リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

冬に咲く花おすすめ【25選】初心者におすすめの冬の寄せ植えを楽しむ方法も紹介

ユーザー

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

冬の花は寒さに強く丈夫な特徴があり、厳しい寒さの中でも色あざやかな種類の花を咲かせます。ガーデニングの初心者でも栽培がしやすく、寄せ植えなども楽しめます。この記事では、冬に咲く花を探している人に向けて、冬の花の種類や魅力、寄せ植えを楽しむ方法などを解説します。自宅に合った冬の花を選ぶ際の参考にしてください。

冬の花の特徴

クリスマスローズの花

ここでは、冬の花の代表的な種類や、冬に咲く花の特徴について解説します。

色あざやかでバリエーション豊か

シクラメンの花

冬の花の代表格は、スイセンやシクラメン、ポインセチアなどがあります。冬に咲く花の種類は、ほかの季節に比べて少ないものの、一つひとつの花のバリエーションが豊富です。色違いの花を組み合わせるなどして工夫をすれば、冬でも自宅の庭や花壇がカラフルな花で彩ることができます。

冬の花の魅力

雪の中のポインセチア

冬の花の魅力は、厳しい寒さの中でも美しい花を咲かせることだけではありません。そのほかにある魅力について解説します。

管理しやすく寄せ植えに最適

ハボタンの寄せ植え

冬の植物の生長スピードは、ほかの季節の植物に比べると比較的ゆっくりです。生長に合わせて庭や花壇のデザインを変える必要がないため、寄せ植えに適しています。冬は、ほかの季節と比べ、日照時間が短く、土が乾くまでに時間がかかります。水やりの回数を減らせるため、管理もしやすいです。

冬に咲く人気の花

冬に人気の花や室内で育てられる花、庭で楽しめる花の3つに分けて紹介します。まずは、人気の花の特徴や育て方のポイントを解説します。

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズの名前は、イギリスやドイツなどと同じ気候の地域で育てると、クリスマスの時期にバラに似た花を咲かせることに由来しています。品種改良が盛んに行われている花のため、色はもちろん、咲き方などのバリエーションが豊富です。開花時期は1~3月頃です。暑い時期に直射日光に当たると葉が傷むので、夏は午後からの直射日光が避けられる場所で育てましょう。

パンジー、ビオラ

パンジー・ビオラ

パンジー、ビオラは、冬の花壇を彩る代表的な花です。毎年、新しい品種が登場し、新品種を楽しみにしている人も多いです。株姿や花はパンジーもビオラもなかなか見分けがつかず、比較的大きな花が咲くものをパンジー、花が小さいものをビオラと呼ぶことが多いです。美しいグラデーションの花もあれば、複数の色彩を楽しめる花など、どちらもさまざまな種類がそろっています。開花時期は10月下旬~5月中旬頃です。パンジー、ビオラは、通気性がよく、水はけのよい場所を好みます。

スイセン

スイセン

スイセンは、世界中で人気が高い花で、約1万以上の種類があるといわれています。花の色は、黄色や白が一般的ですが、咲き方の違いで印象が大きく異なります。開花時期は11月中旬~4月頃です。スイセンは、日当たりや風通し、水はけがよい場所に植えましょう。

シンビジウム

シンビジウム

シンビジウムは洋ランの一種で、アレンジメントなどにもよく使用される冬の花です。花びらに厚みがあり、寒さに強い特徴をもちます。開花時期は12~4月頃です。育てる際に手間がかからないことから、ガーデニング初心者におすすめです。1年おきに、4月頃に植え替えをすると、翌年も美しい花を咲かせます。

プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)

プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)

プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)は、白や黄色、ピンク、青、紫などのカラーバリエーションを楽しめる冬の花です。雪に埋もれても、咲き続ける強さがあります。開花時期は11~4月頃です。水やりは株の根元に行い、咲き終わった花がらを取り除くと、株が長持ちしやすくなります。

ノースポール

ノースポール

ノースポールは、花芯の黄色と白い花びらが印象的なキク科の花です。まるで、小ぶりなマーガレットのような見た目をしています。ノースポールはレウカンセマム(クリサンセマム)の仲間の小ギクの一品種で、「クリサンセマム」の名前で販売されることもあります。開花時期は12~5月頃です。地植えでも冬を越せるほど、寒さに強い花です。乾燥に強く、多湿を嫌うため、水やりの際は花に直接かけないように注意しましょう。

ハボタン

ハボタン

ハボタンは、キャベツの仲間で、食用のケールを観賞用に改良された植物です。新品種も誕生しており、鉢植えからアレンジメントまで、さまざまな方法で観賞を楽しめます。開花時期は11~3月頃です。ハボタンは、少量の土でも育てやすいため、初心者向きです。密度を高めて植えたほうが、きれいな寄せ植えをつくれます。摘心して分枝させて育てる「踊りハボタン」にして楽しむこともできます。近年は小型の品種が人気です。

カレンデュラ(キンセンカ)

カレンデュラ(キンセンカ)

カレンデュラ(キンセンカ)は、花の大きさや花びらの枚数、草丈などの種類が多いキク科の花です。ポット・マリーゴールドとも呼ばれています。開花時期は12~5月頃です。寒さに強く、日当たりや水はけのよい場所を好みます。丈夫な性質のため、多少放置したとしても花が咲きます。こぼれダネで増えることもあります。

アリッサム

アリッサム

アリッサムは、小ぶりな白い花が密集して咲き、ほんのりと甘い香りを放つ冬の花です。草丈が低く、地面に沿って広がる特徴があるため、庭や鉢植えの手前や縁取りのスペースをうまく活用できます。開花時期は2月下旬~6月上旬頃と9月下旬~12月上旬頃です。霜に弱いため、霜が降りない日当たりのよい場所で育てましょう。

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンは、厚みのある花びらが反り返るように咲くユニークな冬の花です。5号程度の大きめの鉢で売られているシクラメンに比べると寒さに強いものが多いですが、温かい温室で育てられたものは寒さに弱い場合があるので、霜の当たらない場所で育てましょう。開花時期は10月中旬~4月中旬頃です。日当たりや風通しのよい場所を好みます。花や葉は密集しやすいため、枯れた花や葉をこまめに取り除くと、風通しがよくなります。

ローズマリー

ローズマリー

ローズマリーは、料理のスパイスやアロマ、入浴剤など、広く利用されているハーブの一種です。紫や青のほか、白やピンクの小花を咲かせる種類もあります。開花時期は11~5月頃です。ローズマリーは多湿を嫌うため、土が乾燥しやすい日当たりのよい場所に植えましょう。

カルーナ

カルーナ

カルーナは、ミニチュアサイズのコニファーのような独特の株姿で、冬の寄せ植えに欠かせない植物です。後ほど紹介するエリカという花と近縁にあたります。カルーナは、高温多湿や乾燥が苦手なため、水やりには細心の注意が必要です。表土が乾く前に水やりをしましょう。

オキザリス

オキザリス

オキザリスは、やや小さめの花をたくさん咲かせるカタバミ科の球根植物です。葉の形がクローバーに似ていることから、「グットラックリーフ」とも呼ばれています。開花時期は10~4月頃です。種類によっては初夏に咲くものもあります。寒さに強い品種と弱い品種があるため、冬に向けて育てるなら、耐寒性の強い品種を選びましょう。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)

ネリネ(ダイヤモンドリリー)

ネリネは、ヒガンバナ科の球根植物です。花びらが日に当たるとキラキラと光り輝く特徴があるため、ダイヤモンドリリーとも呼ばれています。開花時期は10月中旬~12月中旬頃で、比較的短めなため切り花での流通が極少なく、自分で咲かせないと楽しめない花です。耐寒性がないため、日当たりのよい温室や室内で育てる必要があります。

室内で楽しめる冬の花

室内の栽培に向いている冬の花の種類や特徴、育て方のコツなどを解説します。

ポインセチア

ポインセチア

ポインセチアは、下部の葉が緑で、上部の葉が赤く、クリスマスカラーを印象づけることから、「クリスマスフラワー」とも呼ばれています。「苞(ほう)」という赤い葉は、つぼみを包みこむ形状をしており、花びらのようにも見えます。開花時期は11~3月頃です。耐寒性がないため、室内での栽培に向いています。1日12時間以上明るい状態が続くと赤く色づかないため、紅葉させるためには秋以降は夜に人工照明が当たらない場所で管理します。

シャコバサボテン

シャコバサボテン

シャコバサボテンは、名称からもわかるとおり、サボテン科の多肉植物です。透明感のある白〜ピンクの花を咲かせます。開花時期は10~12月頃です。急激な温度変化が苦手なため、暖房などの風が当たらない場所で育てる必要があります。また、1日12時間以上明るい状態が続くと花が咲きにくくなるので、秋以降は夜に人工照明が当たらない場所で管理します。

エリカ

エリカ

エリカは、小さなつぼ型の花が特徴的で、細長い枝を埋め尽くすほどのたくさんの小花が密集して咲く花木です。縦にスッと立つ株姿は、冬の寄せ植えにアクセントを付けるのにぴったりです。開花時期は10~4月頃です。エリカは、寒さに強い品種と弱い品種があるため、耐寒性がない品種を選ぶ場合は室内で育てましょう。

カランコエ

カランコエ

カランコエは、赤や黄色、オレンジなどの色あざやかな花が密集して咲き、厚みのある葉が特徴的な多肉植物です。開花時期は11~5月頃です。カランコエの花を咲かせるためには、10℃以上の環境を保つ必要があります。秋以降に日が短くなったことを感じ取って花を咲かせる性質があります。秋分以降に夜も灯りがある場所に置いておくと咲きにくいので、夜はしっかり暗くなる場所で管理しましょう。

サイネリア(シネラリア)

サイネリア(シネラリア)

サイネリア(シネラリア)は、濃淡のグラデーションが美しい花を咲かせるキク科の植物です。カラーバリエーションに富んでおり、さまざまな色合いの寄せ植えを楽しめます。開花時期は11~5月頃です。日の当たる部分から花が咲くため、上部の花が散る前に花がらを取り除くと、下部のつぼみが花を咲かせます。なるべく株の内側まで光が当たるよう、ときおり枝を短く剪定しましょう。

庭で楽しめる冬の花

ここでは、庭植えに適している冬の花の種類や特徴、育て方のポイントを解説します。

ウメ(梅)

ウメ(梅)

ウメ(梅)は、冬の風物詩の一つで、赤や白、ピンク、複色などの花を咲かせます。開花時期は1~3月頃です。日当たりや水はけのよい場所を好みます。また、風通しが悪いと、「うどんこ病」と呼ばれるうどんの粉をまぶしたような症状が発生するため、風通しがよくなるように枝の手入れが必要です。強く伸びる枝は付け値から切り、途中に短い枝がたくさんつく枝を残すように剪定すると花付きがよくなります。

ロウバイ(蝋梅)

ロウバイ(蝋梅)

ロウバイ(蝋梅)の花は、蝋で作り込まれたような透明感のある黄色が印象的です。また、甘い香りを放ち、冬の季節の訪れを知らせてくれます。開花時期は12月中旬~2月頃です。多湿や水はけの悪い場所では根腐れを起こす可能性が高いため、日当たりのよい場所や半日蔭に植えましょう。株元から新しい枝がどんどん伸び出してくるので、4〜5年ごとに古い枝を株元まで切り詰めて新しい枝に切り替えていくと、毎年花がよく咲いてくれます。

サザンカ

サザンカ

サザンカは、ツバキと姿がよく煮ていますが、花びらがハラハラと散っていくのが特徴です。ツバキよりも早く咲き始め、10月から花を楽しむことができます。日なたや日陰のどちらでも栽培が可能です。ただし、寒風や西日には弱いため、植える位置に注意しましょう。

ツバキ(椿)

ツバキ(椿)

ツバキ(椿)は、ウメやサザンカと同様に、冬を彩る色あざやかな花を咲かせます。赤や白、ピンクなどの花と黄色の花柱とのコントラストが印象的です。サザンカとよく似ていますが、一般的にツバキの仲間は花びらが個別に散らず、花ごと落ちて花が終わります。開花時期は12~4月頃です。日当たりがよい場所のほうが花は咲きやすい特徴がありますが、半日蔭でも栽培できます。近年はツバキとサザンカを交配させた品種もあるため、ツバキ、サザンカのどちらとはいえない品種もあります。

タイワンツバキ(ゴードニア)

ツバキ(椿)

タイワンツバキ(ゴードニア)は、ツバキの花に似ているものの、大きく伸びた葉が特徴的な花木です。開花時期は10~4月頃です。タイワンツバキは、冬の乾いた寒風に弱く、霜が降りると花が傷みやすくなるため、霜や寒風を避けられる場所に植えましょう。

ユリオプスデージー

ユリオプスデージーは、黄色のマーガレットに似ている花を咲かせる花木です。植えたばかりの頃は、茎が緑で、数年たつと茎が木化する特徴があります。開花時期は11~5月頃です。芽の先端をつまみ取る「摘心」を繰り返し行えば、わき芽が出るため、初心者でも簡単に株数を増やせます。鉢植えで何年も育てていると枝が老化してきて花付きが悪くなるので、2〜3年に一度伸びすぎた枝を付け値まで切り詰め、新しい枝を出させると花数が増えます。

冬の寄せ植えを楽しむ方法

冬の花で寄せ植えを楽しむためには、花選びが肝心です。ここでは、寄せ植えに向いている花の選び方や注意点を解説します。

寒色系の色でまとめるとワンランク上の仕上がりになる

寒色系の色でまとめる

冬にぴったりの寄せ植えにするなら、青や紫などの寒色系の花を組み合わせると上品かつ、季節感を出せます。とくに、冬はクリスマスやお正月などのイベントが多いため、時期に合った花を選びましょう。赤花のガーデンシクラメンなどを加えるとクリスマス感がアップします。年末頃によく出回る、小さなコニファーをツリーに見立ててアレンジするのもおすすめです。

育て方が似ている植物を組み合わせる

育て方が似ている植物を組み合わせる

同じ冬に咲く花でも、品種によって水やりの頻度や耐寒性の強さが異なります。寄せ植えにする際は、なるべく同じ特徴をもつ花でまとめると、水やりなどの管理の負担を減らせます。ポインセチアは冬によく出回る花ですが、本来は気温が高い環境を好む植物なので、戸外で飾る寄せ植えには向きません。

まとめ

冬の花は、比較的寒さに強く丈夫な品種が多いうえに、季節を彩る色あざやかな花を咲かせる特徴があります。室内向きや庭でも育てられる種類も多いため、管理のしやすさや育てたい場所などを考慮したうえで、気に入った花を選びましょう。

株式会社カインズの「公式通販・オンラインショップ」では、オリジナル商品の取扱いが豊富で、ガーデニングや園芸作業に必要なアイテムが、ボタン一つでそろいます。園芸用品や土、肥料、ホースなどをお求めの人は、ぜひご利用ください。

冬の花の取り扱いも豊富!ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから