リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

Windowsのウィンドウみたいな窓があったら

クリエイター

斎藤公輔

斎藤公輔

散歩が趣味の組込エンジニア兼ライター。エアコンの配管や室外機のある風景など、普段着の街を見るのが好き。『デイリーポータルZ』でなどで記事を執筆中。

Windowsは窓である

普段、何気なく使っているWindows。OSの名前は訳すと「窓」だし、画面内で操作するウィンドウも同じく「窓」である。さらにロゴマークまで「窓」という徹底ぶり。

ここまで窓をフィーチャーしているWindowsなので、もう公式グッズとして窓を発売してもいいように思う。Windowsのウィンドウみたいな窓を。

でも残念ながら、そんなグッズはまだ世に出ていないみたいだ。ここはひとつ、自分で作ってみることにしよう。

窓を設計する

窓を作るなんて、もちろん初めてだ。木を切って作るつもりであるが、可動する窓を枠にピタリとはめ込むには、それなりの精度が要求される。

なのでまずは3Dモデルを作って、寸法の狂いがないことを確かめる。私は窓づくりに対して真剣である

なのでまずは3Dモデルを作って、寸法の狂いがないことを確かめる。私は窓づくりに対して真剣である

寸法確認ができたあとは、カインズで必要な部材を買ってきた。さあ、窓を作るぞ!

寸法確認ができたあとは、カインズで必要な部材を買ってきた。さあ、窓を作るぞ!

窓を作る

窓職人の朝は早い。作業工程はなにげに多く、寸法もシビア。しかし作業自体は非常に地味である。

木を切断し

木を切断し

ペンキで色を塗る

ペンキで色を塗る

オフィスでパソコンに向かって作られる「窓」もあれば、ベランダでペンキを塗って作られる「窓」もあるのだ。作業の地味さはさておいて、どちらもかけがえのない窓である。

窓枠ができたら、

窓枠ができたら、

ガラスの代わりに塩ビ板を装着

ガラスの代わりに塩ビ板を装着

ボタンを付けたらウィンドウ部分の完成だ

ボタンを付けたらウィンドウ部分の完成だ

特に意味もなく壁に貼り付けてみたところ、そこはかとないオシャレ感が生まれた。こういう額縁があってもいい。

あとやはり、グッズ化するならバージョンはWindows XPであろう。

最近はフラットデザインが主流で、ウィンドウの見た目にもインパクトが少ない。XP時代がいちばんポップで特徴的だったよなぁと、昔を思い出しながら作ってみた。

事実、青い枠と右上のボタンだけで、これがWindows XPだと分かる。シンボリックなデザインは偉大である。

ちゃんと窓が可動するように、窓枠の部分にはレールを付ける

ちゃんと窓が可動するように、窓枠の部分にはレールを付ける

最後にそれらを合体させる。サッシの下部はタスクバーに見立てている

最後にそれらを合体させる。サッシの下部はタスクバーに見立てている

窓らしさを出すために、鍵も付けてみた。これでなんの違和感もなく「窓」である。

Windowsみたいな窓、ここに誕生!

しかしこうして仕上げてみると、思いのほかWindowsと窓が自然に融合している。やはりWindowsは窓であり、窓はWindowsなのだ。自分の直感は間違ってなかったと、ほっと胸をなで下ろした(実は完成するまで不安だった)。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから