらく様子をみることに。

効果絶大グッズ(2):粒状タイプネコ専用忌避剤

猫専用忌避剤

猫専用忌避剤というものがあったのでこちらも試してみることにした。

こちらはミントの香りバージョンであるが、柑橘の香りバージョンもある。ニオイや刺激に慣れたしまう猫もいるため、被害が続く場合は定期的に変化をつけるために違う香りを交互に使うことが望ましい。

木酢液・竹酢液は雨が降ると流れてしまうためにマメな散布が必要であるが、この商品は忌避成分、消臭成分がマイクロカプセル化され軽石にコーティングされており、雨に強く効果が持続するという点もメリットがある。

植物性由来ということで土壌や植物にも悪影響を与ず、子どもやペットが近づいても安心なのでありがたい。

買ってきて散布するだけなので、非常に楽ちん

砂のような中身を被害場所や進入口・通り道に約1m間隔に小山ができるように50g程度散布する。

買ってきて散布するだけなので、非常に楽ちん。人間の自分にとっては匂いもそこまで気になるものではなかった。

効果絶大グッズ(3):猫よけシート

猫よけシート

念には念をということで、臭いだけではないアイテムも使ってみる。駅のホーム頭上の鳩よけのトゲトゲみたいな、猫よけシートである。

四角形のトゲトゲ(怪我をするほど鋭利ではない)シートが入っていて、それをジョイントさせて使う形となっている。これを猫の侵入経路に設置すれば、更なる効果が得られるはず。

猫が走って逃げる姿を見かけた場所(人気のない狭い通路)に設置してみる。

早速、猫が走って逃げる姿を見かけた場所(人気のない狭い通路)に設置してみる。

重ねて並べるだけなので、これも非常に楽に実施できるのでおすすめだ。「ここは通り辛くて嫌な場所だなぁ」と思ってくれるはず。

効果絶大グッズ(4):ハーブ

ローズマリーを植えてみた

ダメ押しの一品として、放置していた花壇の一部にローズマリーやレモングラスを植えてみた。

ローズマリーは乾燥にも寒さにも強くい為育てやすく、ハーブ初心者にもオススメらしい。手軽に対策できるのであれば、ということで即決!

猫はローズマリーに限らず匂いの強いハーブ、香水、アロマなどの「良い匂いだけど、香りがきついもの」は基本的に苦手なのだ。(猫を買っている方は逆に注意ポイント)

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから