リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

2020.06.19

作ってみた

【傑作】DIYと園芸の見事な融合。一輪車を移動式「家庭菜園」に改造

ふかふか

ふかふか

ホームセンターの熱狂的ファン。特にカインズには長年通い続けいて、DIYと農業関連の商品については店員以上に詳しいと、ちょっと思っています。カインズに写真提供したこともあります。本来の用途とは異なる商品の使い方を考えるのが好きです。

カインズで「カインスパイア!」という快感

ホームセンターのカインズに通い詰めていると、商品にインスパイアされる形で「この商品はもしかしたら、あれに使えるんじゃないか?」と突然ひらめく瞬間があります。

私はこれを自分でカインスパイアと命名しています!

カインズとインスパイアを掛け合わせたダジャレの造語で、「今日もカインズに行ったら、“カインスパイア”されて余計なモノを買っちゃったよ」とか「今日は“カインスパイア”の雷が降ってこないんだよね」などと使います。

そして、この“カインスパイア”の醍醐味といえば、本来の使用目的とは異なることに商品を使ってみたら便利かも、とお店の中でひらめき、その商品を本当に買うべきか悩みまくった末に、結局、買って帰ることでしょう。

たとえば、この手袋はゴルフの打ちっぱなしで非常に重宝しています。本来は農業用の手袋なんですが、私がこれまでに使ってきたどのゴルフ用の手袋よりも、グリップ感が格段に優れています。しかもマレーシア産。

ただ、この事例については個人的な感想レベルになってしまい、わが“カインスパイア”のレベル的にも低めです。

そこで最近、私がもっとも成功した、快感レベルの高い“カインスパイア”の事例を紹介したいと思います。それは一輪車(通称ネコ)を本来の用途ではなく、家庭菜園用のプランターにDIYした件です。

重心が変わる一輪車「KUROCKER’S」をDIY

購入したのは、プロ向けの一輪車(通称ネコ)。

カインズのオリジナルブランド『KUROCKER’S』の商品「重心が変えられる一輪車 深型」です。

『KUROCKER’S』というブランドは、まだあまり世間に浸透していないようですが、「施主と施工者の問題解決につなげる」がコンセプトのプロ向け商品。

私の知人の大工は、このブランドを知っていました。カインズマニアの私はもちろん知っていました!

この一輪車の売り文句は、

  • プロ仕様なので使い勝手も抜群
  • 運ぶ物によってタイヤの位置(重心)を変えられる
    ※重い荷物は後ろ重心でラクラク持ち上げ、長い距離は前重心で安定走行
  • お庭に置きっぱなしでもサマになるカラーバリエーション
  • 浅型と深型の2種類

カインズの店内でこの一輪車の前を通ったことは何度もあるはずなのですが、ある日、突然、私は“カインスパイア”の雷に打たれました!

一輪車を移動式の家庭菜園用プランターにDIYしたら便利ではないか」と……。

カインズの神様、降臨の瞬間です。

赤、青、黄の3色のバリエーションがありましたが、そこは迷わずに赤をチョイス。

一般的な植物用プランターを買うよりも、たくさんのメリットが簡単に想像できたので、すぐに購入を決意し、DIYに着手しました。

そのメリットについてはのちほど……!

一輪車を家庭菜園プランターにDIY

まず、一輪車の底にドリルで穴を開けます。私は3×7個の穴を開けました。

一輪車にドリルで穴開け

植物に水をあげても、下に抜けるようにすることで、プランターの役割を果たします。

一輪車に穴をあけてプランター仕様に

水はけを良くするために、土を入れる前に鉢底石(軽石)を入れます。

土を入れる前に鉢底石(軽石)を入れる

ちなみに私は、何度も使いまわししやすいように市販の鉢底石を排水溝メッシュネットに入れて使用しています。このひと手間で植え替えするときに土と石を分離しやすくGOODです。

鉢底石を排水溝メッシュネットに入れておくと植え替えのときに便利

土を一輪車に入れて、

土を一輪車に入れる

野菜やお花を植えます。

野菜やお花を植える

簡単に、移動式の家庭菜園プランターをDIYできました!

移動式の家庭菜園プランターの完成

植えた野菜は、はつか大根、花苗はオーデコロンミント、シレネ、なでしこ、ローズマリーです。

移動式の家庭菜園プランターのメリット大

実際にDIYした家庭菜園プランターでは、下の写真の「はつか大根」を収穫することができました。お花もキレイに咲き、さらに一輪車の赤い見た目も、個人的に気に入っています。

移動式の家庭菜園プランターで収穫したはつか大根

ちなみに、はつか大根は「はつか」というだけあって20日で収穫できる野菜です。でも実際には30日程度かかりました。気温などによって差が出ると思います。

が、このネコをDIYしたメリットは想像以上でした!

  • 日当りの良いところへ、常にラクラク移動できる!
  • 雨に当てたり、暴風雨から避けるのも、ラクラク!
  • 重心を変えられるプロ仕様なので、土が多くても移動しやすい!
  • たくさんの土を入れて運んでも底が割れない!
  • 家庭菜園に飽きても、子供の乗り物として遊べる!

私は以前、家庭菜園に目覚めたあと、1年ですぐに飽きてしまった過去がありました(そういう方はたくさんいると思います)。飽きてしまうと植物専用のプランターは、プランターとしての用途しか使えなかったので、庭の片隅で朽ち果ててさせてしまいました。その点、この移動式の家庭菜園プランターは、飽きても多用できそうです。

パプリカ、ミニトマト、ローズマリー、ラベンダー、日々草、マリーゴールドを植えたDIY一輪車

わが家では、すぐに2台目の一輪車も加わり、庭先で家庭菜園を楽しんでいます。今度の野菜はパプリカ、ミニトマト、花苗はローズマリー、ラベンダー、日々草、マリーゴールド。

野菜とマリーゴールドは一緒に植えると効果があり、センチュウという害虫防除とアブラムシなどの害虫を遠ざける効果があるといわれています。

ついでに言うと、日当たりのよい玄関先にこのDIYした一輪車を置いていたら、近所の奥様から「きれいですね~」「どこに売ってるの?」などと頻繁に声を掛けられるようになり、顔見知りが増えました!

これをお読みいただいたカインズユーザーのみなさんにも、ぜひ自分オリジナルの“カインスパイア”を「となりのカインズさん」に記事投稿いただきたいです。

私も“カインスパイア”がひらめいたら、また投稿したいと思います。

カインスパイア~~~!!!

編集部注:カインズの利用術やDIYに関するコンテンツ投稿はこちらをご覧ください。

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから