バーベキュー/KEYWORD

最強キャンプ飯「ビア缶チキン」! 片付けが超絶ラクな調理器具で作ってみた

最強キャンプ飯「ビア缶チキン」! 片付けが超絶ラクな調理器具で作ってみた

丸鶏にビールの缶を差し込んで、炭火で焼きあげる「ビア缶チキン」。その豪快さと美味しさから、最強キャンプ飯と称されることも。そんな「ビア缶チキン」を手軽に作れる方法を紹介します。持ち運びが簡単なコンパクトコンロと、使い捨てできるアルミ鍋を使って行う、片付けも超ラクな調理法とは!? 最後に番外編として肉まんも作ります!

【保存版】バーベキューで使った炭の片付け方と処理方法

【保存版】バーベキューで使った炭の片付け方と処理方法

キャンプで焚き火やバーベキューを楽しんだあと、忘れてはならないのが「火の始末」です。正しく炭を後始末をしておかないと、美観を損ねるだけでなく山火事などのリスクも出てきてしまいます。そこで、火の始末の際にやってはいけないことと、火消し壺を使った火の始末のやり方を解説します。

【極上キャンプ飯】炭火でステーキ肉をおいしく焼くコツ

【極上キャンプ飯】炭火でステーキ肉をおいしく焼くコツ

キャンプで豪快に味わいたいのは、やっぱりステーキ肉。でも、初心者にとっては火加減が難しく、思うように焼けないこともよくあります。お肉をジューシーでやわらかく仕上げるには、押さえておきたいポイントがいくつかあります。今回は、炭火コンロ と網を使った方法で、ステーキ肉をおいしく焼き上げるコツをご紹介します。

バーベキューは「炭」が決め手! 炭の種類と使い方を徹底解説

バーベキューは「炭」が決め手! 炭の種類と使い方を徹底解説

キャンプ飯やバーベキューで大活躍するのが「炭」。炭火で焼いて食べるお肉や野菜は絶品です。炭にはいろいろな種類があるため、選び方や使い方に迷うことがあるかもしれません。そこで今回は、主な炭の種類とその特徴、そして着火剤を使って火起こしをする手順を紹介します。

キャンプ初心者必見!アウトドアチェアの選び方と組み立て方

キャンプ初心者必見!アウトドアチェアの選び方と組み立て方

キャンプやBBQなどアウトドアシーンで大活躍するのが、アウトドアチェア。アウトドアチェアにはさまざまなタイプがあるため、どれを選べばいいのか迷う方もいるかもしれません。そんな方は、まず、おおまかな種類を知っておくと、選ぶのがラクになります。今回は、アウトドアチェアの主な種類と選び方のコツを紹介します。

バーベキューコンロの使い方。準備から片付けまでわかりやすく解説!

バーベキューコンロの使い方。準備から片付けまでわかりやすく解説!

キャンプ場や野外でバーベキューをするときに欠かせないのが「バーベキューコンロ」。その使い方を知っていますか? 使い方のポイントを押さえておくと、初心者でも失敗なしで楽しむことができます。そこで、バーベキューコンロを使ったバーベキューのやり方について、必要な道具、後片付けのコツとともに解説します。

焚き火やBBQで役立つ「薪割り」方法

焚き火やBBQで役立つ「薪割り」方法

焚き火をするなら、ぜひチャレンジしてほしいのが「薪割り」。 自分で薪を割るというひと手間を加えれば、焚き火タイムがより豊かに、楽しくなること間違いなし! 安全に薪割りを楽しむために、 薪の種類、薪割りに必要な道具、道具ごとの具体的な薪割りの方法をレクチャーします。

【焚き火のスゴ技】ライターもマッチも使わずナイフで火を起こせ!「バカ薪」を出すな!!

【焚き火のスゴ技】ライターもマッチも使わずナイフで火を起こせ!「バカ薪」を出すな!!

キャンプの楽しみは焚き火。その火の起こし方にキャンプの達人はこだわります。焚き火の着火方法にはライターやマッチが便利ですが、もっとワイルドに火を起こす方法があります。せっかくのキャンプならライターやマッチも使わずに、ナイフで焚き火の火を着けてみませんか?フェザースティックの作り方と併せてナイフとファイアースターターによる着火方法を紹介します。また、キャンプ場でバカ薪を出さないためのの焚き火の注意点や焚き火シートの使用方法などエチケットに関しても解説します。

キャンプ料理に大活躍! スキレットのシーズニング方法

キャンプ料理に大活躍! スキレットのシーズニング方法

キャンプで調理するときに用意したいのがスキレット。鉄を型に流し込んで作る鋳物(いもの)のフライパンのことで、温に強く、熱を長時間保持するという特性があります。しかし鉄製だけに「サビやすい」短所があります。そんなサビやすさ対策で行いたいのが「シーズニング」と呼ばれるお手入れ方法。今回はシーズニングの方法をわかりやすく紹介します。

キャンプの醍醐味! 焚き火台の使い方を完全攻略

キャンプの醍醐味! 焚き火台の使い方を完全攻略

焚き火を楽しむためにキャンプに行くというキャンパーもいるほど、焚き火はキャンプに欠かせません。しかし、最近のキャンプ場は地面でそのまま焚き火をすることを禁止している場所が多い。そこで活躍するのが「焚き火台」です。今回は、焚き火台の使い方を初心者にもわかりやすく紹介します。正しい使い方を覚えて、ぜひ焚き火を楽しんでください。

キャンプ必携のガスバーナー。種類と使い方を紹介!

キャンプ必携のガスバーナー。種類と使い方を紹介!

キャンプで料理や湯沸かしをするときの必携アイテムがガスバーナーだ。すぐに火が付くガスバーナーは燃料を簡単に持ち運べて、初心者でも使いやすく便利な熱源です。初心者でもわかりやすくガスバーナーの特徴と使い方をご紹介しますので、これからのキャンプ、アウトドアライフに役立ててください。

キャンプはいろんなスタイルで楽しむ。代表的なキャンプを紹介!

キャンプはいろんなスタイルで楽しむ。代表的なキャンプを紹介!

キャンプといってもそのスタイルは様々。最近のキャンプブームの勢いもあり、スタイルはどんどん細分化して分類されています。家族とするファミリーキャンプ、一人でするソロキャンプ、友人や同僚らとするグループキャンプなどなど。代表的なキャンプスタイルを紹介するので、ぜひお気に入りを見つけてください。自分に合っているスタイルを探すのもまた、キャンプの楽しみの一つですよ。

カインズのキャンプギアってどうなの? キャンパーたちが実際に使ってみた【焚火台編】

カインズのキャンプ用品ってどうなの? キャンパーたちが実際に使ってみた【焚火台編】

昨今のキャンプブームにより「そろそろキャンプを始めてみようかな」なんて興味を持っている方も多いのでは? 実はホームセンターカインズにはオリジナルのキャンプ用品がたくさんあるんです。そこで、普段からいろんなキャンプ用品を触っているキャンパーたちが、実際にカインズのキャンプ用品を使って試してみました。今回は焚火台関連を中心に検証します! 果たしてカインズのキャンプ用品は本当に使えるのか…!?

【おしえて!ホームセンター先輩】初心者でも本格キャンプができるの?

【おしえて!ホームセンター先輩】初心者でも本格キャンプができるアイテムは?

「おしえて!ホームセンター先輩」は、くらしの知識がなさすぎる株式会社おくりバント社長・高山洋平が、さまざまなくらしの”先輩”たちと一緒にカインズを遊び倒しながら、くらしのスキルを上げていくシリーズです。今回は、キャンプマニアの5歳先輩と一緒に、初心者でも本格キャンプができるアイテムを揃えてみました。

最後の1社になっても作る。バケツを原点に+αのモノづくりにこだわる尾上製作所

最後の1社になっても作る。バケツを原点に+αのモノづくりにこだわる尾上製作所

兵庫県姫路市にある株式会社尾上製作所は昭和20年代からバケツを作り続けている。トタンバケツは圧倒的な全国シェアを誇る。バケツの種類も豊富で、特1号から12号まで11種類、ツルベ、工事用、モルタル用、防火用、吸い殻入れまで作っている。じょうろも作っているが、昭和50年代からはアウトドアアイテムにも注力。バーベキューコンロ、焚火台、キャンプギアまで自社工場で制作するようになった。“作りたいものを作る!”そんな尾上製作所の名城嗣明専務取締役に、バケツやバーベキュー・キャンプ用品の開発秘話をインタビューした。

まさかBBQでナスを切ってない? 野菜は丸焼きが一番おいしい!

まさかBBQでナスを切ってない? 野菜は丸焼きが一番おいしい!

BBQは旬の野菜を焼くのも醍醐味。ナスをおいしく焼く方法についてちょっとした知識を持っているだけで、バーベキューの醍醐味はもっと深みを増します。ナスやピーマン、焼く前に切っていませんか?「焦がしてる」「パサパサになって、おいしく食べた印象がない」なんて人が多いのでは?実はナスは切らずに丸焼きすると煮浸しみたいで美味しくなります。ナスを実際に一本焼きしてみたので、ご覧ください。

キャンプ歴46年のベテランが教える、カインズのおすすめ「お庭キャンプ」グッズ

キャンプ歴46年のベテランが教える、カインズのおすすめ「お庭キャンプ」グッズ

キャンプ歴46年にして、お庭キャンプに興ずるアウトドア・マニアの私ですが、最近はキャンプをしたいと思っていても、なかなかアウトドアに出て行けない日々が続いています。私と同様に、もんもんとしているキャンパーは多いと思います。しかし、そんなときは天気のいい日に「お庭キャンプ」を楽しんでみてはどうでしょうか? お庭でのキャンプは、キャンプの玄人にもおすすめです。また、最近のキャンプブームに乗って、これからキャンプを始めたいというビギナーにとっても、山や海へ行く前に自宅でアウトドアグッズを試しておけるので安心です。私は、カインズで扱っているアウトドアグッズが大のお気に入り。おすすめのあれこれを、ベテラン視点でご紹介しながら、お庭キャンプを実践していきます。カインズのキャンプ用品は、オシャレで使い方も簡単。価格帯もリーズナブルなのに、その性能はかなり優秀なものばかりです。

「世界初の電動工具」を開発しすぎ! ボッシュが支えるクルマ、建設業、そしてDIY…

「世界初の電動工具」を開発しすぎ! ボッシュが支えるクルマ、建設業、そしてDIY…

ドイツが誇るテクノロジー・カンパニー「Bosch(ボッシュ)」。ボッシュと言えば、クルマいじりが大好きな方や、ホームセンターの電動工具コーナーを愛するDIY好きの方にはお馴染みだろう。もはやボッシュなしに自動車は走らない。その日本拠点が渋谷のカフェの上にある。今回は、世界初の電動工具を開発し続けてきたボッシュの歴史と、2019年に発売した電動ディスクグラインダー『X-LOCK(エックス・ロック)』について、ボッシュ株式会社 電動工具事業部 部長 高橋俊輔さんにインタビューした。知っている人はイヤになるほど知っている。知らない人はまったく知らない。そのギャップもまた、ボッシュの巨大さゆえだろう。

「塩」で熱中症予防! 食の専門家に聞いた“効果的な”塩のとり方

「塩」で熱中症予防! 食の専門家に聞いた“効果的な”塩のとり方

梅雨が明け、夏本番になると気を付けたいのが熱中症。人によって症状はさまざまですが、体のだるさ、吐き気、めまい、立ちくらみなどが熱中症の主な症状です。「予防には水分と塩をとるとよい」とよく聞きますが、どのようにとったらよいのでしょうか? 熱中症の基礎知識、効果的な塩のとり方、手軽にできる熱中症対策をフードコーディネーターがお伝えします。

自作ピザ窯の作り方。レンガを使って簡単DIY!

自作ピザ窯の作り方。レンガを使って簡単DIY!

自宅の庭にピザ窯を作りたい! そう思っているバーベキュー好きやキャンプ好き、料理好きの方は多いと思います。自分でピザ窯をDIYすれば、安く、しかもDIYそのものも楽しめて、ピザの美味しさも格別なものになります。本格的なピザを味わえて、DIY初心者でもできる「耐火レンガ」を使った、簡単なピザ窯の作り方をご紹介します。

デビューの前に! ダッチオーブンのシーズニング方法

ダッチオーブンのシーズニング方法

ダッチオーブンのシーズニング方法を紹介しています。アウトドアで「焼く、煮る、蒸す」など様々なバリエーションを期待できるダッチオーブンですが、ダッチオーブンを使うためには、シーズニングという最初の手入れがハードルを高くしています。シーズニングの目的は、大きくは2つ。1つ目は「出荷前に塗られたワックスを落とす」、2つ目は「油膜を作ってコーティングする」。今回は、ダッチオーブンデビューの前に必要なシーズニングに挑戦してみます。シーズニングに必要な道具は食器用洗剤、スポンジ(金タワシはNG)、キッチンペーパー、オリーブオイル(サラダ油でもOK)、耐熱性のミトンやリフター、クズ野菜(玉ねぎやショウガの皮、にんにくのへたなど)です。

炭の起こし方 初心者でも簡単に着火できるコツ

炭の起こし方 初心者でも簡単に着火できるコツ

バーベキューやキャンプに欠かせない「炭」ですが、初心者が甘く見ているとうまく着火させられず、なかなか食べ物にありつけないという悲しい事態もしばしば。炭の特性を理解し、必要な&便利な道具をそろえて、炭おこしマスターを目指しましょう。炭おこしに必要な道具、簡単な炭おこしのコツを紹介します。着火剤やインスタントコンロの使い方もわかります。

Prev

  • 1
  • /