リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

日陰でも元気に育つおすすめの木15選|目隠しやシンボルツリーに

スタッフ

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

「日陰の北向きの玄関や庭で植物を育てたいけど、きちんと育つのか不安…」という方へ。実は日陰でも元気に育つ木は意外と多いのはご存知でしょうか。日陰で育つ木はメンテナンスも少なくすむため、普段忙しい方やガーデニング初心者の方でも育てやすい特徴があります。

この記事では日陰でも元気に育つ木をご紹介。目隠し用やシンボルツリーをお探しの方もぜひ参考にしてみてください。

日陰のタイプ:半日陰・明るい日陰・暗い日陰

まずは木を植えたい場所の日陰のタイプをチェックします。一言「日陰」と言っても、日陰は主に「半日陰」「明るい日陰」「暗い日陰」の3タイプに分かれます。まずは家の庭がどのタイプなのか確認しておきましょう。

半日陰 1日のうち半日くらい日が当たる日陰のこと。木漏れ日が差し、日なたと日陰が半分ずつ混じっているような場所も半日陰に分類される。
明るい日陰 直接日光が当たらない or 日が差しても数十分程度の日陰のこと。
暗い日陰 1日中ほぼ日が差さず、間接光もない日陰のこと。まわりが建物に囲まれていたり、高い塀で日差しが遮られた場所も暗い日陰に分類される。

引用元:【厳選】日陰でもOK!シェードガーデンにおすすめの花15選

シェードガーデン作りのポイント

シェードガーデン作りのポイント

日陰のタイプがチェックできたら、シェードガーデン作りのポイントも確認しておきましょう。

  • 土壌を整える
  • 湿気対策をする
  • グランドカバーも植えると見栄えが良くなる

それぞれ詳しく見ていきます。

ポイント1.土壌を整える

日陰でも育つ木は、基本的に植えっぱなしでも元気に育つものが多く、水やりや肥料などの手間が少ないのが特徴です。やせ地や水はけの悪い場所でも育つことが多いですが、事前に土壌を整えておくことでより育ちやすくなります。腐葉土をすき込んだり元肥を施すなどして、植物が育ちやすい環境を整えましょう。

ポイント2.湿気対策をする

日陰は必然的にじめっとした土壌になりやすいです。あまりにも多湿で水はけが悪いと、根腐れを起こしたり、病害虫の原因になることもあります。土を触ったときにポロポロと崩れるようであれば問題ありませんが、もし崩れないようなら砂と「鹿沼土」を混ぜて土壌を改良しましょう。

もし改良が難しければ、木を植える場所以外の土に石やレンガを敷き詰めるのもおすすめです。雑草も生えにくくなるため、メンテナンスも楽になります。ただ、中にはある程度の湿気を好む木もあるため、事前にしっかり確認してから植えるようにしましょう。

ポイント3.グランドカバーも植えると見栄えが良くなる

木以外にももっとガーデニングを楽しみたい方は、グランドカバーとして日陰で育つ花を植えるのがおすすめです。常緑性のあるカラーリーフやアジュガ、クリスマスローズなどの花を植えると、より庭が華やいで明るい印象になります。耐陰性のある花も比較的手入れの手間が少なく育てやすいので、余裕のある方はぜひ挑戦してみてください。

日陰でも元気に育つおすすめの木15選

日陰でも元気に育つおすすめの木1.ヒイラギ

日陰でも元気に育つおすすめの木1.ヒイラギ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
暗い日陰:○
樹高 4~10m
耐寒性 強い
耐暑性 強い

ヒイラギはトゲトゲの葉が特徴の常緑樹。西洋では魔除けの葉とされていて、庭の目隠しやシンボルツリーにも人気です。耐陰性があるので日陰でも育ちますが、なるべく半日陰ぐらいの場所で育てるのがおすすめです。耐寒性・耐暑性も強く、お手入れもほぼ必要ないため初心者の方でも育てやすい木です。ただ葉が密になりすぎると風通しが悪くなり、葉が傷んだり害虫が発生することがあるため注意しましょう。詳しい育て方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ゴシキヒイラギ(五色ヒイラギ)の育て方とは?水やりのコツや肥料の与え方、剪定方法などについて解説【カインズ植物図鑑】

日陰でも元気に育つおすすめの木2.ツバキ

日陰でも元気に育つおすすめの木2.ツバキ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
暗い日陰:○
樹高 5~20m
耐寒性 強い
耐暑性 強い

ツバキは寿命が長く丈夫なため、日向でも日陰でも育ちますが、花つきを良くするには半日陰ぐらいの場所に植えるようにしましょう。耐寒性も強く、花は11月~12月、2月~4月頃に咲くため冬も楽しむことができます。詳しい育て方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ツバキ(サザンカ)の育て方とは?肥料の与え方や水やりのコツ、病気や害虫への対策について解説【カインズ植物図鑑】

日陰でも元気に育つおすすめの木3.ヤブコウジ

日陰でも元気に育つおすすめの木3.ヤブコウジ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
暗い日陰:○
樹高 10~30cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い

ヤブコウジは常緑性のある低木で、夏になるとピンクや白の花を咲かせ、晩秋から冬にかけて赤い実をつけます。直射日光が苦手なため、半日陰〜日陰ぐらいの場所に植えるようにしましょう。また少し湿度があるところだと、より元気に育つのでおすすめです。

日陰でも元気に育つおすすめの木4.ソヨゴ

日陰でも元気に育つおすすめの木4.ソヨゴ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
樹高 10m
耐寒性 強い
耐暑性 強い

ソヨゴは日向だけでなく、半日陰でも育つ常緑樹。大きく育てるには時間がかかりますが、成長すると10mほどになるため、シンボルツリーにも人気です。1本だけでも枝が広がるので目隠しになりますが、間を空けて数本並べると、より見栄えも良くなるのでおすすめです。

日陰でも元気に育つおすすめの木5.シマトネリコ

日陰でも元気に育つおすすめの木5.シマトネリコ

おすすめの環境 半日陰:○
樹高 10m
耐寒性 少し弱い
耐暑性 強い

シマトネリコは日向を好みますが、日陰でも育ち、シンボルツリーとして人気の高い木です。耐寒性が少し弱いため、関東以南の地域で育てるようにしましょう。その分、耐暑性があり湿気にも強いため、初心者の方にもおすすめです。

日陰でも元気に育つおすすめの木6.ハイノキ

日陰でも元気に育つおすすめの木6.ハイノキ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
樹高 3〜4m
耐寒性 少し弱い
耐暑性 強い

ハイノキは半日陰〜明るい日陰ぐらいの場所に植えるようにしましょう。関東以南の地域で自生している常緑樹で、寒さに少し弱いため、寒風を避けられる場所を選ぶのもポイントです。ハイノキは比較的成長がゆっくりで、年間20cmほどずつ伸びます。そのため剪定や手入れなどメンテナンスが少なくてすむというメリットも。4月〜5月頃に小さい白い花を咲かせます。花は甘い香りもするため、見た目だけでなく香りも楽しむことができます。

日陰でも元気に育つおすすめの木7.カクレミノ

日陰でも元気に育つおすすめの木7.カクレミノ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
暗い日陰:○
樹高 1〜2m
耐寒性 少し弱い
耐暑性 強い

カクレミノはとても丈夫な常緑樹で、日陰や塀に近い場所でも元気に育ちます。株立ち状(木の根本で切り落とし、一株から茎や枝が地際から数本立ち上がったような樹形を作ること)に仕立てると、横に広がらずに成長するため、狭い玄関先などでも育てることができます。

日陰でも元気に育つおすすめの木8.ジューンベリー

日陰でも元気に育つおすすめの木8.ジューンベリー

おすすめの環境 半日陰:○
樹高 3〜5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い

ジューンベリーは名前の通り、6月に赤い実をつけるバラ科の落葉樹です。春頃に白い花をつけ、初夏に赤い実がなります。落葉樹なので新緑や秋の紅葉も見ることができ、1年を通して楽しめる木です。黒く熟した実を収穫したあと、重さの半量の砂糖と、レモン半分を加えて煮詰めるとジャムを作ることができます。

日陰でも元気に育つおすすめの木9.ヒメシャラ

日陰でも元気に育つおすすめの木9.ヒメシャラ

おすすめの環境 半日陰:○
樹高 12〜15m
耐寒性 強い
耐暑性 強い

ヒメシャラの幹は樹皮が薄く、滑らかな赤褐色をしていて見た目が良く、シンボルツリーとしても人気の高い木です。日向を好みますが、強い日差しと高温・乾燥に弱いため、半日陰ぐらいの場所で育てるようにしましょう。

日陰でも元気に育つおすすめの木10.アセビ

日陰でも元気に育つおすすめの木10.アセビ

おすすめの環境 半日陰:○
樹高 1~3m
耐寒性 強い
耐暑性 強い

アセビはツツジ科の常緑樹で、庭や公園、街路樹などにも広く植えられています。2月~4月頃に白い小さな花を房状に咲かせ、ほのかに良い香りがするのが特徴です。アセビは日陰でもよく育ちますが、 花つきを良くするために半日陰ぐらいの場所で育てるようにしましょう。

日陰でも元気に育つおすすめの木11.アオキ(アオキバ、アオギ)

日陰でも元気に育つおすすめの木11.アオキ(アオキバ、アオギ)

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
暗い日陰:○
樹高 1〜3m
耐寒性 強い
耐暑性 少し弱い

アオキは鮮やかな緑の葉が特徴的な常緑樹で、耐陰性があるので北向きの玄関や庭などによく植えられています。常緑性があるため生け垣にもピッタリです。複数のアオキを植えると結実することがあり、冬にキレイな赤い実を楽しむことができます。

日陰でも元気に育つおすすめの木12.ヤツデ

日陰でも元気に育つおすすめの木12.ヤツデ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
樹高 3~5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い

ヤツデは天狗のうちわのような大きい葉をつけ、11月〜12月頃には白い花を楽しむことができます。陰樹の代表的な木で、午前に2時間程度しか日が当たらないような日陰でも元気に育つのが特徴です。

日陰でも元気に育つおすすめの木13.レッドロビン

日陰でも元気に育つおすすめの木13.レッドロビン

おすすめの環境 半日陰:○
樹高 3〜10m
耐寒性 少し弱い
耐暑性 強い

レッドロビンは、名前の通り鮮やかな赤い新芽が特徴で、成長するにつれて緑色になる常緑樹です。新芽をキレイに赤くさせたい場合は、日向で育てるのがおすすめですが、半日陰でも元気に育ちます。耐暑性があり、適度に湿度のある場所を好みますが、やせ地でも育つため、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。

日陰でも元気に育つおすすめの木14.ハナイカダ

日陰でも元気に育つおすすめの木14.ハナイカダ

おすすめの環境 半日陰:○
明るい日陰:○
暗い日陰:○
樹高 1〜2m
耐寒性 強い
耐暑性 普通

ハナイカダは花と実のつく位置が独特で、葉の真ん中にちょこんとつくのが特徴です。日陰と湿度のある場所を好み、北向きの玄関や庭でも元気に育ちます。耐寒性があり寒さには強いですが、乾いた寒風を嫌うため、冬の時期に北風が当たるような場所は避けて植えるようにしましょう。

日陰でも元気に育つおすすめの木15.カラタネオガタマ

日陰でも元気に育つおすすめの木15.カラタネオガタマ

おすすめの環境 半日陰:○
樹高 3〜5m
耐寒性 少し弱い
耐暑性 普通

カラタネオガタマの花は小さくあまり目立ちませんが、バナナのような甘い香りが特徴です。花の寿命は1〜2日と短いですが、どんどん開花するため10日ほどは楽しむことができます。半日陰でも元気に育ち、花を咲かせますが、しっかり花つきを良くしたい場合は日向に植えるのがおすすめです。

まとめ:日陰でも木を育てて素敵な庭作りを

まとめ:日陰でも木を育てて素敵な庭作りを

いかがでしょうか。ここまでシェードガーデン作りのポイントや日陰でも元気に育つ木について紹介してきました。比較的メンテナンスの手間が少なくすむものが多いため、普段中々手入れができない方や、ガーデニング初心者の方でも育てやすい特徴があります。シンボルツリーや目隠し用に木を植えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから