リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

「Kumimokuスタックボックス」でクリスマスツリーの足隠しを簡単DIY

ユーザー

Sunny child(サニチャ)

Sunny child(サニチャ)

DIY可能な賃貸マンションをセルフリノベーションしながら、5歳の息子と親子2人暮らしを楽しんでます。初心者・賃貸・不器用さんでもできるDIYアイデアと親子の暮らしを楽しむヒントをInstagramとブログにて発信中。本業は、WEB/DTPデザイナー…etc.

Kumimokuスタックボックスを使ってクリスマス準備をはじめよう

Kumimokuスタックボックスを使ってクリスマス準備をはじめよう♪

12月に入ったので、クリスマスツリーをおうちに飾って準備している人も多いはず!

味気ないクリスマスツリーの足元、きちんと隠していますか? まさか、そのままむき出しにしていませんか…!?

足元を隠すだけで、一気に海外風のおしゃれなツリーになるんです。小ぶりなツリーをお持ちの方は、足隠しを使って高さを出せるのでゴージャス感もアップしますよ!

DIYが得意なとなりのカインズさんアンバサダー @sunny_child_blg さんに、ツリーの足隠し方法を教えてもらいました。

カインズのDIYアイテム「Kumimoku」シリーズを使ってクリスマスツリーの足隠しのDIYに挑戦してみましょう!

 

Kumimoku スタックボックス

Kumimoku スタックボックス

  • 価格:1,280円(税込)
  • サイズ:W320 × D320 × H280(mm)
  • 材質:天然木
  • 特徴:積み重ねて使用でき、植木鉢カバーなど使い方いろいろ。

Kumimokuシリーズは、DIYをはじめてみようと思っている方に、カインズがおすすめするDIYツールのシリーズです。インテリアにもなるデザインで、DIYがもっと身近に、もっと楽しくなりますよ。

このスタックボックスは、木製の温かみがあって、別売の蓋を使えば収納箱にもなり、いろいろな使い方ができます。

Kumimokuスタックボックスで作るクリスマスツリーの足隠しに必要な材料・道具

セット内容

材料

Kumimokuスタックボックス

〈セット内容〉

  • 柵状の天然木枠 × 4枚
  • 底板      × 1枚
  • ねじ      × 9本(予備1本入り)

道具

  • 軍手
  • ドライバー
  • 塗装セット(塗る場合)

一緒に使用したカインズアイテム

一緒に使用したカインズアイテム

今回は古材のようなボックスに仕上げるので、Kumimokuシリーズのペイント材を使用しました。

Kumimokuパリパリベースを下地として塗ると、ぱりぱりとヒビ割れた古材のような仕上がりになりますよ。

Kumimokuスタックボックスで作るクリスマスツリーの足隠しの作り方

STEP1. まずはパリパリベースを塗っていきます

STEP1. まずはパリパリベースを塗っていきます

今回は、アンティーク古材のような木箱に仕上げたいので、まず初めに『Kumimokuパリパリベース』を塗っていきます。

3~5分ですぐにペンキを塗らないといけないので手早く!(塗装しない場合はSTEP3へ)

STEP2. ペンキを塗っていく

STEP2. ペンキを塗っていく

パリパリベースが乾いてしまわないうちにペンキを塗っていきます。今回は表面だけパリパリベース、裏側はベースなしでそのままペンキを全体に塗っていきました。

ここから2時間乾燥させます…

STEP3. ネジを打てば箱の完成

STEP3. ネジを打てば箱の完成

スタックボックス自体にどこにネジを挿せばいいかのガイド穴があいているので、そこに付属のネジを打つだけ。

この時、壁から床の平らな面に脚部を当てて組み立てた方が、仕上がりのがたつきが減ります。

Kumimokuスタックボックスの感想

1. 組み立てるだけなら10分でできちゃう

パーツはたったの5つで、ネジも付属されていてネジのガイド穴もついているので、初心者でもドライバー1本ですぐに組み立てられちゃいます! しかもスタックなので積み重ねも可能。

■使用例■

  • ディスプレイ棚に
  • クリスマスツリーの装飾に
  • 植木鉢カバーに
  • 収納ボックスに(別売り蓋あり)

色々使えるのが嬉しいです。

2. シンプルな天然木なので自分好みに塗装できる! 

カインズの色々な塗料の中から自分好みの色に塗装できるのも楽しみの1つ! ペンキで塗ったり、オイルで仕上げてみたり、今回のように特殊な下塗り塗料をして、スタックボックスのツルツルな質感をあえてUSED風にするのも楽しい!

3. いろんな使い方ができるからオフシーズンがない

今回のようにツリーカバーとして使っても、クリスマスの後にも収納箱としてや、植物のディスプレイ、おもちゃ箱、植木鉢カバーなど、使い方のバリエーションが広いので年中使えます。

クリスマスツリーカバーにぴったり

クリスマスツリーカバーにぴったり♪

中に箱などで高さ合わせをして、ツリーを置いて足元を布やムートンで装飾すれば、海外のような華やかなクリスマスツリーコーナーの出来上がり!!

ツリーをすっぽり入れたい場合は、足の最大幅が29cm以下なら入ります。もし入らなかった場合には、蓋をのせてその上にツリーを置いて足元を隠せばいい感じに仕上がります。ぜひお試しを! 

※ご紹介した商品は一部店舗ではお取り扱いがない場合がございます。また価格は変更される可能性があります。ご了承ください。

動画「スタックボックスで作るクリスマスツリーの足隠し」

もっと詳しい作り方をご覧になりたい方は、動画「スタックボックスで作るクリスマスツリーの足隠し」でご覧ください。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから