/KEYWORD

水草水槽をうまくやるには? タナカカツキが教える水草水槽の基本知識とレイアウト

水草水槽をうまくやるには? マンガ家・タナカカツキが教える水草水槽の基本知識とレイアウト

水草・流木・石などを水槽の中でレイアウトし、鑑賞を楽しむ「水草水槽」。その幻想的な美しさは、まるで生きた絵画のようです。世界水草レイアウトコンテスト2020年度日本人ランキング2位に輝いた、マンガ家のタナカカツキさんが、水草水槽の基本知識と魅力、始め方を解説してくれました。必要な道具から育成の細かな注意点までを紹介する、水草水槽の入門編です。

老舗・寿工芸が教えます。「水槽」から始める、初心者のためのアクアリウム入門

老舗・寿工芸が教えます。「水槽」から始める、初心者のためのアクアリウム入門

アクアリウムの世界に足を踏み入れるには、まずは「水槽について学ぶ」ことが不可欠だ。そこで指南を仰いだのが、老舗のアクアリウム用品メーカー・寿工芸株式会社。アクアリウムの始め方、初心者におすすめの水槽、近年のトレンドなどについて話を聞いた。

【売れ続けて30年】水換えの歴史を変えた、水作の「プロホース」発明物語

【売れ続けて30年】水換えの歴史を変えた、水作の「プロホース」発明物語

水槽内の水をきれいにするのに欠かせない水換えポンプ。なかでも、初心者からベテランまで幅広い支持を集めている大ヒット商品が、アクア用品の老舗「水作」の『プロホース』だ。いまや世界中で人気を博すこの水換えポンプは、いかにして発明されたのか。ろ過器の『水作エイト』でも知られる「水作」に話を聞いた。

熱帯魚の世界に「3秒革命」 画期的な商品“ラクフィル”を開発したジェックス社のウラ話

熱帯魚の世界に「3秒革命」 画期的な商品“ラクフィル”を開発したジェックス社のウラ話

熱帯魚ブームは再来するか? 1980年代後半から1990年代にかけて巻き起こった熱帯魚ブーム。しかし、その隆盛がいったん落ち着きをみせると、国内におけるアクアリウム人口は、少子高齢化と共に減少の一途をたどってきた。熱狂的ファンは依然として存在するものの、アクアリウム人口を総体的に増やすことは、アクアリウム業界全体の課題となっている。——そのような状況の中、アクアリウム用品メーカーのジェックス株式会社(GEX)が2020年2月、革新的な商品を開発した。昔ながらの“面倒な”観賞魚飼育のイメージを一新し、「アクアリウム人口の裾野を広げる糸口になるかもしれない」と期待されている。

Prev

  • 1
  • /