凸ノ高秀(とつのたかひで)

凸ノ高秀(とつのたかひで)

漫画家、イラストレーター。代表作に『童貞骨牌』『蝉の恋』『アリスと太陽』など。喋っていないと死ぬ。

WebSite

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第16話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第16話「いとし」。もう少しで1歳になるうまきちゃんが箱の中で寝ています。それを見た凸ノさんは、うまきちゃんの成長と1年1年の尊さを感じて……。

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第8話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第8話「物見櫓」。うまきちゃんがまったく使おうとしなかった、小さめのキャットタワー「コンパクトキャットファニチャー」。リビングに置いていても仕方ないと思い、“とある場所”に移動させたところ、なんと毎日使うように!

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第15話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第15話「領土」。「猫も人間も使える座椅子」を購入した凸ノさん。すっかり座椅子が気に入ったうまきちゃんは、凸ノさんが座椅子を使っているところを目撃して……。

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第14話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第14話「爆釣」。凸ノさんも「本物の釣り竿のような仕上がり!」とご満悦の猫用おもちゃ。凸ノさんが考える「このおもちゃの最大のメリット」とは?

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第13話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第13話「崩壊と創造」。ペットオーナーなら誰しも身に覚えがある、ペットの名前に関する“飼い主あるある”です。

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第12話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第12話「震」。じゃれたり口にくわえたりして遊べるおもちゃ「動くマウス」を、オマケ程度のチープな代物と考えていた凸ノさん。しかし、それを手にしたうまきちゃんがとった思わぬ行動により、予想外の楽しみ方を発見することに!

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第11話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第11話「反抗期」。深夜、飼い主の凸ノさんが寝ている隣の部屋で、ガサゴソと何かやっているうまきちゃん。翌朝になって“動かぬ証拠”を見つけた凸ノさんは、意外にも「反抗期の子どもをもつ親の心」を知ることに!

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第10話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第10話「天才じゃん」。カインズで発見した、自動で猫じゃらしがギュンギュン回るおもちゃ「キャッチ ミー イフ ユー キャン2」。最初は夢中で遊んでいたうまきちゃんですが、しばらく遊んでいるうちに、ラクして楽しめる天才的な遊び方(!?)を発見してしまいました!

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第9話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第9話「いる…!!」。実家にいたときに、のべ6匹の猫を育てた凸ノ高秀さんも、一人暮らしで猫を飼うのは初体験。「実家時代には知らなかった」という、うまきちゃんの存在を強く認識できるようになった“とあるモノ”とは?

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第7話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第7話「習性」。猫の習性のお話かと思いきや、ペットオーナーなら誰もが「わかる!」と言ってしまいそうな、飼い主の習性のお話でした。

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第6話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第6話「ぜーはー」。せっかく買ったおもちゃに、猫がハマらなかったりすぐ飽きたりすると悲しいですよね。とはいえ、大ヒットしちゃうのも考えもの!?

愛猫マンガ『となりのうまきさん』第5話

漫画家・凸ノ高秀さん(@totsuno)と、愛猫・うまきちゃんの日常漫画『となりのうまきさん』の第5話「通知機能」。お湯が溜まるとお知らせしてくれる便利なうまきちゃん、のはずでしたが……。

Prev

  • 1
  • /