リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

コクゾウムシを寄せ付けない対策と発生した場合の簡単駆除方法

スタッフ

カインズ How to ペット編

カインズ How to ペット編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のペット関連のコンテンツを文字起こししています。

コクゾウムシは漢字で「穀象虫」と書く、体長3mmほどの黒い甲虫です。見た目はオスのカブトムシのようでかわいらしいものの、名称のとおり穀類が大好きで、お米や乾麺などの貯蔵食品を食害します。どこからともなくやって来て、気がつくと米びつや米袋の中に住み着いている厄介な害虫といえます。

そこでこの記事では、コクゾウムシの特徴や生態にフォーカスしたうえで、発生を防ぐ予防と対策を詳しく解説します。一度住み着かれると駆除するほかないため、コクゾウムシを効率的にやっつける方法についてもまとめました。ぜひ最後までお読みいただき、大切な食品を守る対策をマスターしてください。

コクゾウムシってどんな虫?

コクゾウムシってどんな虫?

分類 コウチュウ目(鞘翅目)・オサゾウムシ科
学名 Sitophilus zeamais Motschulsky [Curculionidae]
分布 日本を含む世界各国
外見の特徴 ・赤褐色や黒褐色の体色
・全身に淡い斑点がある
・口吻が突出している
食性 米、麦、トウモロコシなどの穀類(加工食品を含む)
寿命 成虫で約100日

コクゾウムシはオサゾウムシ科に属するゾウムシの一種です。日本を含む世界中に生息しており、野外では水田や麦畑などでも確認されています。

外見の特徴

甲虫類特有の硬く光沢のある外皮を持ち、一見すると小さなオスのカブトムシのようですが、イネ科穀類の大害虫であり、多くの人にとってはかわいい存在ではないでしょう。

外見上の最大の特徴は、角のように突き出た口吻(口先)です。鋭くて硬く、鳥のクチバシのような器用さも備えており、穀物に穴を開ける形で食害します。

体長が約3mmと非常に小さく、目視では見つけにくいところが厄介といえます。特に幼虫は白いウジ虫状の体をしており、米びつや米袋内の白米と同化します。

食性

別名「米虫」とも呼ばれていることから、特にお米を食害することで有名です。麦や豆などの穀類やトウモロコシのほか、乾麺、マカロニ、切芋といった加工食品も大好きです。そのため、米をはじめとする餌が大量に貯蔵されている民家は、コクゾウムシにとって楽園のような場所といえます。

ライフサイクルと寿命

コクゾウムシは越冬できるため年中発生しますが、活発になりやすいのは高温多湿な梅雨時です。

成虫は鋭く硬い口吻で穀物の中心部に穴を開け、食害するとともに卵を産み付けます。産卵する回数は1年に3~4回、1匹のメスが一生涯で産む卵の数は200~300個といわれています。たった数匹のコクゾウムシの侵入を許したばかりに、大家族を築かれてしまう恐れがあるということです。

孵化した幼虫はそのまま穀物の中で暮らし、蛹を経て成虫へ。産卵から成虫になるまでの期間は約1か月ですが、15℃を下回る寒い時期では活動を休止するため、コクゾウムシを目にするのは3~4月になってからが多いでしょう。

成虫になっても引き続き同じ場所で生活しますが、餌場を求めて長距離移動することもあります。成虫の寿命は約100日であり、長寿の個体でも200日程度といわれています。

コクゾウムシの亜種と同様に注意すべき害虫

コクゾウムシの種類

コクゾウムシにはさまざまな種類が確認されていますが、日本で見られるのは主に二種類です。一つは「コクゾウムシ」と代表種のように呼ばれる体長3mmほどの種類で、もう一つは2mm~3mm以下の「ココクゾウムシ」です。

コクゾウムシとココクゾウムシとの大きな違いは、ココクゾウムシは飛翔能力を持たない個体が多い点です。また、ココクゾウムシの幼虫は野外では越冬できません。そのため、どこからともなくやってくる大半のコクゾウムシは、ノーマル種といえるコクゾウムシのほうでしょう。

飛翔能力を持たないといえば、コクゾウムシよりも大型(体長約4mm)の「グラナリアコクゾウムシ」という種類もいます。日本では食品工場や食品倉庫で時おり発見される程度で、定着はしていないといわれていますが、油断できない存在です。

お米の大敵はコクゾウムシだけではない? 

お米に沸くのはコクゾウムシだけではなく、ほかにも注意すべき害虫がいます。

コクゾウムシと並んで大敵なのは、「ノシメマダラメイガ」という蛾の幼虫です。ノシメマダラメイガの幼虫は2mm程度の白いイモムシで、お米に潜り込むと簡単には見分けがつきません。お米の外側から胚乳部分やぬか層を食べ、糸を吐いて巣を作ります。米が糸でつながったような状態になっていたら、ノシメマダラメイガの存在を疑いましょう。

また、コナナガシンクイという、コガネムシ型の甲虫も油断なりません。体長は2~3mmほど、体色は赤褐色~暗褐色をしており、細長い円筒形の体型をしているのが特徴です。コクゾウムシと同じく穀類が大好物で、でん粉を含むものならほとんどのものを食害します。

コクゾウムシがもたらす被害 

コクゾウムシがもたらす被害

コクゾウムシが発生することで受ける被害にはどのようなものがあるのか、改めて整理します。「1匹や2匹見かけた程度なので大丈夫かな……」などと甘く見ていると、予想を超える被害に遭うかもしれません。

貯蔵食品が食害される

コクゾウムシは幼虫・成虫ともに食欲旺盛で、お米、小麦、トウモロコシやパスタなど、多くの貯蔵食品を食害します。

成虫はクチバシのような口先で穀類の内部に穴を開けて食害するため、食べられたお米などはスカスカな状態になってしまいます。また、幼虫は穀類の内部で孵化・発育し、貯蔵食品を台無しにします。

ここでよく、「コクゾウムシが発生した後の食品を食べても大丈夫か」という疑問が上がりますが、やはり食べないほうがよいでしょう。コクゾウムの成虫を駆除し、取り除いたとしても、卵や幼虫は紛れ込んでいる可能性があるためです。コクゾウムシの卵や幼虫を食べても人体に影響はないといわれていますが、アレルギー症状が出る可能性はゼロではありません。

大量発生する

コクゾウムシは繁殖能力が高く、たった数匹紛れ込んだだけで大量出現する恐れがあります。侵入防止策を取っていれば防ぐのは可能ですが、飛翔しての長距離移動ができるため、外部からの侵入を完璧にシャットアウトするのは難しいといえます。

また、コクゾウムシが大量発生すると、貯蔵食品内で発熱現象が見られることがあります。一般的には30℃程度、高いときは38℃ほどまで上がるため、寒い季節でも活発に動けます。結果、幼虫がすくすくと育ち、繁殖のスピードも上がってしまいます。

不快である

コクゾウムシに限らず、大量発生する虫は不快に感じるでしょう。大切な食品に群がるうえ、飛翔して散らばることもあるため、虫が苦手な方はパニックになるかもしれません。

また、コクゾウムシがある程度増えた後に存在に気がつくケースでは、「何匹か食べてしまったのではないか」と不安に駆られることもあるでしょう。前述の通り、コクゾウムシを食べてしまっても健康被害が出ることは少ないといわれていますが、不快になるのは間違いありません。

コクゾウムシが発生する原因と寄せ付けない対策 

コクゾウムシが発生する原因と寄せ付けない対策 

虫はいつの間にか沸いていることが多いですが、虫が自然発生することはなく、何らかのルートで家屋に侵入しています。それはコクゾウムシも例外ではありません。そこでこのトピックでは、コクゾウムシが出現する原因を特定したうえで、その対策をいくつか紹介します。

発生する原因1:購入時から付着している

稲作農家の多くは、農薬を使用してコクゾウムシをはじめとする害虫が混入しないよう対策を練っています。出荷時にも気を配っており、割れたお米、変色したお米、虫食い跡があるお米は取り除くのが基本ですが、100%排除できるとは限りません。

成虫が紛れ込んでいるケースは少ないとしても、お米の内部に産み付けられた卵が残っている可能性は十分にあります。無農薬栽培を売りとしている農家から購入している場合は、なおさらコクゾウムシが付着している確率が高まるといえます。

発生する原因2:貯蔵食品の保存・管理状態が悪い

コクゾウムシは丈夫な翅を持っており、長距離移動も可能です。体が小さいため、わずかな隙間からでも侵入できます。したがって、お米の保存状態に「スキ」があると、コクゾウムシに新しい餌場だと認定される恐れが高まります。

  • お米を購入した袋のまま保管している
  • 床に散らばったお米を掃除していない
  • お米の保存容器が不衛生なまま

このような保存状態の場合、コクゾウムシが発生する確率が高まります。

コクゾウムシ対策1:買いだめしない

コクゾウムシの餌となるお米や蕎麦などを適切に管理する方法の一つは、そもそも必要以上に買いだめしないことです。貯蔵食品が増えれば増えるほど管理の場所や手間を取るため、1か月程度で食べ切れる量など、適量の保存を心がけるとよいでしょう。

コクゾウムシ対策2:密閉容器で保管する

コクゾウムシは固くて鋭い口吻でお米の袋などに穴を開けて侵入することもあります。したがって、コクゾウムシが侵入・突破できないふた付きの密閉容器で保存するとよいでしょう。少量であればペットボトルも大活躍します。なお、お米の移し替えには漏斗が便利です。

コクゾウムシ対策3:冷蔵庫に入れて保管する

お米などを冷蔵庫に入れて保管する手段も有効です。コクゾウムシの侵入をガードできるうえ、低温で保管できるため、たとえコクゾウムシが侵入していても活動・繁殖を防げます。下記のような保冷タイプの米びつも販売されています。

コクゾウムシ対策4:風通しの良い場所で保管する

お米などを常温で保管する場合は、風通しの良い場所で管理するのが基本です。コクゾウムシは高温多湿な環境を好むため、いくらか発生を防げるでしょう。

なお、たとえ適切な場所で保管していても、不衛生な状態で置いておくのはNGです。コクゾウムシでなくとも、ほかの害虫が発生する恐れがあります。

コクゾウムシ対策5:防虫剤を使う

コクゾウムシはお米や乾麺のにおいにつられてやってくるため、活性炭入りの専用防虫剤と一緒に保管するのもおすすめです。

コクゾウムシ対策6:トウガラシと一緒に保管する

害虫の多くはトウガラシに含まれるカプサイシンを嫌がるため、トウガラシと一緒に保管するのも有効だといわれています。トウガラシの数はお米の量によって調整しますが、10kgに対して5本程度が目安です。

なお、トウガラシのへたはカビの元になる恐れがあるため、へたは必ず取り除きましょう。

コクゾウムシを駆除する方法

コクゾウムシを駆除する方法 

コクゾウムシは飛行してやってくるため、注意していても発生・繁殖してしまう場合があります。発生してしまった場合は駆除するほかありませんが、効果的にやっつけるのにはいくつかの方法があります。

殺虫剤を使う

もっともスムーズで手間がかからないのは、ピレスロイド系の殺虫剤を使うことです。ピレスロイドとは、除虫菊に含まれる天然殺虫成分「ピレトリン」とよく似た化学構造を持つ合成化合物のことで、一般的な家庭用殺虫剤として販売されています。強い即効性があり、微量でもよく効くうえ、忌避効果も期待できます。

また、くん煙剤を炊き、そのほかの不快害虫とまとめて退治するのもよいでしょう。もちろん、食べる予定の穀物本体には薬の成分が付着しないようにご注意ください。

日光に当てる

米びつなどにコクゾウムシを発見したら、ベランダなど日当たりの良い場所に清潔な紙を敷き、お米を広げましょう。コクゾウムシは太陽光が苦手なため、ゴソゴソと逃げ回る個体が出てくるはずです。それをピンセットなどで取り除いてください。

ただし、日に当てる時間が長すぎるとお米が乾燥してしまうため、できるだけスピーディーに行うのがコツです。

水でよく洗う

お米に発生したコクゾウムシは、水で洗うことで駆除できます。お米を研ぐ要領で、時間をかけてゆっくり洗えばかなりの数を駆除できるでしょう。

ただし、大量発生している場合はお米のおいしい部分を食べられている可能性が高く、コクゾウムシの生き残り入りのお米を食べてアレルギーを起こす恐れもあるため、お米ごと廃棄する方も多いです。

手に負えない場合は害虫駆除業者に相談する手も

手に負えない場合は害虫駆除業者に相談する手も

「あまりにも大量発生している」「コクゾウムシが気持ち悪くて触りたくない」という方は、害虫駆除業者に依頼するのも一つの方法です。多くの害虫駆除業者はハチ・シロアリ・ゴキブリ・ムカデなど幅広い害虫駆除に対応でき、コクゾウムシも例外ではありません。

気になる費用は駆除業者によってさまざまであり、発生場所や量、被害度などによって異なるケースがほとんどです。相場を知る意味でも、見積もりは複数社から取ることをおすすめします。

※専門家・有識者のみなさま

本記事の内容については細心の注意を払っておりますが、行き届かない点、お気づきの点がある場合は、下記メールアドレスまでご連絡ください。迅速に対応させていただきます。

info_tonarinocz@cainz.co.jp

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから