リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

DIY感覚で家の補修。インスタントセメントでセルフ補修のススメ

メーカー

庄野敦紀

庄野敦紀

家庭化学工業株式会社代表取締役社長。1979年生まれ。2003年入社。以来、製造、出荷、商品開発業務などを経て2019年から現職に就任。

住まいの補修は早ければ早いほどいい

家庭化学工業のアイテム群

DIY感覚でできる補修材を幅広く手掛ける家庭化学工業

DIYやセルフビルド、家庭菜園などプロの力を借りずに、自分自身でやってみることに今改めて注目が集まっている。ステイホームの時間を充実させる活動に力を入れる人がどんどん増えているなか、住んでいる家自体にも目を配って「問題があれば、ぜひご家庭で補修して欲しい」と考えている会社がある。大阪府富田林市にある、その名も家庭化学工業株式会社だ。代表取締役社長の庄野敦紀さんはこう話す。

「住まいの補修は早ければ早いほど簡単にでき、費用を抑えられるということは、ぜひ皆さんに知っていただきたいことです。人生100年時代と構想されている昨今、補修は生活の延長に存在すると考えています」

庄野さんいわく、補修は見回りから始まる。家の周りをぐるっと歩いて、ヒビが割れているところ、変色しているところ、サビが発生しているところなどはないかチェックする。小さなヒビや亀裂が大規模な補修につながってしまうことも少なくないため、まずは小さな変化を見落とさないことが大事なのだという。

「意識をするだけで気付くことができると思います。散らかったものを片付けたり、汚れたところを掃除したりするのと同じように、補修も家庭で行って欲しいのです」

インスタントセメントはプロ並みの仕上がり

インスタントセメント

ロングセラーを続けるインスタントセメント(10kg)

もし見回りで小さなヒビや亀裂などが見つかった、そんな場合に頼りになるのが現場で水を混ぜるだけで使えてしまう「インスタントセメント」。特別な技術や経験は一切必要ない。規定量の水を入れるとセメントができてしまうスグレモノだ。

「インスタントセメントは弊社のセメント系補修材の第一号商品です。砂の種類と配合を決めるのに特にこだわっています。練りやすいのか?塗りやすいのか?表面が綺麗に仕上がりやすいのか? どこの産地のどんな色合いが良いのか? など何度もテストを重ねました。砂は様々な粒度のものを良いバランスで配合するように設計し、それらがきちんと分散するように検討を繰り返した末に発売に至りました」

練りやすさにこだわると質が落ち、塗りやすさにこだわると表面が綺麗に仕上がらない…といった具合に砂の選別と配合を決めるのは難航を極めた。勉強会を開いてセメントへの理解を深め、様々な専門家の助言を得て完成に漕ぎつけた。

「このインスタントセメントは汎用性が高く、用途が広いため、発売から数十年と経つ今でも多く採用頂いております。初めての方でもプロと同じような仕上がりになるように。そんな弊社の理念を体現しているアイテムだと思います」

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから