#楽カジ/KEYWORD

1軍・2軍の「超ズボラ分け」収納術。使いやすいキッチンとは?

整理収納アドバイザー1級の有資格者・みゃおさんが、キッチンのズボラ収納術を伝授。つい買いすぎてしまうキッチン道具はかさ張りがちですが、ちょっとしたコツで上手に整理する方法があります。その収納テクニックとカインズの便利な収納グッズを、一緒にご紹介します。

「Googleの横にカインズ」違和感しかないb8ta出店の謎

違和感しかない。Googleなどの最新ガジェットと一緒に、カインズのごく普通の生活用品が陳列されているらしい。2020年8月、日本に初上陸したb8taストアでの話だ。b8taとは、世界中のイノベーティブな製品を紹介するシリコンバレー発の体験型の小売店。アメリカでは新しいモノ好きたちから注目を集め、RaaS(Retail as a Service)のパイオニア企業として、小売業に革命を起こすのではないかと期待されている。なぜ、そのような最先端のb8taストアに、カインズのような“ごく普通”のホームセンターの商品が出品することになったのか。「場違いなんじゃないか?」と本音をこぼす、カインズのb8taプロジェクト事務局・関剛士に話を聞いた。

プロが選ぶ、料理ビギナーが持つべき調理器具17選

料理に欠かせない調理器具。使いやすさと作りやすさを踏まえたうえで、フードコーディネーターが「最低限これは買っておくべき!」と考える、料理初心者さんに向けた基本の調理器具をご紹介します。自分好みのデザインのものを選ぶと、自然と料理も楽しくなりますよ! ご紹介するポイントを参考に、ぜひ気に入った調理器具を見つけてくださいね♪

子育て中の洗濯をもっとラクに! 「面倒くさい」を解消するランドリー&収納アイテム

「諭吉リノベーション」は、カインズの商品を1万円以内で組み合わせ、様々なおうちのお悩みを解決するシリーズです。今回は、小さなお子さんの洗濯物の多さに困っているライターのナカノさんが、カインズのランドリーアイテムで洗濯の様々な「面倒くさい」を解消します。

戦後「せんたく洗剤の歴史」 粉末からジェルボール、容器の変遷

昔の洗濯洗剤は、大きな箱に入った粉末洗剤が主流でした。昭和の家庭には、洗濯のたびに重たい容器を持ち上げる苦労がありました。しかし、最近はジェルボール洗剤やプッシュ式洗剤、さらに超コンパクトサイズの洗剤なども販売されるようになり、洗濯洗剤の多様化が進んできています。

実は炊飯器より早い! 15分で炊ける「鍋ごはん」

「炊飯」には、ほとんどの人が炊飯器を使っていますよね。炊飯時間は、通常モードで45~60分くらい、早炊きモードでも25~45分くらいが目安です。それに比べて、ガスやIHなどのコンロを使って鍋で炊飯すると15分程度(+蒸らし時間10分くらい)でできてしまうってご存知でしたか? 「失敗しない?」「焦がしてしまいそう…」と心配な方もいらっしゃると思うのですが、意外に簡単にできる鍋での炊飯方法をお伝えします。

日本人にとっての「究極のフライパン」とは? 大ヒット商品の開発秘話

「フライパンには、まだまだ改善の余地がある。日本人にとっての“究極のフライパン”を作りたい」──そう語るのは、カインズでフライパンの開発を担当しているH(オフィス・家庭用品部)だ。では、Hが考える日本人にとっての「究極のフライパン」とは何か? ホームセンターならではのフライパンは、ほかと何が違うのか? カインズ史上でも記録的なヒット商品と言える、プライベートブランドの『ストーンマーブルフライパン』。その改良プロジェクトの舞台裏も含めて語ってもらった。

Prev

  • 1
  • /