#花/KEYWORD

“農薬を使ったオーガニック野菜”とは? 「未来の家庭菜園」を新提案

日本における「オーガニック」の認知・普及は、欧米に比べて10年遅れていると言われている。漠然と“良いもの”というイメージがありながら、なぜ日本ではオーガニックが正しく理解されないのか。カインズでチーフバイヤーを務めるF(グリーン・ガーデン部)は、この問題に悩み続けた末、2017年、オーガニックの啓蒙・普及のための商品開発に着手した。それはいわゆる「オーガニック食品の開発」ではなく、「家庭菜園でオーガニック栽培ができる農薬などの商品化」という新しいアプローチだった。

ペチュニアの育て方・栽培方法。追肥・切り戻し・病気対策も解説

ペチュニアの育て方・栽培方法をご紹介します。ペチュニアの苗の選び方から栽培場所(日当たり・風通し)、化成肥料・液体肥料のあげ方、きれいな花の形にする切り戻しの方法、病気への対策、必要な道具など、初心者でもペチュニアを育てられる情報をホームセンターのカインズが解説します。

カランコエの育て方とは? 水やりのコツや肥料の与え方、挿し木での増やし方などについて解説【カインズ花図鑑】

カランコエは室内向けの植物で、冬の時期に彩りを与えてくれる貴重な花です。この記事では、カランコエの特徴だけでなく、水や肥料の与え方、挿し木のやり方など、育て方のコツについて解説します。

ホテイアオイの育て方【カインズ花図鑑】

いろいろな花の特徴や育て方をお伝えする【カインズ花図鑑】。今回のテーマは「ホテイアオイ」です。青紫色の花を咲かせるホテイアオイ。涼しげでかわいらしく、金魚鉢がよく似合いますね。しかしこの植物、世界3大害草の“青い悪魔”と言われるほど恐れられているのです。その猛烈な繁殖力により、水面がなくなって船が難航したり、ボウフラ(蚊の幼虫)が湧いたり、秋には枯れて悪臭を放ち、大変な被害を及ぼしたりすることもあります。

マリーゴールドの育て方とは? 植える場所選びや水やりのコツ、肥料の与え方について解説【カインズ花図鑑】

マリーゴールドは花壇の定番とも言われるポピュラーな花で、春から初冬にかけて咲き続けます。しかし、植える場所や水やりの仕方などちょっとしたコツがあります。この記事では、育て方や肥料の与え方などマリーゴールドを育てる上でのポイントや注意点をご紹介します。

ナデシコの育て方とは? 種まきの時期や水やりのコツ、肥料の与え方などについて解説【カインズ花図鑑】

ナデシコは、春から秋ごろにかけて見頃になる花です。この記事ではナデシコという花の特徴と、種まきに最適な時期や水やりのコツ、肥料の与え方など、上手に育てるためのポイントについて解説します。

ボケの育て方とは? 場所の選び方や水やりのコツ、剪定の仕方などについて解説【カインズ植物図鑑】

ボケの花は日本の気候に適した植物ですが、上手に育てないとうっかり枯らしてしまうことも多い植物です。この記事では、ボケを枯らさないためのコツや、剪定するときのポイントなど、育て方のコツをご紹介します。

ブーゲンビリアの育て方【カインズ花図鑑】

いろいろな花の特徴や育て方をお伝えする【カインズ花図鑑】。今回のテーマは「ブーゲンビリア」です。真夏の太陽と青い空がよく似合うブーゲンビリア。とても鮮烈な色の花を咲かせますが、実は花に見えているのは花ではなく、苞(ほう)で、ブーゲンビリアに花びらはないのだそうです。花言葉は「あなたしか見えない」、「あなたは魅力に満ちている」という意味で、意中の相手へのプレゼントにぴったりです。

オキザリスの育て方【カインズ花図鑑】

いろいろな花の特徴や育て方をお伝えする【カインズ花図鑑】。今回のテーマは「オキザリス」です。可憐で美しい花と、かわいらしい葉が印象的なオキザリス。小さな葉は、ハート型をしています。オキザリスという名前は、ギリシャ語で「酸っぱい」という言葉が由来となったそうで、葉や茎に酸味があるのが特徴です。花言葉には、「輝く心」、「あなたと過ごしたい」という意味が込められています。

花の球根をプランターに植え付ける方法

花の球根をプランターに植え付ける方法をご紹介します。庭やベランダなどに設置できるプランターを使って、秋に植える花の球根を植え付けてみましょう。代表的な花はサフラン、ダイヤモンドリリー、アネモネ、フリージア、チューリップ。ダイヤモンドリリーやサフランは10月から11月、チューリップやフリージアは翌年の春に花を咲かせます。ぜひプランターに花の球根を植えて上手にきれいな花を咲かせてみましょう。

ガジュマルの育て方【カインズ花図鑑】

いろいろな花の特徴や育て方をお伝えする【カインズ花図鑑】。今回のテーマは「ガジュマル」です。葉の色が濃く、肉厚で光沢があり、茎や枝から根が飛び出す気根が特徴のガジュマル。力強さや生命力を感じることから、「健康」という花言葉が付けられたと言われています。ユニークな名前の由来は諸説あり、身長が低い木や岩などに絡みながら育つため「絡まる」が語源になったという説や、「風を守る」が変化してガジュマルになったという説もあります。

サンセベリアの育て方【カインズ花図鑑】

いろいろな花の特徴や育て方をお伝えする【カインズ花図鑑】。今回のテーマは「サンセベリア」です。空気を浄化し、マイナスイオンを発生するということで話題になったサンセベリア。葉の縞模様が虎の尻尾のように見えるため、「トラノオ」とも呼ばれています。とても丈夫で育てやすい植物なので、初めての方でも枯らさずに育てることができます。

Prev

  • 1
  • /