#調理器具/KEYWORD

料理研究家・リュウジの簡単やばうまレシピ「豚バラ大葉めし」

料理研究家・リュウジの簡単やばうまレシピ「豚バラ大葉めし」

どうも! リュウジです! 今回は、簡単ランチにもビールのお供にもなる「豚バラ大葉めし」をご紹介。調味料は白だしのみ、フライパンで炒めるだけなので、あっという間に完成します。豚のうま味と大葉の香りがごはんに乗り移って、何杯でもいけちゃいますよ。

「世界初の電動工具」を開発しすぎ! ボッシュが支えるクルマ、建設業、そしてDIY…

「世界初の電動工具」を開発しすぎ! ボッシュが支えるクルマ、建設業、そしてDIY…

ドイツが誇るテクノロジー・カンパニー「Bosch(ボッシュ)」。ボッシュと言えば、クルマいじりが大好きな方や、ホームセンターの電動工具コーナーを愛するDIY好きの方にはお馴染みだろう。もはやボッシュなしに自動車は走らない。その日本拠点が渋谷のカフェの上にある。今回は、世界初の電動工具を開発し続けてきたボッシュの歴史と、2019年に発売した電動ディスクグラインダー『X-LOCK(エックス・ロック)』について、ボッシュ株式会社 電動工具事業部 部長 高橋俊輔さんにインタビューした。知っている人はイヤになるほど知っている。知らない人はまったく知らない。そのギャップもまた、ボッシュの巨大さゆえだろう。

料理のプロおすすめ、本当に使える「ホーロー製品」5選

料理のプロおすすめ、本当に使える「ホーロー製品」5選

やかんや鍋から、お風呂に洗面台まで、身のまわりにあるたくさんの「ホーロー製品」。ホーローは汚れやにおいが付きにくく、お手入れが楽なイメージがありますが、実際ホーローとはどんなものなのでしょうか。ホーローとは、鉄やアルミニウムなどの金属の表面に、ガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けたもの。強くさびやすい「金属」の特徴と、美しくもろい「ガラス」の特性の両方を持ち合わせています。

「魚焼きグリル」でトーストとパプリカを絶品にする裏技

「魚焼きグリル」でトーストとパプリカを絶品にする裏技

魚焼きグリルはキッチンに標準装備されていることが多い。しかし「魚を焼くときにしか使っていない」という主婦の方も多いのでは?実は魚焼きグリルでトーストや焼き野菜を調理すると絶品です。焼きそら豆、パプリカでエスカリバーダ、天ぷらの温め直しなど魚焼きグリルはアイディア次第で優秀な調理器具。フライパンやオーブン調理より時短にもなります。魚焼きグリルの活用アイディアをご紹介!

食中毒予防のために管理栄養士が家庭で実践していること

食中毒予防のために管理栄養士が家庭で実践していること

「わが家の食事、衛生管理はこれで大丈夫…?」と不安に思ったことはありませんか? 毎日、仕事や勉強を頑張る家族のために、安心・安全な食事作りを心がけたいですよね。保育園給食の現場で食品衛生管理責任者を務めた管理栄養士が、家族の健康を守るために、家庭で実践している食中毒予防の方法をご紹介します。

自作ピザ窯の作り方。レンガを使って簡単DIY!

自作ピザ窯の作り方。レンガを使って簡単DIY!

自宅の庭にピザ窯を作りたい! そう思っているバーベキュー好きやキャンプ好き、料理好きの方は多いと思います。自分でピザ窯をDIYすれば、安く、しかもDIYそのものも楽しめて、ピザの美味しさも格別なものになります。本格的なピザを味わえて、DIY初心者でもできる「耐火レンガ」を使った、簡単なピザ窯の作り方をご紹介します。

台所でプチ世界旅行! 気分が上がる食器と世界の料理で食卓を一新してみた

台所でプチ世界旅行! 気分が上がる食器と世界の料理で食卓を一新してみた

「諭吉リノベーション」は、カインズの商品を1万円以内で組み合わせ、様々なおうちのお悩みを解決するシリーズです。今回は、DIYと旅が好きなタレントの藤岡みなみさんが、カインズの調理グッズと食器を使って世界のいろいろな料理を作ってみました。

デビューの前に! ダッチオーブンのシーズニング方法

ダッチオーブンのシーズニング方法

ダッチオーブンのハードルを上げるシーズニング。アウトドアで「焼く、煮る、蒸す」など様々なバリエーションを期待できるダッチオーブンですが、ダッチオーブンを使うためには、シーズニングという最初の手入れがハードルを高くしています。シーズニングの目的は、大きくは2つ。1つ目は「出荷前に塗られたワックスを落とす」、2つ目は「油膜を作ってコーティングする」。今回は、ダッチオーブンデビューの前に必要なシーズニングに挑戦してみます。シーズニングに必要な道具は食器用洗剤、スポンジ(金タワシはNG)、キッチンペーパー、オリーブオイル(サラダ油でもOK)、耐熱性のミトンやリフター、クズ野菜(玉ねぎやショウガの皮、にんにくのへたなど)です。

増えすぎた調味料をスッキリ! キッチン周りの省スペース収納術

増えすぎた調味料をスッキリ! キッチン周りの省スペース収納術

台所に収納スペースが少なすぎる…料理好きあるあるだと思いますが、ついつい調味料が増えがちになりませんか? お料理好きのライター・おかんさんが、調味料であふれたキッチン周りのスッキリ収納にチャレンジします。家で花椒バチバチに効いた麻婆豆腐もつくるし、牛スネ肉を5時間炊いたりするし、エスニック料理好きだからグリーンカレーとかパッタイとかも頻繁につくるし。しかし調味料が多すぎて取り出すのに時間がかかっているのは事実。というわけで、シンク下の収納は積み重ね棚(M)とSkittoハーフ(M)をふたつ使って、取り出しやすい&しまいやすいようにします。

プロが選ぶ、料理ビギナーが持つべき調理器具17選

プロが選ぶ、料理ビギナーが持つべき調理器具17選

料理に欠かせない調理器具。使いやすさと作りやすさを踏まえたうえで、フードコーディネーターが「最低限これは買っておくべき!」と考える、料理初心者さんに向けた基本の調理器具をご紹介します。自分好みのデザインのものを選ぶと、自然と料理も楽しくなりますよ! ご紹介するポイントを参考に、ぜひ気に入った調理器具を見つけてくださいね♪

実は炊飯器より早い! 15分で炊ける「鍋ごはん」

実は炊飯器より早い! 15分で炊ける「鍋ごはん」

「炊飯」には、ほとんどの人が炊飯器を使っていますよね。炊飯時間は、通常モードで45~60分くらい、早炊きモードでも25~45分くらいが目安です。それに比べて、ガスやIHなどのコンロを使って鍋で炊飯すると15分程度(+蒸らし時間10分くらい)でできてしまうってご存知でしたか? 「失敗しない?」「焦がしてしまいそう…」と心配な方もいらっしゃると思うのですが、意外に簡単にできる鍋での炊飯方法をお伝えします。

ていねいな暮らしに憧れて、漬け物を自分で漬けてみた

ていねいな暮らしに憧れて、漬け物を自分で漬けてみた

数年前からずっと抱き続けている「ていねいな暮らし」への憧れ。手仕事で作られた素朴で豊かな日々を夢見る人は、わたしだけじゃないはず。そんなことを考えながら、大好物のたくあんをポリポリ……。むむむ。つけものを自分で漬けて食べるとか、まさに「ていねい」だよなあ……。ふと思い立って実家の母にLINEしてみると、かなり手軽に漬けられるものがたくさんあるとのこと。ちなみに、めちゃくちゃ健康にもよいというハナシ。これはやってみるしかない……! というわけで、「ていねいな暮らし」に近づくべく、カインズの商品を使って自分でつけものを漬けてみることにしました!

日本人にとっての「究極のフライパン」とは? 大ヒット商品の開発秘話

日本人にとっての「究極のフライパン」とは? 大ヒット商品の開発秘話

「フライパンには、まだまだ改善の余地がある。日本人にとっての“究極のフライパン”を作りたい」──そう語るのは、カインズでフライパンの開発を担当しているH(オフィス・家庭用品部)だ。では、Hが考える日本人にとっての「究極のフライパン」とは何か? ホームセンターならではのフライパンは、ほかと何が違うのか? カインズ史上でも記録的なヒット商品と言える、プライベートブランドの『ストーンマーブルフライパン』。その改良プロジェクトの舞台裏も含めて語ってもらった。

休日の朝、思いっきりダラダラしたい人に。遮光カーテンとお手軽朝食アイテム【諭吉リノベーション】

休日の朝、思いっきりダラダラしたい人に。遮光カーテンとお手軽朝食アイテム

【諭吉リノベーション】快適な休日の朝 編 「諭吉リノベーション」は、カインズの商品を1万円以内で組み合わせ、様々なおうちのお悩みを解決するシリーズです。今回は、休日の朝を存分にダラダラしたいライター・斎藤充博さんが、カインズのアイテムを使った快適な朝の過ごし方をご紹介します。こんにちは。ライターの斎藤充博です。僕は眠るのが大好きです。夜に眠るのも好きだし、仕事の合間の昼寝も好き。でも一番好きなのは、休日の朝寝。この記事では僕の「朝寝」の工夫をお伝えしていきます。休日には極上の朝寝を楽しみたい

Prev

  • 1
  • /
  • 1

Next